無料ブログはココログ

« お客様 | トップページ | 神様はどこか? »

同じ「人間」として。

昨日の内容と関連しますが。

現在、接客を生業としております。

私も「お客様は神様」という考えはありません。

というものの、それにちかい考えだった

こともありました。事実、日々の売り上げが

生活に直結しているのでやはりお客様が

いらっしゃってこそ、と考えざるを得なかったの

です。

しかし、「売上」を重視すると当然犠牲になるものも

あり、「自分」と「店の人間として」との葛藤で、心身

ともに病む結果になってしまったのです。

そこで考えを変えるのに役立ったのが

アサーション。

「自分も相手も大切に。」

この考え方なんです。

商売といえども等価交換である以上、店員と

お客は対等だと思います。

私は「お客」だから・・・という考えはやめて、

「家にわざわざ足を運んでくれた人」をおもてなし

する、という気持ちで接客することにしました。

「わざわざここに来てくださってうれしいなあ」という

気持ちを表すのと同時に、人間対人間という同等の

関係の上での「おもてなしの心」で対応しています。

なのでもし、お客様が人間対人間の関係において

失礼と思われることをなさった場合。

まずお客様にこちらの考えを伝え、それについて

いかがお考えですかですか?と伺うように

しています。

そのお客様はもうご来店されなくなりますが、

私はストレスがたまらなくなりました。

結果、売上は正直落ちましたが、こんな私の

考えに共感してくれるお客様との関係が強く

なり、そんなお客様が「店」の雰囲気をよくして

くださり(お客様が店を大切に思ってくださる)、

その雰囲気に共感してくださる方が新たな

お客様になって、店側の人間である私とお客様が

「人間対人間」としてお互いを思いやることが

出来る店になってきています。

結構時間はかかりましたが、おかげで自分の中

の店への愛情が大きくなりました。

あとは少しでも長く続けられるように経営面を

見直さないといけないのですが、頑張れる活力

をお客様にいただけております。

このいい関係を保っていけるように、これからも

自分も相手も大切に、という気持ちを大切に

していきたいと思っています。

(iwase)

« お客様 | トップページ | 神様はどこか? »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/44780570

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ「人間」として。:

« お客様 | トップページ | 神様はどこか? »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック