無料ブログはココログ

« ソーシャルワークの価値2 | トップページ | 講演をききにいってきました。 »

睡眠中も動いています

スポーツで激しい運動をしたあとは筋肉疲労を起こしていますが、その疲労は十分な睡眠を取らなければ回復されません。脳も筋肉と同じように疲労しますので、やはり十分な睡眠を取ることが必要です。十分に睡眠を取らなかった翌日には、私も含めて皆さん経験があると思いますが、物忘れや中々思いつかなかったり、思考が上手く整理できなかったりしたことがあったと思います。

これは睡眠不足に陥っている時は思考が混乱し始める、あるいはしているのが理由ですが、もうひとつ直接的な理由があります。その理由とは記憶の定着、思考の整理は起きている間よりも睡眠中の方が進みやすいからです。例えて言えば、寝る前に考えていたことが翌朝起きた時に思いついていたことや、起きている間に考えていても中々出てこなかったアイデアが睡眠中にひらめいて目が覚めたことなどです。このようなことが起きた時は、睡眠中も脳が活動している証拠なのです。

皆さんは既にご存知のことですが、睡眠には浅い睡眠状態を表わす「レム睡眠」と、深い睡眠状態を表わす「ノンレム睡眠」があります。「レム」とはラピッド・アイ・ムーブメント(Rapid Eye Movement)の略で訳すと「高速眼球運動」と言います。睡眠中は電化製品の電源をオフにしたように機能が落ちると言うイメージを抱きがちですが、実はそうではなく特に前者の場合は浅い睡眠状態と言うことから、睡眠中でもまぶたの下で眼球が細かく動いているので、思考系の中枢である前頭葉を含めて脳全体が活動し続けています。

このような機能を脳が持っていることから、睡眠不足の脳は疲労が取れないままなので、記憶力や思考力の低下による物忘れや中々思いつかなかったりすると考えられています。

(大)

« ソーシャルワークの価値2 | トップページ | 講演をききにいってきました。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソーシャルワークの価値2 | トップページ | 講演をききにいってきました。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック