無料ブログはココログ

« 『ゆるすということ』 | トップページ | ゆるやかに時を過ごす »

ソリューションフォーカスその3

東京では、桜も散り始めのところが出始める4月中旬、入社式、入学式も終わり新しい人生のスタートを切った人も多いことと思います。

私が社会人という3文字に希望を持って生活しだしたのは果たして何年前だったかと思う今日この頃、ソリューションフォーカスの3回目を書いてみようと思います。

3回目の今日は、「問題無視型」といいます。これは問題があってもその事を問題にしない、ということです。

そもそも悩みというのは問題が解決できないから発生するわけでして、問題にしなければ悩みはありません。

では、今日も私の持っている本から例をみてみましょう。

「人前でうまく話せないのが悩みである」という人はたくさんいると思います。この人は人前でうまく話さなければいけないと思っていて、うまく話せないことが問題だと感じます。

でも別に人前で話せいななくてもいい、それで死ぬわけではない、と思えればそれは悩みではありません。

悩みは問題は実は自ら作りだしている、という側面があるのです。だから問題を問題にしないのが一番です。

時々、「何であんなことでクヨクヨしたんだろう?」ってあとから思うことはよくありますよね。

それは自らが問題にしなくなったから、なんですね。

(もちろん問題が本当に解決することもあります)。

そんな簡単に割り切れないのが人間なんですが、SFAでは問題を問題にしなくなることで悩みを解決できるんですよ。

(誠)

« 『ゆるすということ』 | トップページ | ゆるやかに時を過ごす »

障害と精神保健福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/44649770

この記事へのトラックバック一覧です: ソリューションフォーカスその3:

« 『ゆるすということ』 | トップページ | ゆるやかに時を過ごす »