無料ブログはココログ

« 2008年1月27日 - 2008年2月2日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »

2008年2月3日 - 2008年2月9日の4件の記事

心の洗濯

2泊3日で、長野県上田市、長野市に行ってきました。

上田市は平成18年に4市町村が合併した市です。そのなかの旧武石村、旧丸子町に主に行ってきました。農村地域で静かな町並みで、ゆったりとした時間が流れていました。日帰り温泉などがありますが、大掛かりな観光施設や娯楽施設があるわけではありません。それが、とても素朴で自然な感じがしました。

心やすらぐ景色、音、空気、気温など、無理せず自然体でいられました。東京で呼吸をするときには意識していなかったのですが、ここに来て呼吸をすることが心地よいと感じました。普段はいろいろなものが混じった空気を吸っているのでしょう。

夜の星は、空からこぼれ落ちそうなくらい光り輝いていて、近くに感じました。

そして、何よりも今回は、勉強会に参加してくれた方々にお会いできたことが一番でした。時間を捻出していただき、お付き合いいただきました。勉強会して「よかった」とあらためて実感しました。

しばらく僕が行ってきた所とか、買ったものを紹介させていただこうかと思います。

(おなけん)

万象具徳

今、二宮尊徳の本を読んでいます。「報徳」について書かれていて、非常に共感できる内容です。特に自助と互助については心惹かれました。

尊徳について、報徳博物館の佐々井典比古理事長は次のような詩で記されています。

どんなものにも よさがある
どんなひとにも よさがある
よさがそれぞれ みなちがう
よさがいっぱい かくれてる
どこかとりえが あるものだ
もののとりえを ひきだそう
ひとのとりえを そだてよう
じぶんのとりえを ささげよう
とりえとりえが むすばれて
このよはたのしい ふえせかい

「ふえせかい」は無限に広がるというニュアンスの解釈で良いと思います。

僕の手帳には、この詩を書いてあります(*^_^*)

(おなけん)

信頼を得るために

『FPジャーナル』の2月号に「信頼を得るために」という記事が掲載されていた。

FPが顧客と信頼関係を築くには、次の3つの必須要素を挙げている。

①技術的能力や知識への信頼

②職業倫理や人格への信頼

③親身さや人間としての成熟度への信頼

この中で特に3番目が重要ということである。

そして、顧客との信頼関係構築に向けてのスキル強化のヒントが8つ記されている。

・顧客の優れた伝記作家になる

・価値観を共有する

・率直で明快な話し方で

・相手の話にもっと耳を傾ける

・自由回答式の質問をする

・いったん話のテーマを顧客へ投げ返す

・信頼とは双方通行道路なり

・お金ではなく、人に着目する

FPだけではなく、すべての業種に共通するものではないかと思い、照会させていただきました。

(おなけん)

試験お疲れ様でした。

今日で、今年度のすべての産業カウンセラー試験が終了しました。お疲れ様でした。特に今日関東で試験だった方たちは、雪で大変だったことと思います。良い思い出になると思いましょう(^_^)

私は童心に帰り、子どもたちと雪合戦しました。何も考えずに楽しいかったです。上の子もすっかり力がついてきて、子どもながらに手を抜くとやられてしまいます。大きくなったなと改めて実感しました。いつまで私が勝てるか……

今は『ぽっかぽか15』を読んで、泣いてました(T_T) このマンガは子どもをもっている方には絶対おすすめです。こころが暖かくなり、普段慣れてきたことにも振り返らせてくれます。自分に、そしてひとにやさしくなれるマンガです。試験とか受けた後に読むのも良いと思いますよ(~_~)

みなさんからの結果報告を楽しみに待っていたいと思います。みなさん、お疲れ様でした。

(おなけん)

« 2008年1月27日 - 2008年2月2日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック