無料ブログはココログ

« セーフティネットの実際1 | トップページ | アロマ生活 »

梅雨入りにて思う事

皆さん、こんにちは笠井です。

とうとう関東も入梅入りしましたね。

この時期は毎年、知人の法要がありいつも雨が降っている思い出があります。

今年は、すっきり晴れで暑いくらいでした。

法事に行くといつも思う事があります。

日本の、通夜、告別式、葬儀の時間は誰のためのものなのだろうか?

本来一番悲しむべき遺族が悲しむ暇が無いのではないかと?

前回の「感情」の話でも書きましたがきちんと悲しむべき時に悲しむ。

そうしないと、やはりこころにしこりが残るのではないのだろうか?

悲しむ事は、故人を忘れることとは違います。

しかし我々は「今」を生きています。

故人とともに「今」を生きていく為に悲しむ時間が大切なのかと私は思います。

~告知~

来週21日は横浜国際交流支援協議会で「自己理解講座」です。

今回は初めに「ジョハリの窓」をやってみたいと思います。

そして、自分自身の活性している自我と不活性な自我を知り

自己理解につなげて行きたいと思います。

申し込み締め切りは17日の水曜日です。

皆様と会場でお逢いできる事を楽しみにしております。

« セーフティネットの実際1 | トップページ | アロマ生活 »

交流分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/45338210

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入りにて思う事:

« セーフティネットの実際1 | トップページ | アロマ生活 »