無料ブログはココログ

« 2008年7月20日 - 2008年7月26日 | トップページ | 2008年8月3日 - 2008年8月9日 »

2008年7月27日 - 2008年8月2日の6件の記事

産業カウンセラーの資格取得後

産業カウンセラーの資格の活かし方に途惑われている人が多いようです。この資格で、法的な業務があるわけでもなく、臨床心理士のような位置づけでもありません。資格をとっても、そのままと言う人が多いのが現状かと思います。

では、どう活かすのか? 中には、産業カウンセラーとして活躍されている方たちもいらっしゃいますが、賃金を得る職業としてのパイは小さいのが現状です。

私見ですが、この資格は、自分の家庭や職場での円滑な人間関係などのために発揮されるスキルだと思います。この資格の保有者は、周囲の人間関係を良好にし、その影響を受けた人が、また他の人に影響を与えるというような、好循環を身近に作っていくことが第1の使命かと思います。そして、自分自身のことを理解し、自分のことが好きであり、他の人も好きであるというのが前提だと感じています。このことを抜きに、スキルの向上を図ってたり、カウンセリングを行っても、周囲に誤解と不信感を与えるような気がします。

資格の活かし方=お金儲け、という考え方では、なかなか産業カウンセラーという資格が活きないのではないかと感じています。そして、そのような考え方の人がいる限り、真のカウンセリング・マインドは、世の中に浸透しない気がします。

「自分が幸せ、そして他の人も幸せ」という相互扶助的な精神が21世紀の社会経済には求められていると痛感しています。

カウンセリングは身近なところで、すぐ活かせます。それを実行できるかどうか。つまり、セルフカウンセリングができているかどうかといえます。自分がカウンセリングの効果を体現することが一番の活かし方だと思います。


(おなけん)

役に立ちました。

この一週間、何年かぶりのばたばたでした。
自宅の引越しです。疲れました・・・。

で。
今回、「カウンセリングの勉強をしていて
よかった・・・」と思えることがありました。
今まで借りていた賃貸のお部屋を解約し、
引越し後の敷金清算のお話です。
空になった部屋を不動産屋さんが点検し、
直さないといけない場所などをチェック
していました。
いっしょに付き添ってくれた知り合いが、
「iwaseさんがキレるのを初めて見た」と
驚くぐらい不動産屋さんの態度が悪い。
そして細かい(笑)。
直す必要がないところまでチェックされ、
敷金から清算するというわけです。

前もってこういう場合に備えていろいろ
下調べをしていったため、「文句」として
ではなく、「自分の意見」として相手と話あう
ことができました。そしてその時、
「アサーション」の技術がすごく役に立ち
ました。

とにかく相手は、
「そういう規則になっている」だの
「そういうものだ」だのこっちの言い分を
シャットアウト。
そこで文句で対応したところで水掛け論
になるのは目に見えています。
なので私はひたすら「Iトーク。」
「私は・・・」という出だしですべて応酬
しました。

「私はこれについてはこのようになると
調べました。なのでこうではなく、このように
思うのですがいかがですか」
ほとんどこのような感じ。
自分の意見も言って、相手の意見もきちんと
聴こうとする姿勢を保つと、おのずとむこう
の理不尽さが浮き彫りになってくるのです。
「規則だから・・・」という返し文句も
通じなくなるのです。そして自分も意見を
求められるため、面倒になるのでしょうか。
「ぢゃ、もういいです。」
半分キレながらのようでしたが。

実は私はこのような交渉がすごく苦手なので、
弁の立つ知り合いについていってもらったのです
が、その知り合いはほとんど口を出すことなく
なんとか終了しました。
なんだか自分の苦手分野を「アサーション」の
おかげで克服できた気がしました(笑)。

そして同時に思いました。
「知らないことは罪だなあ」と。
もし私が不動産の原状回復義務の知識をもって
臨んでいなければおそらく多額の原状回復費を
請求されていたと思います。
自分の身を守るために、アサーションの技術、
そして面倒くさがらず、前もって知識を頭にいれて
おくことがこのような交渉やディスカッションでは
必要だと痛感できた出来事でした。
(iwase)

富山県での勉強会を終えて

富山での初の勉強会。無事(?)終了しました。
参加していただいた方々、ありがとうございました。そして、会場の手配などをお手伝いしていただいた方たちに感謝です。勉強会の運営は、精神的にも、肉体的にも疲れます。縁の下の力があって、私は富山に行くことができました。改めて、ひとりではなく、多くの人に支えられていることを実感しました。仲間から応援メールももらいました。

「こんな僕でも…」

人生はつまらない、と腐っていた過去の自分がウソのようです。生きることは楽しく、出会いはこころを豊かにしてくれます。そして、人とのつながりが自分の勇気になったり、活力になります。

ひとの発達は、依存から独立で終わるのではなく、独立からさらに相互依存へと展開されうる。

親から自立・独立し、多くの人たちと相互依存し、人びとの中で、自分らしく、心地よく生きることができるようになってきたと感じています。ひとりではないんです。家族や会社の人など、相互で依存しあい、お互いが、組織が、コミュニティが過ごしやすくなれば良いと思います。

先週の土曜日にドラマ「ルーキーズ」が最終話でした。感動でした。野球の話ですが、チームが一丸となって進む姿は、ドラマですら、感動を生みます。日常生活でも、個人がチームとなり、活動していくと良いと思いました。

来春には、ライフサポート・サークルと縁のあった方たちと、長野で全国大会(飲み会?)をしたいな、などと計画しております(*^_^*)

ONE FOR ALL
(ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために)


(おなけん)

雇用対策法

前回は、パートタイム労働法について

触れました。今日は、雇用対策法について

確認をしたいと思います。

雇用対策法は、雇用に関する基本法として

1996年に制定されました。

この法律は「完全雇用の達成を目標」とする

国の雇用に関する基本的な考え方を示し

たものです。

そして、目的を達成するための方策として

「職業指導・職業紹介、中高年齢者の雇用促進、

職業転換給付金制度、大量雇用変動に関する

届出制度等」について規定されています。

注意が必要なのは、

2007年の改正で、

『年齢制限は原則禁止』となったことです。

よく求人広告に「30歳未満の方」なんて

記載されていることありましたよね?

昨年の法改正で、そういった制限は

禁止となったのです。

私の勤めている会社でも、

新聞求人広告に出す表記を変えました。

実際に書類選考などで、ある程度

振り落とされているのが現状ですけどね。

(玲)

感動しましょう。

いやいや、すっかり夏…ですね。お洗濯もの、さっさと乾いてくれて助かるのですが、掃除、食事の支度なんぞで少し動いただけで汗だく。体調管理には気をつけたいものです。

さて、突然ですが皆さま、最近「感動」していますか?

映画やドラマ、読書、音楽、ふと聞こえる歌の歌詞に心が揺さぶられたり、あるいは自然の大きさ、花や木、海の美しさ、写真、そうそう、美味しいもの!(個人的にこれが多いかな)…きっとたくさんありますよね!

感動は心が洗われる体験ですね。そして自分の心(感情)の波を感じることでもあります。涙が止まらなくなるくらいの大波や、ほんわか、温かい気持ちにさせられる、静かな美しい波も。ぜひ自分の心に触れ、じっくり感じてみてください。

私も「感動」体験、もっともっと増やしたいなぁと思う今日この頃です。

では本日は”珍”感動編。「…こんにちは!」 (Yokkori)

その日は花の撮影に夢中になっておりまして、なんだか静かだなと思うとあたりには霧が。コロンとカウベルが鳴るので驚いて振り向けば…あら、そんなに近くにいたのねcoldsweats01。。。スイス/グリンデルワルトにて 1

jobカード5

こんにちは。
もう暑くて暑くて、目玉焼き状態です、関東地方。

今日はジョブカードの5回目。キャリアコンサルタントの利益について。

いままでご紹介してきたジョブカード、キャリアコンサルタントが署名をする欄があります。
そして、この制度には普及のために助成金が用意されています。

キャリアコンサルタントはこの制度を利用した時どうやって利益を得るのでしょう??。

まずこの助成はこのジョブカードの制度に参加している企業であることが条件です。
助成金は企業に対して至急されます。

職業訓練を実施した場合、中小企業ではoff-jtで費用の半額(座学は上限があります)。
OJTでは、600円/時間が補助されます、こちらも上限があります。

さらにキャリアコンサルティングを行った場合は費用が外部機関の場合は半額。企業内にキャリアコンサルタントがいる場合は15万を1回限りです。

またこれとは別でジョブカード作成を行い、署名をした場合は1件につきいくらという補助があります。
すべては上限があります。
また大企業の場合は補助が1/3になります。

これは実践型人材養成システム、有期実習型訓練です。

非常にわかりにくいですね。
具体例を次回、説明してみます。

(誠)

« 2008年7月20日 - 2008年7月26日 | トップページ | 2008年8月3日 - 2008年8月9日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック