無料ブログはココログ

« 最後のパレード | トップページ | 大泣きですっきり。 »

寝つきを良くする習慣・2

先週の続きですが、就寝前に行動パターンを一定にすることが有効とされています。「入眠儀式」と言ったら良いのでしょうか、例えば夕食後から就寝までの行動を一定にすることにより、睡眠に入りやすい行動パターンを確立することです。これを毎日繰り返すことにより、活動後には必ず眠りたくなってきます。

随分前になりますが、朝起床してから脳を活性化させる行動パターンを当ブログでお伝えしましたが、これと同じで夜も行動パターンを確立することが大切なのです。つまり、朝は脳の機能を活性化させるための行動パターンで、夜は睡眠に入りやすくするための行動パターンを確立することが大切と言うことです。

布団に入ったら、産業カウンセラーの勉強をした方ならご存知だと思いますが、自律訓練法や漸進的弛緩法と言ったリラクセーション法を活用して力を抜いていきましょう。

逆に刺激的な音楽や映像に触れたり、激しい運動や議論のあとや、指先などの末梢神経を刺激、短時間集中の仕事や勉強、カフェインの摂取は睡眠の妨げとなりますので注意しましょう。特にカフェインは摂取すると、5~7時間ほど脳は興奮した状態が続きますので、夜11時に就寝したいのであれば夕方以降の摂取は控えましょう。

(大)

« 最後のパレード | トップページ | 大泣きですっきり。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後のパレード | トップページ | 大泣きですっきり。 »