無料ブログはココログ

« 2008年10月19日 - 2008年10月25日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »

2008年10月26日 - 2008年11月1日の5件の記事

気持を意識すること。

3年前からブログを書いていましたが、ここ半月ほど

お休みしています。大きい理由としましては、

「自分がわからなくなってしまった」

という感じでしょうか。書いていることが自己一致

しているかどうかわかんなくなってしまって、自分の

考えることにさえ疑問を持ってしまうようになった

からです。

私は自分の店のブログとして書いていたので、

どうしてもお客様の目を意識せざるを得ない為、

お休みすることにしました。

そして今、リハビリも兼ねて(笑)、違うブログを

書いております。

それは毎日の自分の気持を忠実に書いて、

その後読み返しながら、

「ちゃんと自己一致して書いているか」

をチェックするわけです。

誰の目を気にしなくていいので、支離滅裂。

主語もない文章も多く、わけわかりません(笑)。

ただ。

気づくことがとても多いのです。

毎日これだけ気持の推移があって、それに

係る人がこれだけいて、こんな事柄に対して

実は私は今までもこう思っていたのに、

きづかないで過ごしていた・・・など。

とにかく「気づき」の連続です。

一日でこれだけいろいろな感情があるという

ことは、当然、意識できていない感情もあるはず

です。

しかしそれをきちんと意識して、実感したり

言葉にしたり、書いてみたりという風に表さないと

そんな気持が知らない間にたまって来てストレス

なってくるんだなあと思います。

・・・・・・・・・・・・・

もしかするとこれが、ロジャーズの弟子の

ジェンドリンが提唱する「フォーカシング」かも

知れません。

無意識を意識化させることが療法となる、

あれです。(かなーーりアバウトですが)

違ったらすみません(笑)。

とにかくもう少し続けて、

「自分自身を観察」してみようと思っております。

結果については乞うご期待ということで・・・。

(iwase)

結婚の謎

ウイリアム・グラッサー、カーリーン・グラッサー共著の「結婚の謎(ミステリー)」の紹介book

グラッサー博士といえば今や選択理論で有名ですが、この本は結婚生活に選択理論をあてはめて論を展開しています。

夫婦関係に行き詰まりを感じている既婚女性からのメールに書かれた「結婚は謎・・」というメッセージに対して、博士と婦人は選択理論を根拠に夫婦が抱える問題について論を展開していきます

選択理論とは何かという前提を理解していないと、この本だけではなかなかグラッサーの理論を理解することが難しいという印象を受けましたが、簡単に説明すれば、氏の選択理論の基となる5つの欲求の方向性、つまり「生存、愛と所属、力、自由、楽しみ」に対する欲求の度合いが夫婦の間で、あまりに違うと、原則結婚生活が上手くいかないといったシンプルな内容と理解しました。

結婚は謎・・・このフレーズに共感する方は多いはず・・・

でも、個人的には相手への「思いやり」が謎を解く鍵だと思っています・・(由)

心理テスト 10

今日は、TEGについてです。

これはTokyo University Egogramの略です。交流分析の理論に基づいて、1970年代の初めに、デュセイらが開発したエゴグラムをもとに、東京大学診療内科によって因子分析による質問項目の選定と標準化尺度を用いて開発されたエゴグラム検査用紙です。

エゴグラムについては、各自「交流分析」で確認してくださいね。

エゴグラムで思考・感情・行動のパターンを知ることにより、自分自身への気づきを喚起し、人とのコミュニケーションの取り方の偏りや歪みを知って、交流パターンを修正するきっかけとすることができます。

交流分析の特徴として、意識的な自己選択の結果が自己成長へとつながると考えられていて、自分の自我状態(エゴグラム)パターンを変えることも変えないことも自分で決めることが重要とされています。テストの所要時間は15分程度、適用年齢は15歳以上です。

(玲)

カウンセラーの実践上の配慮義務

今日の勉強会に参加された皆様お疲れ様でした。1日に4つのテーマを学んだので、だいぶお疲れのことと思います。でも、ぜひ次回の講義前に今日の内容の確認(復習)をしてください!特にお配りしたレジュメは、やってみてくださいね。

そこで、今日の講義に参加された方に「産業カウンセラーの役割と活動」でお配りしたレジュメですが、穴埋めの問題でちょっと分かりづらいところがあったと思うので、補足しておきます。レジュメの最後に、「カウンセラーの実践上の配慮義務」を3つ書かせるものがありますが、これは

・危機介入

・守秘義務

・二重関係の回避義務

の3つが入ります。テキストでいうと本丸編4ページに記載されています。この分野は3つ覚えるものが多いです。

・産業カウンセラーに必要な条件(3つ)

・産業カウンセラーの主な活動領域(3つ)

などですね。

お風呂に入りながら、上の空でも言えるようになるといいですね。

もし、いい語呂合わせを思いついたらお知らせください!

これからも一緒に頑張りましょう☆

(玲)

産業カウンセラー 勉強会と・・・

今日は産業カウンセラーの勉強会、東京でした。
講師、スタッフともどもまだまだですが、多数の参加ありがとうございました。

私たち、スタッフの中にも、そして参加していただいた皆様の中にも
過去に辛い経験をされた方がいます。

そしてその人たちは、この苦しかった思いを絶対に他の人には経験をさせたくないと
いう思いを持っている事と思います。
私もそんな思いでこれからも臨んでいきます。

今、いろいろな世間の荒波にさらされて苦しい思いをしている方、そして
養成講座なんかでがんばらなければ行けない方、みんなの人生に永久凍土はありません。
かならず辛い思いのあとは春が来ます。

あなたのその苦労、報われますよ。

今日は雑談でした。来週からまた日曜日は社会福祉のお話です。

(誠)

« 2008年10月19日 - 2008年10月25日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »