無料ブログはココログ

« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »

2008年1月13日 - 2008年1月19日の5件の記事

いよいよ明日

今日は暗記するものをしっかり確認して、すぐ寝ましょう。暗記には睡眠が大事ですし、脳を試験前に疲労させるのもあまり良くないです。一夜漬けを、漬け込むために早く寝るのが得策です。

そして、試験場で余裕で試験を解いている自分の姿をイメージして眠りましょう。「できます。絶対に」「絶対合格です」

だって、このブログ読めるくらい余裕なんですから。切羽詰ってたら読めませんから。だから、絶対合格です。ゆとりと自信をもって試験に挑んでください。

昨年も効果のあった湯島天神にもお参りに行ってきましたから、神頼みもOKです。

そのために睡眠はしっかりとってください。

そして試験時間が余ったらしっかり記録して、掲示板に載せてくださいね。勉強会に出られた方はわかりますよね。

試験後の皆さんからの感想もお待ちしております。みなさんの声をドキドキしながら待ちたいと思います。

「試験はできます」「絶対に合格です」(*^_^*)

産業カウンセリング概論より②

○か、×かいずれかでチェックしてください。
1.職場で生じた問題の解決のために、外部相談機関等にクライエントの問題の解決をゆだねるのは適切ではない。

2.職場での好ましい人間関係維持のためには、相互に建設的な解決を意図することが必要であるので、産業カウンセラーは、クライエントの職場環境に働きかけることも大切である。

3.従業員の能力開発について考えることは産業カウンセラーの重要な仕事である。

4.職場のメンタルヘルス活動は、産業保健スタッフ、人事労務担当者、管理監督者のチームワークにより推進される。ただし、産業カウンセラーは非常勤の場合が多く、また個人のプライバシー保護の観点からチームメンバーとはなり得ない。

5.産業カウンセラーは自発的来室を待つのみではなく、ラインからの依頼を受けやすいよう、産業保健チームによるメンタルヘルス教育等の日常活動にも積極的に参加し、相談室が援助の場であることの理解を深めてもらう必要がある。

解答:1.×、2.○、3.○、4.×、5.○

産業カウンセリング概論より①

○か、×かいずれかでチェックしてください。

1.産業カウンセラーは、面接後、出来るだけ毎回クライエントのケース内容について、組織の上司に報告することが大切である。

2.産業カウンセラーは、クライエントのケースについて、いかなることがあっても秘密保持を守らなければならない。

3.産業カウンセラーは、クライエントに自殺のおそれがある場合には、家族や上司に早急に連絡をとる必要がある。

4.産業カウンセラーは、働く人の人間的成長を援助することを考えなければならない。

5.クライエントを援助する方法として、カウンセラー自身のいわゆる「守備範囲」を越えると思われる相談内容については、その専門家に照会することもやむを得ない。

解答:1.×、2.×、3.○、4.○、5.○

アイデンティティ

試験まであと数日。私も緊張しております。勉強会に参加いただいた方、テキストを購入していただいた方に、ぜひ合格していただきたいと切望しております。自分のことのように緊張もしております。きっと大丈夫だとは思っているのですが。それに私が心配したところでどうにかなるものでもなく^^;

で、今は気を紛らわせるために、高校生の倫理の教科書を読んでいます。

そこには「アイデンティティの確立」について記されていました。

青年期の発達課題であるアイデンティティの確立とは、「自分が自分である」という感覚をもつことであり、自己を確立することです。

確立することができないと、アイデンティティの拡散の状態になります。その状態としては、他人の目が気になってしまう(自意識過剰)や選択の回避(自分で決定できない)、対人距離の失調、などが挙げられます。

養成講座や試験勉強を通じて、改めてアイデンティティの確立を図れる方もいるのではないでしょうか。私はそうでした(*^_^*)

試験的には、「青年期」といえば、

エリクソン-アイデンティティの確立、モラトリアム

レヴィン-周辺人、境界人

ハビーガースト-9の発達課題

大丈夫ですか?

(おなけん)

被はい期

産業カウンセラーの学科試験対策の勉強会は、昨日ですべて終了しました。
私は受験生の方よりも一足先に「被はい期」状態になっております。「やりきった感」で満足しています。あとは参加していただいた方たちからの素敵な便りを待ちたいと思います。

昨日くらいから寒さが増してきました。風邪などにならないようしっかり、睡眠をとってくださいね。セリエの抵抗期で試験に挑んでください。そして、免疫系、内分泌系、自律神経系への影響に気をつけてください。

それと、これから新たな本などにトライせず、今まで勉強してきたものを復習してください。それと、リラックスしながら復習するのが効果的です(難しいですが(>_<))。そして、適宜休憩すること。

それと直前ですから、何か不明な点がありましたら、ぜひ書き込んでください。あと数日、乗り切りましょう。

(おなけん)

« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »