無料ブログはココログ

« 2008年5月4日 - 2008年5月10日 | トップページ | 2008年5月18日 - 2008年5月24日 »

2008年5月11日 - 2008年5月17日の7件の記事

産業カウンセラー対策テキスト改定中

今年改定された産業カウンセラー養成講座テキストを読んでいます。改定前のテキストも他の本で補足しないと内容がわからなかったのですが、今回は輪をかけてひどくなっています。本の値段も厚さも1.5倍(-_-;) なのに内容わかりづらい…

いろいろ引っかかるところはありますが…

労働法規関係は、成立の背景や論争まで載っていて、「社労士?」みたいな内容です。憲法との絡みもあって、実務的には不要なものが盛りだくさんです。このようなテキストを作るときは、なぜその知識が必要なのかをしっかり明記すべきですが、それもなく、さらにざっくりと書かれた内容なので、中途半端な知識の習得になり、危険です。

MBTIの心理テストの記述もすごかったです。「世界で一番使われているテスト」って…。どのテストを何人受けているかという統計もないのにすごい記述です。それにおそらく知能テストのほうがよく利用されているので、明らかに間違った記述だと思います。

パーソンズが特性因子理論の提唱者ともなっていて、前回のテストまでは、「土台を提供した人で、提唱者ではない」となっていたのに、今回の試験ではどっちで覚えれば良いのか(>_<)

いや~、読めば読むほどはらわたが煮えくり返るのは私だけでしょうか? 改定するなら、筋を一本通したものにして欲しかったです。

そろそろ、産業カウンセラー自身で別のカウンセリング団体をつくる必要性を痛感しています。産業カウンセラー協会へのお布施制度に対して、感想などがありましたら、ぜひお寄せください。

(おなけん)

大事な本。

ちょっと雑談ですが。
皆さんは何度も読み返す本をお持ちでしょうか。
折に触れて読みたくなる本。
私は宮本輝さんの「青が散る」なのです。

中学生の時に読んでから今に至るまで・・・
おそらく年に4回は読んでいますね。
何度も買い換えて今ではもう7冊目。
読むこと以外にも、キーボード操作の
練習の為、最初からずっと打ち続けたことも
あります(笑)。

この小説は大学4年間の、主人公を取り巻く
いろいろな人間模様が淡々と描かれています。
それぞれのいろいろな感情が交錯している、
とても複雑な内容です。とても清々しく、
同時に残酷でもある内容は青春小説という枠
をとうに超えていて、中学生の私にはかなり
衝撃的でした。大人になるのが恐くなった
こともありました。
そしてこの小説は私に、
「十人十色」ということも教えてくれました。
人間には標準というものはなく、それぞれが
「自分」というものと闘いながら「自分」を
確立していく様は、無難に相手に合わせていれば
安全という考えを払拭してくれました。

そして。読み始めた当時は登場人物の誰にも
共感できなかったのが、年齢を経ていくうちに
「そのうちのだれか」の気持に共感できるように
なっていきました。。

壁にぶちあたったとき、恋をしたとき、岐路に立った
とき。そのときの状況で共感できる登場人物が
変わったり、それまでは泣けなかったシーンで泣い
てしまったり。自分の成長をこの本を読むたびに
感じております。

ただ決して「おすすめ」の本ということではありま
せん。私にとってはなくてはならない本なだけです
から。なんたって「十人十色」ですからね(笑)。
心理関係の専門書なども勉強になりますが、この
ように一般の小説から人の気持や心を感じることも
大切な勉強だと思うのです。(iwase)

継続は力なり・・・

DSのもっと脳トレに再びはまってます。脳ミソも筋肉と同じで鍛えれば鍛えられると実感です。毎日の推移が折れ線グラフでみられるのです。毎日続けるとグラフは勿論右上がりに。。。成績がよくなってくるとやる気もでてきます。でも2,3日しないでいるとグラフは下降ぎみに、、、今回2ヶ月以上もしてなかったので、成績はぼろぼろ・・・・(涙)こんなにもできなくなってるなんて、、「継続は力なり」と云う言葉を実感しました。また、毎日頑張らなくてはとちょっと焦り気味。ちょっとずつでもいいから続けることが必要ですね。

グラフで成績がみられるのって効果的だなと思いつつも、もう一つ気がつきました。画面の中で川島教授が必ずほめてくれるのです。「なかなかの成績でしたね。」「おしかったです」「あとすこしでしたね。でもおみごとな成績でした。」などといってくれるので、気をよくしていられるのです。これが「まったくこんな点しかとれないのですか」「もっとがんばりなさい」「毎日してないからですよ」なんていわれたらすっかりやるきなくしてしまいますよね。プラスのストロークが頑張らせてくれるのです。 今日も脳トレして、プラスのストロークもらってきます。(笑)(hoso)

7月6日(日)10:00~12:00 アロマ超入門勉強会

「アロマテラピー」という言葉、耳にすることが多くなりましたね。
アロマテラピー用のグッズ、書籍が置かれているショップもごく身近なものになりました。
お買い物の途中に「精油」のボトルを手にされて「どんな香りかな…?」と、香りを試されたことがあるかもしれません。

皆さんはどんな香りがお気に入りでしょう?
レモン、グレープフルーツ、ペパーミント、あるいはラベンダーかも…
そしてお気に入りの香りにどのようなイメージをお持ちですか?

今回は「超」入門として、代表的な精油の特徴を知り、簡単に実践できる方法を紹介したいと思います。
その日のお気に入りの香りを探してみませんか?

リラックスに、気分転換にと、アロマテラピーを普段の生活に取り入れるきっかけにご利用ください。

講師は、新垣(AEAJ認定アロマテラピーインストラクター)です。

男性でも気軽に参加できます。私、おなけんも参加して、勉強したいと思います。アロマで、男性陣も癒されましょう(^^♪

場所・費用などはこちらをご参照ください。


労働契約法 5

労働契約を結ぶには?

労働者と使用者が合意すれば、

労働契約は成立します。

事業場に就業規則がある場合で、

就業規則で定める労働条件が

労働条件になる場合は、以下の

ような場合となります。

○労働者と使用者が、「労働すること」

「賃金を支払うこと」について合意をすると、

労働契約は成立します。(第6条)

事業場に就業規則(労働条件などを定めた規則)

がある場合には、次のようになります。

○労働者と使用者が労働契約を結ぶ場合に、

使用者が

①合理的な内容の就業規則を

②労働者に周知させていた

 (労働者がいつも見られる状態にしていた)

場合には、就業規則で定める労働条件が、

労働者の労働条件になります。(第7条本文)

→たとえば、使用者が就業規則を机の中に

しまっていて、労働者が見たくても見られない

場合などは、労働者に周知されていないので、

その就業規則は労働者の

労働条件にはなりません。

○労働者と使用者が、就業規則とは

違う内容の労働条件を個別に

合意していた場合には、

その合意していた内容が、労働者の

労働条件になります。(第7条ただし書き)

→事業場に就業規則がある場合でも、

労働者がそれぞれの事情に合わせて

労働条件を柔軟に決めることができます。

○労働者と使用者が個別に合意していた

労働条件が、就業規則を下回っている場合には、

労働者の労働条件は、就業規則の内容まで

引きあがります。(第12条)

○法令や労働協約に反する就業規則は、

労働者の労働条件になりません。(第13条)

(厚生労働省 リーフレットより)

使用者は、就業規則を周知させるよう

心掛けることがトラブルを防ぐためにも

大切ですね。

(玲)

ハーブ好き ~バジル~

5月も中旬ですね、さあバジルを植えましょう。人気者のハーブ、バジルはパスタソースやピッツァのトッピングでお馴染みですね。これから気温の上昇に合わせてぐんぐん育つ葉からはクローブのようなスパイシー&ほんのり甘い香りが…食欲がわきます。

バジル(イタリアではバジリコ、和名ではメボウキ):シソ科の一年草。イタリア料理によく登場して人気ですが実はインド・アジアの熱帯原産です。いろんな種類があるのですが、よく目にするのはスイートバジルですね。

使い方(精油以外):フレッシュで使うのが一番のお勧めです。スーパーでもフレッシュで売られています。ベランダのプランターでも、1~2株あれば何かと使えます。我が家では1週間おきに若い葉を枝ごと摘んで、お昼のパスタに入れます。…なんて贅沢なんでしょうか。量はたくさん無くてもOK。普段使う市販のバジルソースで作ったパスタに香り付けに加える程度でも十分に楽しめるものなんです。トマトソースにトッピングなど、ごくシンプルないただき方もあり、皆さんの創造力次第で、手のひらに乗る程度の量でとても美味しいパスタができます。たまに、「こりゃ、レストランより美味しいかも!」なーんて、独り言をつぶやいたりして。ちょっぴり手を加えて「美味しい!」って食べる、そんな食事は体だけではなく私達の心にも栄養になります。

育て方:普段は種まきして、数枚葉が出たところで間引き(もちろん、これもいただくのですが。)、間隔を適度に空けて定植。だんだんと丸みのある、ふっくらした葉が茂るようになり、嬉しくなります。また、今の時期でしたらホームセンターで本葉が数枚でた苗が安く売られていると思います。苗から育てれば育ちも早くて嬉しいですね。私はたまにさし芽でも増やしたりしちゃいます。熱帯のアジア原産ですので肥沃な土壌を好みます。普段から、葉を枝ごと摘んで使うようにすればコンモリと、香りよく柔らかい葉を長く楽しめます。花をつける前に摘むのがポイントでしょうか。夏が過ぎる頃には根元が茶色く木化して、花が咲き、葉はやや硬く小さくなってきます。そんな頃はまた来年だねーと、花を見せてもらうことにしています。

今日は美味しいバジルをテーマにして「食」まっしぐらに走ってしまいましたが、食は心につながっています。ぜひ大切にしたいものですね。

(Yokkori)

あなたはどちら?

今日も突然ですが、

あなたの顔の真ん中にアルファベットで「J」と書いてみてください。

いや、実際に書かなくても指でなぞってみて下さい。

正しく書けましたか?

ご自分の頭の中から見て、正しい方向に文字を書いた人。

この方は自己中心的だそうです。

前からあなたの顔をみて正し文字を書いた人。

この方は「人の目を気にするタイプ」だそうです。

さて、あなたはいかが?

(誠)

« 2008年5月4日 - 2008年5月10日 | トップページ | 2008年5月18日 - 2008年5月24日 »