無料ブログはココログ

« 私はここから何が学べるか | トップページ | 試験、お疲れ様でした! »

不安は妄想

産業カウンセラー学科試験、皆さん、お疲れさまでした。

試験が終わって3日ほど経ち、皆様からの問題内容に対する意見や感想を読ませていただきました。私が受験した昨年もそうでしたが今年はさらに酷かったようで、どういう意図で訳のわからない問題をたくさん出すのか、昨年は学科・1の1問目の問題が不適切でしたし、作問者はちゃんと考えているのか、確認しているのか等と思うと大変憤りを強く感じます。

合格発表まで約2ヶ月ありますが、時間と共に不安は少なくなるとは言え、ちょっとしたことで思い出したりして、決して無くなるわけではありません。

私も昨年の今頃は受験された皆さんと同じ気持ちでしたが、ある言葉を思い出して助けられました。

そのある言葉とは、「不安は現実ではない、妄想である。それに勝手に駆り立てられ、巻き込まれているだけ」。

ある金融機関で専務だった方の言葉ですが、これはセルフ・コントロール。不安は自分の気持ちや考えから生まれるものであり、外的刺激を受けてもそれを不安に感じ負のスパイラルに陥るかそうでないかは、その人自身にかかっていると言う事です。

つまり先のことを不安視するよりも、今、現状を大切にそして切実に時を過ごして欲しいと強く感じるのです。

やるだけの事をやって挑んだわけですから、結果の事よりも今まで封印していた事が皆さんあると思いますので、それを開けてみたら如何でしょうか。

でも、実技試験を控えている方は、もう少し辛抱してくださいね。

(大)

« 私はここから何が学べるか | トップページ | 試験、お疲れ様でした! »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

あやりん 様

早々にコメントありがとうございます。素直な気持ちを書いていただいたことに、とても感謝しています。

養成講座のリーダーらしき人が、あのようなことを言ったことに、受験した人たちに対して思いやりの気持ちがあるのか疑問を感じましたし、侮っているなとも感じています。

試験問題の内容だけでなく、それに携わっている人の人間性が首を傾げたくなるような、もはや怒りや悲しみと言った感情を通り越してしまい、哀れや呆れるとしか言い様がないと強く感じています。

今週末に実技試験を控えて、多少なりとも緊張していると思いますが、緊張しないようにと言っても中々難しいので、緊張はするものだと意識を変えてみると意外と思ったより緊張はしないものです。そして、学科試験での怒りや驚きと言った感情をプラスのパワーに変えて実技試験に挑んでください。

応援しています。

今回試験を受けた者ですが、数ヶ月勉強付けだった人さえも落ち込むような内容だと仲間で話しています。
試験が終わっても一向に気持ちが晴れない時間を過ごしています。


あるサイトで養成講座のリーダーらしい方が、
「難しいとみんな言っているけど、私から見れば簡単だし、八割方出来て当然」というような記事が載っていました。

それを読んでみんなショックを受けましたし、怒りも覚えました
何より、そういう人がカウンセラーの資格を持ち、
指導していた事実に私は驚きました。

資格試験はただの通行手形に過ぎず、もっと大切なものがあるはずです。

なのでこの記事を拝見し、とても勇気付けられましたし、分かってもらえてるというカウンセリングににた気持ちになりましたhappy02
ありがとうございます。

実技免除の条件もいまいち分からず、対策を練りようもないのですが、最後まで諦めず頑張りたいと思います。
きっと免除されずに実技試験を受ける事にも意義があると信じて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私はここから何が学べるか | トップページ | 試験、お疲れ様でした! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック