無料ブログはココログ

« 不安は妄想 | トップページ | 今日から2月 »

試験、お疲れ様でした!

今回の試験問題は相当問題外だったことが

このブログでもうかがえます。

合格率が同じなら協会ももっと一生懸命

勉強した人が満足できるような問題を作成

すればいいのに。そしてもっとカウンセラーとして

知っておかないといけないような問題を作成

すればいいのに。そうすれば協会もイメージが

よくなっただろうに(関係ないですが。)・・・。

よく考えると「産業カウンセラー協会」なのだから、

出題にもっと配慮するべきだよなあ・・・と

ひとり思っておりました。

もはや何が「正義」なのか、この世の中わかん

ないですよね、いろいろなことを含め。

そんなこんなで当然不安や心労、あきらめ、はたまた

怒りなど感じていらっしゃる方も多いと思います。

そしてこれは私の考えですが。

もう今は忠実に、自分の今の気持ちを

『感じつくして』 ください。

不安なら不安に、そして怒りであれば猛烈に怒って

ください。今の気持ちはそれはそれで大切だと

思います。

そしてこれも私の場合ですが。

怒りや不安などはある程度で、感じることに疲れて

きます。そして猛烈にお腹がすく(笑)。

負の感情ってエネルギー、使うんでしょうね。

そしてお腹が一杯になると、新たな方向に

目がいきます。

「試験勉強で小説を最近読んでなかったな」

とか

「映画、観てなかったな」

とか。

そうなったら、やっと試験から解放ですよね。

無理に不安を解消しようとかすると余計に

気になってしまうもんです。

なので今は自分の「今の気持ち」に忠実に

対応するのがいいかもしれません。

「自分の今の気持ちに寄り添う」

これも大切かも・・・と思っております。

そして疲れたら、おいしいものをたらふく

食べて今まで試験の為に我慢してきたこと

などを楽しんでください。

本当にお疲れ様でした!

(iwase)

« 不安は妄想 | トップページ | 今日から2月 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

ysk 様

きっかけ(それがどんなものでも)って
自分を振りかえるチャンスなんですね。
それに気づかず通り過ぎてしまわれること
のないyskさんの姿勢に学ばせていただき
ました。ありがとうございました。
私も「相手」だけでなく、自分も受容
できる人になれるよう自己研鑽を
これから重ねていきたいと思えました。
カウンセラーマインドは試験では
量れません。この気づきは本当に
貴重です。ぜひ大切になさってください
ね。私も大切にさせていただきますね。

iwase 様

ご丁寧なフィードバックをいただきありがとう、ございました。

>そしてすこししたらでいいので、自分の
>「頑張った点」や「できた点」を思い返し
>てみてください。自己一致して、自分を
>きちんと評価できることもカウンセラー
>としての資質だと思うのです。

自己一致、大切ですね。

実技試験をきっかけとして、改めて自分を見つめなおす機会にしたいと思います。

合否は別として、今以上に人も自分も受容出来る人間をめざします。

雨でそして寒い中、試験、本当に
お疲れ様でした!
不完全燃焼感が否めない状況で
開放感がまだ感じられないのは
すっきりしないですよね。
しかし、試験は終わりました。
あとはご自身が、ご自身の心と体を
いたわって差し上げていただきたい
と思います。

実技試験(実技免除試験に関しては
よくわかりませんが)は、ロープレ
、振り返り、質問、どれももちろん
大切ですし、審査対象のはずです。
そして、勉強会の時にも申し上げた
かもしれませんが、ロープレと振り返り
については、「よくできたか」という
ことより、ロープレでできたこと、
失敗したこと(改善点)が自己一致によって
ご自身がきちんと把握されているか、
を見られています。
一般的回答であっても、それが
ご自身が自己一致して感じられた
ことであれば面接官にもきちんと
伝わっていますよ。

質問の際には、予定外の質問と
緊張感によって言葉に詰まって
しまわれたのでしょうか。
そんな緊張した状態で、
「具体的に」と言われたら、
緊張もあいまってなかなか言葉、
出てきづらいですよね。
しんどかったですよね。

面接官も人間です(もちろん)。
そして、協会の方でない方が
もうひとりの面接官のはずです。
審査の基準は、試験なのでもちろん
あるはずなのですが、実技試験の
大敵である「緊張」に関しては
面接官も考慮にいれておられる
はずですし、協会以外の方・・・という
面接官の視点も総合して考えると、
審査の視点も一方的でないと
思います。

試験が終わったばかりだとどうしても
「できなかったところ」ばかりが気になり
ます。そんな方は多いと思いますし、私も
そうです(笑)。
なので今は今の正直な気持ちのまま
自分に寄り添ってみてください。
そしてすこししたらでいいので、自分の
「頑張った点」や「できた点」を思い返し
てみてください。自己一致して、自分を
きちんと評価できることもカウンセラー
としての資質だと思うのです。
そうすれば、開放感を感じられると
私は思うのですが、いかがでしょうか。
貴重な時間やお金や労力を使って
このサークルの勉強会に参加してくだ
さったりと、「やれることはすべてやる」
という努力は誰にでもできることではあり
ません。

結果は結果で、こちらの意思とは
関係なく出てきてしまいます。
まだもやもやされていると思いますが
終わったことにとらわれるのは
「未来」の可能性の損失です。
かっこいい言い方ですが・・・。
なのでしばらくして、そんな
もやもや感に疲れたら、でいいので、
ご自身をぜひ開放してさしあげてください。

なんだか支離滅裂で、有効なコメント
になっていないですね。申し訳ありません
・・・。
でも私も自己一致して書かせていただき
ました。少しでもいいので伝われば
うれしいです。

最後になりましたが、今日はできる
かぎりゆっくり心も体も休ませて
あげてください。


私もグループでただ1人実技免除にならず、今日1回目の10時からの組で実技試験を受験し、昼頃帰宅しました。
ライフサポート様のお陰で、実技試験のイメージがつかめ、それほど緊張しませんでした。
しかし振り返りとその後の質問への対応が大切と思い、自分で1問1答形式のマニュアルを書き、覚えたため、抽象的かつ紋きり調の振り返りと一般的回答になってしまいました。
会場につくまでは、
今後について聞かれたら、キャリア開発や傾聴ボランティア、自己研鑽の具体的内容を話そうと思っていました。
しかし受講動機を聞かれ「人のために役立ちたいと思います」と回答するなどし、試験官から「もっと具体的に話してください」と言われ、一瞬詰まって答えようとしたら、無情にもタイマーがなり、「終了です」と告げられ、退席しました・
何か「不完全燃焼で、開放感が感じられない」試験終了後の気分です。以上ぐちばかりでごめんなさい。

ごんさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。
実技試験にまで間に合って目を通して
いただければっ!!と急いで書いて
おります(笑)。

免除試験の件では納得のいかなさに
おつらいお気持ちでいらっしゃった
のですね。そんな中、きちんと筆記試験
も受けられて週末の実技試験に臨まれる
姿勢は決して投げやりではありません。
いろいろな気持ちに負けることなく、
今に至った自分も自分です。
自分を褒めてあげてくださいね。


落ち込むのも、弱さを感じることも
一生懸命取り組まれた証拠です。
そして「カウンセラー」にとって、そんな
気持ちを感じて、そしてきちんと受け止
められることはすごく大切だと私は思い
ます。
そんな風に一生懸命、時間やお金や労力を
費やして学んだことが、「講座に対する
不信感」に負けてしまうのはあまりにも
惜しいですよね。見返してやりましょう!
(言葉は悪いですが。)
納得いかない「実技試験免除の基準」
にとらわれず、むしろそれを見返す
反骨精神でぜひ明日の試験に臨んで
ください。
きれいごとにきこえるかもしれませんが、
実技免除にならなかった経験がごんさんの
今後の「糧」になるはずです。

そしてもし間に合えば。
①ロールプレイで失敗したなと思っても
 、そのあとの「ふりかえり」で、失敗
 したと思う点に気づければいいのです。
 「ふりかえり」を大切にしてください。
②「産業カウンセラーの3つの活動領域」
 ・キャリア開発
 ・メンタルヘルス対策
 ・職場の人間関係開発
 
 「倫理網領」
 ・リファ
 ・守秘義務
 ・自己研鑽 など
 
  もう一度確認しておいてくださいね。

思い残すことなく、実力を
発揮してきてください!
スタッフ一同、心より応援しています!!!


追伸 支離滅裂な文章で失礼いたしました・・・。

読ませていただいて、スッとはまった感じです。ありがとうございます。救われます。
不安、怒り、惨めさ、悲しさ、はずーっと付きまとっています。学科試験できなかったので。
そうですね、「自分の感情に寄り添う」これですね。無理に、考えないようにすると、かえって苦しい。

とにかく、明日は実技試験です。悔いの無いようにはしたいと思います。
実は、実技免除にならず、それでかなり落ち込み、勉強も全然手につかない状況でした。自分が悪いんですけどね、結局。
もちろん、いつも実習でよく傾聴できている人も免除になっていましたが、えっあの人が!?という人まで免除になっていて、それで結構落ち込みました。

自分の力不足を、受け入れなきゃならないんでしょうが、それがなかなかできなくて。
それにしても、あの実技免除の基準が、まったく納得いきませんでした。講座に対する不信感がつのり、それで、なんかもう投げやりになってしまいまして勉強どころでなくなってしまって。
自分の弱さをまざまざと思い知らされた感じです。

まあでも気を取り直して、明日に臨みます。それでどうなろうと、もうあとは野となれ山となれです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/43892458

この記事へのトラックバック一覧です: 試験、お疲れ様でした!:

« 不安は妄想 | トップページ | 今日から2月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック