無料ブログはココログ

« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年9月28日 - 2008年10月4日 »

2008年9月21日 - 2008年9月27日の4件の記事

交流分析試験

今日、明日と日本交流分析協会の交流分析士2級の試験を受験中です。結構、長時間でグッタリです(-_-;) ただ、いろんな先生が教えてくれるので、インストラクションの勉強にもなりました。そして、改めて人に伝えることの難しさも実感しました。

さて、交流分析ですが、この勉強会もインストラクターの細谷さんが年末あたりに開催してくれると思いますので、決まり次第お知らせさせていただきます。

交流分析は、「自律性の確立」を目的としています。そのためには、①自己理解と気づき、②自発性の向上、③親密な交流の回復、の3つの能力を発揮・改善することです。

勉強する内容は、非常に取っ掛かりは容易ですが、奥が深く、なかなか自分のものにするには時間がかかることを痛感しました。今後は、さらに勉強を深めて行きたいと思います。

明日は記述と面接の試験です^^; 産業カウンセラー試験の勉強会がもうすぐ始まりますが、改めて試験を受ける人の気持ちを再体験して、産業の勉強会にも役立てたいと思います。

(おなけん)

優しい場所。

一段と秋めいてきた今日この頃。
空とか空気など、秋独特の雰囲気で
散歩するのに絶好の季節です。

先日好きなカフェに行きました。
お客は私のほかに、男女の2人連れ。
音楽仲間らしく、ギターを弾いたりして
おられました。
男性がおもむろに女性の持っていたウク
レレを弾きはじめました。
どうも初めてらしく、すごくたどたど
しい。しかし、童謡の「もみじ」を
なんとか完奏されました!
そしてそれがすごく心を揺さぶられ、
外の雨の景色とあいまってしまった
せいか、涙がぼろぼろと。ついでに鼻水
も(笑)。
その後も、「ハッピーバースデー」
やスピッツの曲をゆっくり静かで
優しく奏でておられました。

涙が口に入って、ちょっとしょっぱい
ところに、その音楽と、ロールケーキの
優しい甘さがとても心地よく、お客ひとり
の贅沢なコンサートを楽しませていただ
けました。ほわーんとした『優しい』時間
は気持も優しくなります。
カウンセリングも気持を前向きにできる
方法です。そして、このような間接的に
自分の心に入ってきてくれる優しい場所。
このような存在もカウンセリングと同様に
前向きな気持にしてくれます。
自分の店もこんな風に「優しい」場所にして
いきたいなあと強く感じた1日でした。
(iwase)

心理テスト 5

今日は質問紙法の3つめ「CMI」についてです。このテストは、アメリカのコーネル大学のブロードマンらによって考案された、受検者の心身両面にわたる自覚症状を短時間のうちに調査することを目的として作成された健康調査票ですね。ブロードマンという人名は要チェックです。所要時間は約20分で適用年齢は14歳以上です。職場や学校などで健康管理のスクリーニングに利用されています。

(玲)

家族研究

家族とは3

このシリーズ3回目、今日は核家族というものについて。


そういえば昔、家族ってホームドラマがありました。今でいう「鬼渡」シリーズの時間帯です。
京塚晶子さんという今は亡くなってしまった女優さんが出演していました。
あとはまだ若き草刈正雄さんとか。

それで、核家族とは、定義によると一般的には夫婦とその子供で構成される2世帯の家族。
だそうです。厳密には夫婦のみ、夫婦と未婚の子のみ、ひとり親と未婚の子のみ、のそれぞれの
世帯である。

今もっとも増加している核家族はどのタイプかというと「夫婦のみ」だそうです。

ところでどうして家族というものが精神保健福祉の世界で注目されるのでしょう?
それは今でいう統合失調症の親子の関係が注目を浴びた経緯があるからだ。
統合失調の病気の研究に家族関係が大きく関心を集めたのだ。

そして家族をひとつのシステムとして把握していこうとして治療の研究をした、
これはその頃(1940年代)からある家族療法にも影響、発展していく。
親子、特に母子の関係は大きく問題にされた。

学問的に記載すると難しいですね。
この先、精神障害者と家族との関係を解いていくのが学校の先生や教科書です。

私はそういう人では無いので。ここでは、もっと現実的に家族のことを見直してみましょう、と
いうことにします。

そこでひとつだけ紹介します、ゲルスという学者がいました。その人は家族のことを
だいたい11の定義で説明をしています。
この11の定義が学問的ではなくって、今現実的に大切思ってほしいと思うものばかりです。

今日はそのうちの3つ紹介。
1。成員間に接触時間が長い。
2。ともにする行動の種類が多く範囲も広い。
3。成員の行動を他人の事として放置できない。

どうですか?
みなさん、思い当たりますよね??

一部引用:精神保健福祉(刊:学分社)

(誠)

« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年9月28日 - 2008年10月4日 »