無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の28件の記事

試験、お疲れ様でした!

今回の試験問題は相当問題外だったことが

このブログでもうかがえます。

合格率が同じなら協会ももっと一生懸命

勉強した人が満足できるような問題を作成

すればいいのに。そしてもっとカウンセラーとして

知っておかないといけないような問題を作成

すればいいのに。そうすれば協会もイメージが

よくなっただろうに(関係ないですが。)・・・。

よく考えると「産業カウンセラー協会」なのだから、

出題にもっと配慮するべきだよなあ・・・と

ひとり思っておりました。

もはや何が「正義」なのか、この世の中わかん

ないですよね、いろいろなことを含め。

そんなこんなで当然不安や心労、あきらめ、はたまた

怒りなど感じていらっしゃる方も多いと思います。

そしてこれは私の考えですが。

もう今は忠実に、自分の今の気持ちを

『感じつくして』 ください。

不安なら不安に、そして怒りであれば猛烈に怒って

ください。今の気持ちはそれはそれで大切だと

思います。

そしてこれも私の場合ですが。

怒りや不安などはある程度で、感じることに疲れて

きます。そして猛烈にお腹がすく(笑)。

負の感情ってエネルギー、使うんでしょうね。

そしてお腹が一杯になると、新たな方向に

目がいきます。

「試験勉強で小説を最近読んでなかったな」

とか

「映画、観てなかったな」

とか。

そうなったら、やっと試験から解放ですよね。

無理に不安を解消しようとかすると余計に

気になってしまうもんです。

なので今は自分の「今の気持ち」に忠実に

対応するのがいいかもしれません。

「自分の今の気持ちに寄り添う」

これも大切かも・・・と思っております。

そして疲れたら、おいしいものをたらふく

食べて今まで試験の為に我慢してきたこと

などを楽しんでください。

本当にお疲れ様でした!

(iwase)

不安は妄想

産業カウンセラー学科試験、皆さん、お疲れさまでした。

試験が終わって3日ほど経ち、皆様からの問題内容に対する意見や感想を読ませていただきました。私が受験した昨年もそうでしたが今年はさらに酷かったようで、どういう意図で訳のわからない問題をたくさん出すのか、昨年は学科・1の1問目の問題が不適切でしたし、作問者はちゃんと考えているのか、確認しているのか等と思うと大変憤りを強く感じます。

合格発表まで約2ヶ月ありますが、時間と共に不安は少なくなるとは言え、ちょっとしたことで思い出したりして、決して無くなるわけではありません。

私も昨年の今頃は受験された皆さんと同じ気持ちでしたが、ある言葉を思い出して助けられました。

そのある言葉とは、「不安は現実ではない、妄想である。それに勝手に駆り立てられ、巻き込まれているだけ」。

ある金融機関で専務だった方の言葉ですが、これはセルフ・コントロール。不安は自分の気持ちや考えから生まれるものであり、外的刺激を受けてもそれを不安に感じ負のスパイラルに陥るかそうでないかは、その人自身にかかっていると言う事です。

つまり先のことを不安視するよりも、今、現状を大切にそして切実に時を過ごして欲しいと強く感じるのです。

やるだけの事をやって挑んだわけですから、結果の事よりも今まで封印していた事が皆さんあると思いますので、それを開けてみたら如何でしょうか。

でも、実技試験を控えている方は、もう少し辛抱してくださいね。

(大)

私はここから何が学べるか

何が起きても、「私はここから何が学べるか」と思う人は最後には幸運をつかむ。起きた事態は勉強の教材みたいなものである。

これは早稲田大学理工学部名誉教授の加藤諦三先生のことばです。

試験も終了し、思ったような感触を得られなかった方も少なくないと思います。しかし、それは、試験に向けて真剣に取り組んだからこそ、感じることなのだと思います。そして、カウンセラーとして必要なことを学んだのですから、それは今後に活かすことのできる知識です。

スタッフも、当時試験終了後は「ダメだぁ~」と落胆したものです。

いまはまだいろいろ考えられないと感じていらっしゃる方も、少しずつ落ち着いてきたら、ぜひ新たなスタートをしていただきたいと思います。

実技試験を控えていらっしゃる方は、気持ちの切り替えをしてくださいね!

(玲)

解答番号の告知をお願いします<(_ _)>

現在、試験の解答番号を集計中です。
学科Ⅰで29問、学科Ⅱで10問の解答番号はほぼ判明しました。より解答番号が揃いますと、精度が増しますので、ご協力のほどお願いいたします。

早く忘れたいと思いますが、控えられた方は、ホームページの掲示板(BBS)か、私宛にメールをしていただければ幸いです。

お忙しいことと思いますが、ご協力お願いいたします。

集計結果は、BBSで公表させていただきます。現時点でお教えいただいた方には、メールでお知らせさせていただいております。

(おなけん)

怒り心頭

みなさんからの試験に関するメールをいただいております。一生懸命勉強されたのに、「何でこんな問題…」というのがたくさん出たようです。本当に頭にきます<`ヘ´>

試験結果につきましては、慰めではなく、7割の方が合格しますので、できなかったと思われていても結果が来るまでわかりませんので、気にしない方が良いと思います(と言っても気になるものですが…。今まで我慢していた趣味を再開するとか、何か他の勉強をするなど、どうでしょうか)。ただし、このような内容の試験に受かったからどうなの?という疑問は残りますが…

さて、今、みなさんから寄せていただいた解答を集計していますが、学科1は37問中17問(45.9%)、学科2は20問中8問(40.0%)が、100%の一致率となっています。ということで、合格ラインは5割前後の正答と予想されます。

より精度を上げるために、みなさんからの情報をお願いいたします。

(おなけん)




今回の試験…

試験お疲れ様でした。意気消沈されている方が多いのではないでしょうか。かなり詳細なことがでたのと、テキストに記述のないことが出たようです。毎度ながら、なんのための試験なのか…。

非常に勉強されている方でも6割程度、もしかしたら半分とのご連絡を受けて、今回は4割程度できていれば合格なのではないかと思います。ただ、できる方は、できなかったところだけが過大に印象付けられますので、もしかしたら5割程度かもしれませんが、いずれにせよ難しかったということです。7割の方たちが学科をクリアするのですから、手ごたえがなくても合格する方も多くいます。あきらめずに、後は結果が来るのを待ちましょう。そして、面接試験を控えている方は、引き続き体調管理に気をつけてくださいね。

PS.番号を控えられてきた方は、情報の提供をお願いいたします。

(おなけん)

お疲れ~!!さま

今日の試験、お疲れ様でした。

本当に、養成講座の方は申し込みから約1年、長かったですね。みなさん、やるだけやったと思います。

心理系学部卒業などで受験の方も不安な直前だったと思います。

そして、私たちの講座、直前模試などに参加していただいた方、ありがとうございました。

できなかった、と思った人、安心してください。みんな結果はそんなものです。

できた、と思った人、そのとおりの結果がきます。まずはスタートラインですよ!!

さてさて、もう試験のことなんか忘れたい、次のステップへ進みたい、いやちょっと一休み、いろいろな方はいるでしょうけど。。。。

ひとつだけお願いがあります。

受験された方、一問のみでもいいですので、記憶に残っている方、出題された問題をメールや当サークルの掲示板、ブログ等にお知らせください。

当サークルでの今後に生かしたい、そしてみなさんの今後にも生かせると思いますので

情報を共有しましょう。

よろしくお願いいたします。

(誠)

いよいよ明日

いよいよ明日が試験です。緊張、不安、期待、いろいろな想いが錯綜していることと思いますが、明日が終われば、勉強から「解放」です(*^_^*)

仕事や家事などの調整をしながら勉強されてきたことと思います。その取り組んできた自分を賞賛・承認してあげてくださいね。明日は見たことのない問題も出題されることと思いますが、それは毎年のことです。できるところ・知っているところを解ければ大丈夫です。焦らず、あきめず、自分が試験までしてきたことを自信として取り組んでください。

スタッフ一同、みなさんの努力が試験場で発揮されることを、こころより想っております。自分を信じて、明日試験に臨んでくださいね(*^_^*)

老婆心ながら、睡眠はしっかりとってくださいね。

(おなけん、スタッフ一同)


緊張緩和法。

今週末の試験に緊張されている方も多いと

思います。

みんな同じとわかっていてもやはり緊張

しますよね。なのでもうこれは仕方ありません。

緊張を緩和させる策を考えましょう。

人それぞれなので、

「これが一番」

というものはないのですが、飴やチョコなど、

ぱくっと口に入れられる「糖分」があると

いいかも知れません。

学科2の「逐語」が始まる前の休憩時間。

結構、学科1で脳みそフル活動してしまって

身体が糖分を欲します、多分・・・。

ちょっと甘いものを摂取するとなんだか

ほっとしますしね。

後、しつこいようですが。

一問目からつまづいてしまってペースが

崩れてしまうことがありますが、

「大丈夫、大丈夫、みんな同じなはず!!」

と、奮起してください。そして。

普段より培われた「打たれ強さ」

にものを言わせてください(笑)。

今週末は寒いようなので、できれば

温度調節がしやすい服装が望ましいです。

カーディガンやひざ掛け、使い捨てカイロ

などもっていくと安心ですよね。

ただ、部屋が暑くて頭がボーっとする

こともあります(経験済み)。

そんな時は「熱さまシート」が役に立ちました。

試験中におでこに貼ると注意させる恐れが

ありますのであくまで休憩中に。

皆様が貴重な時間やお金を費やして努力された

ことが、思い残すことなく発揮されるように

本当にお祈りしています。

結果のことは今は考えないで、思う存分ぶつかって

きてください!!!   (iwase)

三日坊主・・・

年頭にあたり今年の目標などたてたかたもいらっしゃるかと思いますが、なかなか継続は難しいと思います。「毎日○○をするぞ」と、計画だてても毎日は意外とできないこともあります。そんなときに、「ああ、三日坊主で終わってしまったな」と思うことがあったとしたら、こんな考え方をしてみてください。「三日坊主だったな、よし今日からまたしよう!」 で、しばらくして又忘れてしまったと思いだしたときにまたし始める。そんなこんなでちょっとずつでも続けられます。三日坊主だったとあきらめてしまったらそこで終わりになってしまいますからね。
あと続ける方法としては私は表にして、その日にできたらまるをつけていく方法をしていました。それをみて、「あ、今日はまだしてなかった」と思い出して、する。そんな表をみていてずーーと○がついていると達成感を感じられるようになります。ささいなことかもしれませんが、継続は力なりです。一日一日の積み重ねが大事です。(hoso)

生活の原点をつくる習慣を身につける

ブログを書かせていただいてから、早いもので2ヶ月が経ちました。

今までの内容は皆さんお解りかと思いますが、一部分ですが「脳」に関することを書かせていただきました。これを読んで既に、今週末の産業カウンセラーの学科試験の為に活かしている方もおられるかと思います。

今日まで書かせていただいたことをひと言で言えば、題名通りですが「生活の原点をつくる習慣を身につける」と言う事であり、ポイントとしては次の3点です。

1 脳の活動を安定させる為には、生活のリズムを安定させる。

2 生活のリズムを安定させる為には、生活の原点をつくることが大切であり、朝一定の時間に起きること。

3 脳にもウォーミングアップが必要であり、足、手、口を意識して動かすこと。

さて今週末は産業カウンセラーの学科試験です。しつこいようですが、体調管理には十分注意しましょう。ちなみに私の場合、体調は崩さなかったのですが寝坊してしまい、会場に着いたのが試験開始10分前でしたので、そのようなことがないように試験前日は早寝をして試験に挑んでくださいね。

それでは皆さん、頑張ってください。試験当日は陰ながら応援しています。

(大)

サーバント・リーダーシップ

サーバントリーダーシップとは、ロバート・グリーンリーフが提唱した、大きなビジョン実現のために邁進している人たちに対して支援するリーダーのあり方です。部下が会社がめざす使命に向かって邁進しているのであれば、リーダーはサーバント(奉仕する人)となって部下につくすべきであり「リーダーのために部下がいる」のではなく、「部下のためにリーダーがいる」と考えます。

最近も新しくロバート・グリーンリーフの本が出版され、サーバント・リーダーシップが話題となっていますね。

私は、ジェームス・ハンター著作のものを好み、年に1回程度読み直しています。アメリカのビジネス最前線でコンサルタントとして活躍する著者が、小説形式でその要点をわかりやすく解説したもので、仕事と私生活で挫折した一人の男が、修道院で伝説的なリーダーに出会うところから話は始まります。リーダーとはどうあるべきか、部下にやりがいをもってもらうためにはどうあるべきなのか、など考えさせられる課題が多いです。

もうすぐ、産業カウンセラーの試験ですが、みなさんも、資格取得をゴールと考えず、あらたなスタートとしてとらえてくださいね。きっと、「資格をとったらあれもこれもやりたい」と考えていらっしゃることも多いことと思います。

目標に向かって、体調管理に気をつけ、自分を信じて試験がんばってください!

(玲)

親の気持ち

産業カウンセラーの学科試験の対策勉強会は、この土日ですべて終了しました。いろいろな方たちと出会うことができて、とても幸せでした。
試験は日曜日。体調管理に一番注意して、残りの期間で今まで勉強したことを復習してください。
昨日で自分のできることは終わってしまったので、今日はなんだか力が抜けたような感じです。何かサポートできること…。ということで、昼休みに湯島天神に行って、勉強会に参加してくれた方たちが合格できますようにとお祈りしてきました。この時期は、大学合格祈願などの絵馬もたくさんありました。お参りしておきましたので、きっと良い結果が出るはずです。
自分を信じて、自信をもって試験に臨んでくださいね。応援しております。

(おなけん)

パーソナリティ

・乳児期-フロイト-リビドー発達理論-防衛機制

・幼児期-サイモンズ-親の育児態度

[青年期の3人]

・レヴィン-周辺人、境界人-葛藤(コンフリクト)

・エリクソン-アイデンティティ-モラトリアム

・ハヴィーガースト-発達課題

[中年期の3人]

・ユング-人生の午後-個性化

・レビンソン-80%「中年の危機」

・オールポート-成熟した人格像

一週間は復習を心がけてくださいね。そして、体調管理を一番に気をつけてください。

(おなけん)

後悔先に立たず・・・。

胃痛が持病でありましたが無視していました・・・。

以前ポリープがあると言われたのも無視して

いました・・・・。

「喉元すぎれば・・・」ってやつで、なんとか

なれば問題なし。そんな考えで、目の前の

ことばかり気にしておりました。

昨日から猛烈に胃が痛い。そしてそれだけ

でなく、

「背中が痛い」。

背中を丸めてないと胃も背中も痛い

有様で、体育座りが一番楽ということで

仕事ができず病院へ。

以前行っていた病院には、いいつけを守らず、

行かなくなったのでもう行けません。

近所の病院へいたしかたなく行ってきました。

「胃潰瘍か十二指腸潰瘍の可能性大なので・・・」

やっぱり・・・。

とりあえず大量の薬をもらって帰宅いたしました。

ああ・・ちゃんとあの時治しとけば。

後悔だらけです・・・。

しかし、「背中が痛い」。

これは胃も痛い症状が重なっている場合は

上記の場合が多く、胃が痛くないときは

膵臓とか肝臓が悪い場合が多いとのこと。

内蔵と関連して背中が痛くなることもあるらしいです。

ちょっと勉強になりました。

もう年齢も年齢なんで(泣)、もう少し健康にも敏感に

、そして慎重にならないといけないと強く感じました。

これもなんかのきっかけと思い、胃痛と付き合って

いこうと・・・いやいやですが・・・思っております。

(iwase)

おひさしぶり

先日久しぶりの高校の同窓会がありまして、参加してきました。懐かしい!名札がなくて「あなたは誰?」状態になって、、、でも名前を聞くとだんだんとわかってきてそういえば面影が・・・・
なんていう状態でした。そんな中でも私がすっかり名前を忘れているにもかかわらず、私の名前を覚えてくれていた人には感激しました。目立たないいたって普通の高校生でしたから印象薄いと思っていたので、覚えていてくれたなんてとれも嬉しかったですね。
人は名前を覚えてもらっていて、呼んでくれると嬉しいものです。私という存在をわかってくれているのですからね。だから人と仲良くなれる第一歩として、名前を呼ぶということがとても有効です。「○○さんおはようございます。」「○○さんはどうおもいますか?」など日常でもちょっと気にして、名前を呼んでみるということ試してみませんか?

血液を脳に巡らせるためには・後編

産業カウンセラーの試験も日々刻々を近づいてきましたが私なりの注意点として、この時期に注意して欲しいことは体調管理です。今年は年末から年始にかけて風邪など体調不良を起こしている方が多いですし、新型ウィルスもマスコミ媒体で報道されています。特に昨年度の試験日程は学科試験のあと中1週で面接試験でしたが今年度は2週連続ですので、この時期に体調を崩されると回復させなければと言う気持ちと共に焦りが生じ、さらに無理をしてしまいがちだからです。

そうならない為には予防としてマスクの着用、うがい、手洗い、早寝早起きなどによる規則正しい生活を心掛け、疲労回復と体力維持に努めてください(あまり人のことを言えませんが・・・)。そして、体調万全で試験に挑むことができるように願っています。

さて今回は後編として残りの2項目、「朝の挨拶+一言」と「音読」について説明します。まず、最初に「朝の挨拶+一言」が効果的な理由として、前頭葉を使い大まかに言葉を組み立てることと耳を使って情報を取るという活動があるからです。例えば、「○○さん、おはようございます」だけでも声を出すので良いことですが、できれば「○○さん、おはようございます」と言った後に「昨日の、○○の件はどうなりましたか?」や「昨日の高校サッカーの決勝はすごかったですね」など、ひと言加えると先の効果的な理由に結びつきます。

次に「音読」ですが、これは目と口の運動だけでなく脳の入力→情報処理→脳の出力と言った流れが連続的に含まれているからです。また目で文字面を追っている、すなわち黙読だけでは理解できていないこともありますが、音読をするためにはある程度の内容が理解できていないとスラスラと流れるようにいかないものであり、その背景には確実な脳の情報処理と共に声を出すという出力が存在しているのです。

つまり朝のうちに音読をして、先の脳の入力→情報処理→脳の出力の流れをスムースにしておくことにより、目や耳で捉えた情報をパッと理解でき、考えたことをスラスラと話をすることもでき、文章化することにより良い影響を与えるというわけです。スポーツに例えれば、簡単な連係プレイの練習を行うような感じです。

(大)

模擬試験を受験された方へ

模擬試験を受験された方で、一部修正されていない解答解説をお渡ししてしまっているケースがありますので、大変申し訳ございませんがご確認ください。

--------------------------------

解答解説集

問題1

 「産業カウンセリング」→「職業カウンセリング」を開始に修正

問題18

 正答は3です。

---------------------------------

申し訳ございませんでした。

また、受験票を確認していただくと、学科2の試験時間が60分となっていると思います。当サークルでは問題量はほぼ本試験と同じにし、あえて振り返りなどの時間を多くしないよう45分で実施しました。重ねてお伝えいたします。

(ライフサポート・サークル)

新しい門出

明日は成人式ですね。そーんなもん、うん十年前に終わってしまった、という読者の方の方が多いとはおもいますが、このブログでは。(私もそうです)。

20歳になるといろいろ法律的には変わりますね。親の承諾なしでもいろいろできることが増えます。

今日は私は今まで居住していたマンションの最後の掃除でした。明日からは私も新しい部屋での本格的な生活です、もっともすでに寝泊りしてますが。

気分あらたにサークル活動も行っていきます。そして当サークルもいろいろバージョンアップの時が来ているように思います。

受験生の方はもう少しです。当サークルの直前勉強会も始まりました。

新しい春を嬉しさで迎えれるようにしましょう。

(誠)

メールのご返信について

本日から高崎や東京、大阪での直前の勉強会がはじまります。内容は、今まで勉強したことの整理(はじめて聞く人もいるかも…)です。

そこで、しばらくみなさんからのメールへのご返信等が遅れてしまいますことをお知らせいたします。申し訳ございませんが、ご理解のほどお願いいたします。

久しぶりの試験という方も多いと思いますが、みんな不安な気持ちは一緒です。とりあえず、自分のできる範囲でできることをしましょう(後悔しないために…)(^^)v

それと試験は絶対受けてくださいね。ダメだと思っていも、マークシートですから奇跡がおこるかもしれません。

(おなけん)

小さな役目。

ここ何ヶ月か、私の店で毎月お客様に
お渡ししているお知らせに、傾聴について
とか、メンタルヘルスについてとかを
ちょこちょこっと「閑話休題」として
書いています。
最近になってやっとお客様から反応が
あらわれてきています。
「これってどういうことなんですか?」
とか、
「こういうことだったんですね」
など。
本当に小さな反応なのですが、そんな
小さい気づきを感じてもらえている
ことが、
「産業カウンセラー」としての
役目のひとつなのかなと感じています。

そんな小さなことですがこれからも
続けていきたいと思っている今日この頃
です。    (iwase)

マルクスの言葉

個人的に共産主義でも、社会主義でもないのですが、マルクスの言葉にはっと思わされましたので、紹介します。

「人間が自分自身でつくりだしたものによって支配された状況」

「労働者が熱心に働けば働くほど労働単価は低くなり、労働はたんに苦役となってしまうとともに、自分自身の創造的エネルギーを一切使わないため、彼らに喜びはなく、たんに肉体的・精神的に疲弊するだけである。これはすなわち労働からも疎外されることである。こうして労働者たちは、すべてのことから疎外されるのである」

『「西洋哲学・思想」がよくわかる本』より抜粋

(おなけん)

改めて思う

新年を向かえ、久方ぶりに産業カウンセラー協会と支部のHPを見ました。いろいろと講座やってるな~、という感じです。そして毎度、参加費は高いな、と。内容が伴えば良いのですが、正直そうなっていないのが多くの方からの声です。だからこそ、ポイント制にして参加させようとしているのでしょうが…。

このような現状は、「
とりあえず協会が何かすれば、参加する」という私たちにも問題がありそうです。

「学びて思わざれば則(すなわ)ちくらし、思いて学ばざれば則ちあやうし。」

とりあえず産業カウンセラーの資格を取った。次はさらに○○の勉強。次は○○。というように、次へ次へという人が多い感じがします(自分もそうでしたが^_^;)。ただ、これをすると先のように協会が実のない講座を連発します。さらに自分自身の成長の足かせになってしまいます。やはり一度学んだものをしっかり見につけ、体得してから次のステップに入る方が良いと思います。学んで、それを思慮し、次に進む方向や足りないもの・充足したいものを見出す必要があると思います。

産業カウンセラーの勉強は非常に有益だと思います。自分を振り返り、生まれ変わりの機会を与えてくれると感じています。ぜひ学んだ知識と技能を実生活で活かすことに、まず力を注いでください。そうすると、日々の生活は楽しく、家族や友人たちとの関係はより一層良くなることと思います。

今、私はみなさんにカウンセリングなどについてお伝えすることをしていますが、自分が幸せを感じられなくなったら辞めようと思っています。自分が幸せだからこそ多くの人にそれを伝えたい・実践していただきたいと考えています。そのためにはまず家族との関係を大切することが重要だと思っています。そして、その実現のために産業カウンセリングの勉強でえたものを使うことが必要だと感じています。

学び、それを自分の幸せのために使いましょう。さらなる苦悩のために使うのは少し考えた方が良いと思います。

いずれにせよ、試験が近づいてきました。この試験をクリアすると、いろいろなことを考える機会を得ることができるでしょう。みなさんを応援しています(*^_^*)


(おなけん)

血液を脳に巡らせるためには・前編

年末年始の連休が終わり、仕事にも慣れてきて普段の生活に皆さん戻っていると思いますが、産業カウンセラーの試験を控えている皆さんは、どのように過ごしたのでしょうか?

連休中は計画通りに試験勉強が進んだ人もいれば、そうでなかった人もいるかと思います。計画通りに進んだ人は調子を崩さずに、このまま進んで欲しいと感じますし、そうでなかった人はまだまだ時間はたっぷりとありますので、今週末から始まる3連休に遅れたぶんを取り戻すかのように進めて欲しいと感じます。

さて、昨年の「脳は思考系だけではない」の中にある、効果的な6つの方法の続きを2回に分けて説明しますが、今回はその前編です。

まず最初に「散歩などの軽い運動」は足を中心とする全身運動であり、血液が脳の高いところまで汲み上げられることから、脳全体に血液が巡りやすくなります(脳だけでなく、もちろん体全体にも)。これは足を動かす為の機能は、頭頂部に近いところにある脳領域が担っているからだと言われているからです。また散歩のコースをたまに変えることにより、周囲の状況を広く集めようとして思考系が使われますが、散歩をする時間がない場合は通勤通学径路を変えてみることも効果的かもしれません。

2番目として「部屋の片付け」ですが、気になったところを片付けていく為には、パッと状況判断をしたりします。これは手の運動のみならず、前頭葉が司る選択や判断の機能を大まかに使う活動なので、脳の準備運動には最適であると考えられています。

3番目の「料理」ですが、効果的な理由として、部屋の片付けと同様に手の運動だけでなく前頭葉を使って選択や判断すると言う要素入っていると共に、思考系を使うクリエイティヴな活動です。

もし料理ができなければ(特に男性)、4番目として「ガーデニング」でも良いと言われています。これは部屋の片付けや料理をする時の効果プラス癒しの効果も期待されていますので、脳の感情系がイライラしていると感じていたら、それを抑制する為に働き、妨げることなく思考系を使えるようになります。

(大)

がんばれ受験(検)生

これからのシーズンは中学受験や高校・大学受験の入試シーズンでもあります。1月17日・18日は大学入試センター試験で、受験生も追い込みの時期です。産業カウンセラーの試験を受検されるみなさんも、いよいよ気持ちの引き締まる時期ですね。

この時期特に気をつけてほしいのは、やはり体調管理。ストレスをうまくコントロールしながら、免疫力を高め、本番に備えましょう。ストレスを受けると風邪を引きやすいというのはみなさんも学習されましたよね?

自分を大切にすることも合格の秘訣です。

がんばれ受験(検)生!

(玲)

残り1ヶ月きりました

あけましておめでとうございます。
例年より少し長かった冬休みも今日で終わりという方が多いのではないでしょうか?
また、看護、介護職の方、年末年始も勤務された方多いと思います。
お疲れさまです。

産業カウンセラー試験も1ヶ月をきりました、もうみなさんの実力はあります、あとは落ち着いて復習をしていきましょう。そんな時期です。

障害者福祉についていえばこの2009年は雇用対策と一緒に政府の支援が手厚くなれば嬉しいのですが、、、これは政局によって左右されてしまいますのでなんとも言えませんね。

ただ現状の政府支援は非常に手薄なわけでして、今年こそ拡充を願うばかりです。

(誠)

お正月。

新年お天気がよく、気持ちがいいです。
新年の外の空気は清々しく、気持ちが
凛とします。

昨日と今日は店を開け、行き交う人
を店内から見ておりました。
そのうち、常連のお客様がいらっしゃ
ってくださり、新年の挨拶を交わして
・・・とそんな具合に1日が過ぎて
いきます。
ご縁があって言葉を交わすことが
出来るということを大切に、これから
一年もそんな出会いを大切にして
過ごしていきたいと思うことが
できます。同時に、
カウンセラーとして自己研鑽を
考える前に、日々のこのような
小さなことをもっと大切にしていか
ないと、とも考えさせられます。

静かな街並を眺めながらこんな
ことを思うお正月なのでした。
(iwase
)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

昨年もみなさまのおかげで、とても良い年となりました。今年もきっと良い年になることと思っています。

経済的には厳しい状況ですが、こころには常にゆとりをもっておきたいと思います。精神的な豊かさ・幸せを第一に。

とは言え、「恒産なければ恒心なし」ですから、最低限の職・収入は必要です。職についての不安も多くの方たちに蔓延していると思います。でも、苦しくなったら周りの人たちが支えてくれるはずです(と私は思っています)。だから、どうなるかわからない先のことを心配しすぎるよりも、今を、明日を楽しく生きるためにこころを配った方がいいと考えています。

資本主義経済…

これに替わるものはないのが現状のようですが、それにしても景気回復で消費だけを促すという方向性しか政策として出てこないのは仕方ないことなのでしょうか。エコブーム、地球環境保護などをうたいながら、買い替え・過剰消費を奨励する社会。それがないと経済が活性化しない… それって、私たちが望む世界なのでしょうか。

今年は、「社会システム」を自分の調査研究のテーマとしようと思います。相互扶助、協同精神を実現できる社会について考えるつもりです。そして、「哲学」を勉強し直す予定です。

私たちは経済のために生きているのではなく、楽しく生きるために生きています。そのことを忘れずに、今年も日々の取組みをしていきたいと思います。そして、多くの人たちとの出会いを大切にして、ともに手を取り合っていきたいです。

大好きな家族が、友人が、みなさんが、今年も健康で、幸せな一年でありますように。

(おなけん)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »