無料ブログはココログ

« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »

2008年4月6日 - 2008年4月12日の6件の記事

入園式

先日は下の子の入園式に入ってきました。はじめて親元を離れるという経験をする子供たちがほとんどで、式をする幼稚園のホールは泣き声であふれていました。うちの子もしっかり泣いていました。先生に抱えられしばらく号泣(ToT)。それを見ている親も心痛みました。子離れ親離れの最初の試練のようです。

そんな中でまたまた目に付いたのは、親の良識のなさでした。まずは、幼稚園の周りの路上駐車にあ然としました。幼稚園を取り囲み、さらにはそこから四方八方に路駐。車で来たらどうなるか、考えられないんですかね…

さらには式でのビデオとカメラの競い合い。子供たちが入ってくる入り口をふさいだり、式の最中に子供の名前を呼んで振り向かせたり、他の人をまったく気にしない振る舞いにはあきれました。つくづく親のモラルの低下を感じます。

これについては、最低限のルールを守れば、他人を無視して何をしても良いということを子供たちに植え付けるのではないかと心配です。このような人たちは反省することもなく、自分の態度が間違っていないと理解したまま子育てをすると思うとゾッとします。このような人たちをどうすれば良いのか…

親の中には今度からああすれば良いのか、と学習してしまう人もいるのではないかと心配です。長男の経験から運動会、発表会へと進むと酷さはさらにエスカレートしていきます。何でも自分の思い通りにしたものが「得」というようでは問題ある社会といえます。

カウンセリングなどを学ぶ人は他者への配慮はできるのですが、このような人にどう対処すれば良いのか…。このような人たちがいる限り、他者を本当に思いやることの大切さは広がっていかないでしょう。人を思いやる人も増えていると思う一方、厚顔無恥も増加中と感じます。自分の姿に気づいてくれると良いのですが… 良い方法があったらぜひお教えください。

子供の健全な成長にあたって、親の教育の必要性を痛感している今日この頃です(ーー;)

(おなけん)


非日常的空間。

仕事場や家庭。そんな日常からちょっと
離れて気分転換したいけど、旅行となると
なかなか・・・。そんなこんなで上手に
気分転換できすにストレスが溜まること、
ありませんか?
ちょっとの時間「現実逃避」することで
新たな気分で明日も頑張ろうと思えたり
するけどうまく出来ない。

そんな方は是非、「お気に入りのカフェ」
をみつけてはいかがでしょうか。
自分にとって居心地がよく、家でも仕事場
でもない、『非日常的空間』。
30分、そこでおいしい珈琲を飲みながら
なんにも考えずにぼーーっと頭を空っぽに
して過ごす。窓から見える景色とかを
眺めつつ、楽しいことだけを考えるのも
これまたステキな時間となります。
長居は無用。短い時間だからこそまた行きたい
、という気持になりますし、「詰まった時間」
を過ごせるのです。
ただ、心身ともに疲れ果てた時は1時間程
ぼんやりするのもいいかもしれません。

人によって、「好きなカフェ」の価値観は
様々です。音楽が流れているところがいいとか、
椅子がソファなのがいいとか、オーナーと
おしゃべりできるところがいいとか。

なので、人がすすめするカフェが自分にとって
居心地がいいとは限りません。
それだけに、自分にしっくりくるカフェが
見つかった時のうれしさはひとしおですね。
私がまだOLだった時、そんなカフェに助けて
もらいました。そんな場所がある、というだけで、
気持が楽になれました。

そんなこともあり、ひとりでも多くの
人にとってそんな場所となれば・・・
という気持で「カフェ」を始めた次第です。
「非日常空間」としてのカフェ探し、
おススメです!初夏のお散歩がてら、是非
やってみてください。意外とお家の近くに
あったりするものですよ♪    (iwase)

リフレーム

今日は雨ですね。通勤の人には嫌だなーと思っても、農作業をしている人には恵みの雨です。ものの見方を変えるといろいろなことがみえてきます。今の時期職場には新人が入ってきますが、鉄は熱いうちに打て、といいますのでしっかり教育したいものです。しかし人間どうしても嫌なところ欠点が目に付きやすいです。しかし欠点ばかり言っても直ることはないので、そこは見方を変えましょう。リフレームできると良いですよ。例えば仕事がのろい人→丁寧に仕事できる人 短気な人→感情が豊かな人 神経質な人→細かいところに気をつかえる人 そんな風にみると何かが少し変わってきます。どうしても欠点が目に付く時には是非リフレームしてみてくださいね。 また、人のことは良く気づきますが、意外と自分のこと判っているようで、判ってません。新人は良くも悪くも上の人の真似をしますから、自分自身真似られて恥ずかしくないような行動、発言をせねばと思います。(hoso)

今日は何の日?

今日4月8日は「お釈迦様」の誕生日です。

一度は耳にしたことのある「お釈迦様」ですが

今日がお誕生日だということは意外と知られて

いないのではないでしょうか?

お寺様では「花祭り」という行事をします。

花祭りは仏教では潅仏会(かんぶつえ)

または釈尊降誕会(しゃくそんごうたんえ)

といい、釈迦誕生仏像に参拝客が

甘茶を掛けて参拝します。

甘茶を掛けるのは産まれたばかりの

お釈迦様に天から九竜が香湯を注いだという

伝説にちなんだものといわれているそうです。

こういった知識はおじいちゃんやおばあちゃん

よく聞いたものですが、

最近はどうなのでしょう?

今日は大荒れで「花祭り」という感じで

はないですがこういった日本の文化は

大切にしたいですね。

(玲)

菜っ葉

春はとにかく美味しそうな「菜っ葉」が出回りますよね。アブラナ科ってやつでしょうか。大好きな菜の花(最近はいろいろな花物が出てますね)、小松菜、ちょっと遅いですが葉っぱ付き大根や葉っぱ付きのカブ。科は違うけどほうれん草も。スーパーや直売所に行っては、このような旬の菜っ葉 を、毎週末、買います。家に帰って早速、さっと軽く茹でて、冷まします。そしてその日のサラダにしたり、翌日以降のサラダの具にしたり。多いときは小分けして冷凍、お気軽インスタントラーメンなど作るときに、一緒にさっと茹でなおして添えたら、なんだか美味しそうに見えるでしょ?大根の葉っぱやカブの葉っぱも丁寧に洗って軽く茹でれば色もとてもきれい、そして香りも豊かです。

こんな感じで、短期間であれば冷蔵庫や冷凍庫のお世話になって、旬のもの、お安く手に入ったものを一人や二人の少人数の暮らしでも十分に活用できます。旬の食材は美味しく、栄養素も豊富、そして季節の味を楽しむことができます。

活用方法の一例ですが、私は会社のお弁当用にと、インスタントお味噌汁を持っていきます。手作りインスタントです。まずは細長いタイプのタッパーに、ごくダシの素、お麩、お気に入りのお味噌を入れ、できれば鰹節を少々。これに茹でておいた菜っ葉とモヤシなどをラップにくるんで別に持っていくのです。お昼にこのお野菜をお味噌達に合流させ、お湯を注ぎ混ぜてなじませれば…お味噌の香りも高い、見た目にも美味しそうなお味噌汁の出来上がり。いかがでしょうか?いろんなアイデアで美味しそうなお味噌汁がたくさんできそうな気がします。(衛生上、保存時間や温度には気をつけます)

いろんな旬のお野菜を使って、安く、美味しく、栄養が豊富な食事によって、心にも体にも積極的に栄養を補ってあげませんか?

(Yokkori)

耳鳴りがする

勉強会に来ていただいた方やhpをご覧いただいた方はもうご存知かも知れま

せんが私も精神疾患を患った時期がありました。

(ま、その疾患の話はまたヒマな時に連載します。する予定、するかも、です)

最近はかな~り体調がいいですがその当時より「耳鳴り」が鳴りっ放し、です。

これ、このまま後遺症??になる?。

なぜか治りません。日々の体調とは関係なく、今も鳴ってます。

これが日常の会話や生活音には支障がないのですが、いろいろな音が重なり

あったりすると、聞こえないときがあるんです。

世の中の音は「単音」っていうのは少ないわけで、必ず複数の周波数の合成音

だったりするわけです。

例えば、ファミレスとか飛行機の機内とかはそのあたりの効果を利用してある一

定の音楽とか雑音をわざと流すのです。そうすると近くの席の人の会話が聞こ

えなくっていいんです(メカニズムの詳しいこと知りませんが)。

そんな世の中の音の一部が聞こえにくい耳鳴り、です。

30年後(もちろん生きてるつもり)の老化した私の耳は機能しているだろうか、

とちょっと心配な今日この頃です。

(誠)

« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック