無料ブログはココログ

« つづき | トップページ | セーフティネットの実際1 »

カウンセリングと宗教、スピリチュアル系

この土日は、ちょっとスピリチュアル系のセミナーに参加しています。参加者の中には、自称ヒーラーやレイキの方たちもいました。自己紹介の中でこのようなことが言えるというのは、スピリチュアルが浸透してきているのかな、と感じます。

そんな中で、「スピリチュアル系は、宗教と思われてしまいます」というような質問をさせれている方がいました。

個人的には、教祖や経典・教義のようなものに基づき、自分の行動が他律的に決定、あるいは制約されているものは宗教であると思っています。ですから、スピリチュアル系で、天使の声が聞こえるとか、神様が○○と言っている、系のセミナーは宗教と類似していると理解しています。

カウンセリングはあくまでも本人が、自分の責任で行動することを支援することと言えます。それを天使の声で支援するというのは、個人的にはいかがなものかと思います。

カウンセリングは、本人の「自立・自律」が目標であり、そのためにクライエントの自尊心を高めたり、周りの人との関係に気づいたりすること等を支援します。

先日は、大山さんのスピリチュアル系講座の体験談を聞かせていただきましたが、いかに人が異世界に没頭していくか、またそこから抜け出せないかという事を学びました。他者依存的なセミナーはある意味では楽です。自分で考えなくていいですし、決定の責任もありません。結果の責任は負いますが(その時は元に戻れないケースが多いようです)。

あくまでも、自分が主人公であり、すべての行動は自分で選択しているのです。それを否定したり、おろそかにする内容の講座には、老婆心ながら気をつけていただきたいと思います。

(おなけん)

« つづき | トップページ | セーフティネットの実際1 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/45329613

この記事へのトラックバック一覧です: カウンセリングと宗教、スピリチュアル系:

« つづき | トップページ | セーフティネットの実際1 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック