無料ブログはココログ

« ハインリッヒの法則・その1 | トップページ | セーフティネットの実際4 »

『いのちを語る』

『いのちを語る』を読みました。久しぶりの良書で、いろいろなことを考えさせられる本でした。売名のための本ではなく、著者の3人が心から訴えたいことが伝わってきます。

印象に残ったところを一部引用させていただきます。

いのちを生きるというのは、一回限りのアドベンチャー (略) どんな状況になったとしてもユーモアを忘れず、人と人とが支えあいながら生きるのが人生だ

自分のためだけに使える時間、それがいのちなんだ

一番大切なもののなかには見えないものが多い

死には肉体的な死、心理的な死、社会的な死、文化的な死の四つの側面がある

いのちの根拠になるのは、赦しと愛と感謝の三つだ


などなど。多方面にわたって含蓄のある内容が書かれています。先人たちの知恵が詰まっています。忙しくて自分を忘れてきてしまっている人たちなどに、通勤電車で読むのにお勧めです。


(おなけん)

« ハインリッヒの法則・その1 | トップページ | セーフティネットの実際4 »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/45517270

この記事へのトラックバック一覧です: 『いのちを語る』:

« ハインリッヒの法則・その1 | トップページ | セーフティネットの実際4 »