無料ブログはココログ

« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »

2008年3月23日 - 2008年3月29日の6件の記事

ワクワク勉強会~「ソース」入門~

7月6日(日)13:00~16:00に「ワクワク勉強会~「ソース」入門~」を開催します。

私がマーケティングの仕事についていたとき、「ワクワク・マーケティング」というようなことを少しかじり、人はそもそもワクワクすることを求めているというコンセプトのもと、色々な企画を作ったことを思い出します。あらためて自分のワクワクに気づき、活動の原動力としてみませんか。

講師は、ソース公認トレーナーの長谷川 碧さんにお願いしております。
参加費:2500円。
場所:都内会場。
内容の紹介:
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

最近「楽しい」と思ったことがありますか?

大人になると辛いこと、苦しいことは多くても、
「ワクワクすること」には、なかなか出会えないかもしれません。

ですが「ワクワクすること」をしているとストレスが溜まらないばかりか、
個性が100%発揮されて、人によっては天職やパートナーまで引き寄せられてき
ます。

これって、夢物語だと思いますか?

結果だけ聞くと夢物語のようですが、実際にご自分のソース(源)を見つけてい
ただくと、無理なくどなたの人生もワクワクしたものに変えていくことができる
ことが分かっていただけると思います。

自己啓発のセミナーで最高の結果を出したビジネスマンも、子育て中の専業主婦
も、この講座に勝るものはないといっています。

そんな幅広い層の人々をシンプルな方法で一人ひとりのワクワクに導く講座です。

「自分はワクワクなんてない」そんな方も大丈夫です。
最初は無いように思っていても、皆さん徐々に出てきます。


今回の講座では、本来の2日間コースのエッセンスを体験していただきます。

この講座だけでも、きっと変化を感じていただけるでしょう。

この機会にご自分の「ワクワク」を探してみませんか?

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

(おなけん)


親とのつきあい方。

水曜日、私のお店の前の桜が開花
しました。今日は3分咲き位で、
毎日通勤が楽しみです。

母と同居を始めて四ヶ月が過ぎよう
としております。
正直、まだまだペースや価値観があわず、
ストレスも溜まります。私たちの近く
に姉夫婦が住んでおり、姉と母は仲良し
なのにすごいけんかをします。
似たもの同士でどちらも感情型。傍で見て
いるとこわいし、とばっちりをくうことも
しばしば。でもお互いすぐにけろっとするので
「とばっちりをくったもの負け」なのです・・・。

しかし最近。母親との付き合い方がわかって
きました。
母が感情的になっている時には、あえて私が
ばかなことを言います。かなり素っ頓狂なこと
を、です。
先日は、「うさぎを飼いたい。」と。なんの根拠
もありません。思いつきで言ってみました。
するとそれまで感情的だった母は、
「この子はいきなり何を言い出すんだ??でも
この子ならやりそう。ここは私が冷静になって
説得せねば!」と、理性を司る左脳が活発に活動
し始めたようです。
そして私に、そう、いい大人の私にです。
「えーと、うさぎは確かにかわいいわよね。
うん、あなたには癒し系の動物を飼うのがいいかも
しれないわよね。でもね。よーーく考えてみて。
もうすぐ引っ越したら動物も飼えるからそれから考え
ましょう。ちゃんと動物の病院も探して、飼い方を
教えてもらってからでも遅くないわよ・・(約10分
説得は続く)。」
そんな具合に説得されたわけです。
するとその後、感情的に怒っていたことがばからしく
思えたらしく、
「お姉ちゃんにはちょっと言い過ぎたから謝らなくっ
ちゃ。」と、電話で謝っておりました。

これ、けっこう効きます。
感情が先走っている時に、予想外の、それも常識
では考えつかないような難題にぶつかれば冷静に
ならざるを得ないようですね。
これからも私は「困った子」を装いながら、母とうまく
生活する方法を模索していきたいと思う今日この頃
です。あ、別に装わなくても十分に「困った子」

なんですがね(笑)。           ( iwase)

近況報告その2

こんにちは 1週間て早いですね。

さて、今日も近況報告ですが、、、先週の日曜日良いお店を見つけました。美容室なんですけれどとっても居心地の良い空間で、お店のあちらこちらに店長のこだわりを感じられます。1年かけて設計士さんと考えに考えてできたお店とのこと、なるほど。。。と頷けます。

入り口からはいると小物を売っていて、あれ?美容室ではないの・・・と心配になったのですが、その奥が美容室でした。受付してくれた子がかわいらしい雰囲気の子でいい感じです。洗髪台にもこだわりがあり、一つの部屋と云う感じでとても落ち着ける雰囲気なのです、寝てしまう人もいるとか・・・(笑)物にもこだわりがあってよいのですが、働いているスタッフが皆しっかり教育されてるようで、人当たりが良いのです。(多分殆どが20代だと思います。)私が本を読んでいるときは話しかけてこないけれど、読むのに疲れて本を閉じたら、うまく話しかけてきて、とても人懐っこい感じの子でした。店長も29歳という若さで人間が出来ている。押しが強いわけではないけれどしっかりとした信念を持っている人だと話をして感じました。

物とかお店の造りとかライトアップするととてもステキなのですが、やはり要は此処で働いている人の対応で印象が変わってしまうということです。この人達にまた逢ってセットしてもらいたい、話がしたいと思わせるのでした。(勿論技術も大事ですけれど)美容室でこんなにくつろげたのは初めてでした。 (hoso)

グレープフルーツの香り

そろそろ本格的に『春』ですね。

私は仕事柄3月は「年度末」のため、

どたばたしております(普段も変わらないけど)。

気分も憂鬱だし、やらなきゃいけないことが多くて

滅入る一方です。

こんなとき、私は「グレープフルーツ」の香りに助けられています。

この香りは心理面では、気分を明るくし、幸福感を感じさせてくれます。

中枢神経のバランスをとる作用があるので、うつ状態を安定させます。

また、中性脂肪の分解させる作用があるので、生活習慣病改善や

ダイエットにも役立ちます。ちなみに、頭髪の育毛促進にも効果が

あるようです。

セルフケアの一つとして、自分のお気に入りの香りを知っておくことは

とても大切だと思います。

興味のある方は、ぜひ一度試してみてください。

(玲)
 

焦らず。

産業カウンセラー試験、合格された皆様、おめでとうございます。そして、残念だった方には、次回を目標に、新たにスタートしましょうって、お伝えしたいです。

さて、私もカウンセラーを志す一人として、日々自己研鑽…と思う毎日です。コツコツでもいいから私のペースで何か続けていたいと思います。たとえば、興味のあるセミナーに参加して知識や技術を身につけて、周りの人に刺激を受けながら自己を省みる、さらに内容を膨らませて…。こうありたいなあと思いますが、なかなか日々過ごしていると難しいものですね。お金も高いしなぁ。うーん。

そんな時、思い出すのは一番最初にカウンセリングというものに出会った時に教えていただいたこと。それは「自身の感受性を豊かにする」ということ。本を読んでは空想してみる、映画を見ては涙する、季節の食材を口にして、美味しいなぁと感じる、散歩道で季節を感じる…。人それぞれ、感受性を豊かにするお気に入りの方法は異なると思いますが、日常の生活のそんな一コマはとても大切なことなのだなーって思うのです。

カウンセラーを目指しながら「こうでありたい」という具体的なイメージを作り上げるにはまだまだの私ですが、人として、そしてカウンセラーを目指す者として感受性を豊かにする努力をしながら、少しずつ進んで行きたいと思うのです。焦らずに。

(Yokkori)

合格の便り

産業カウンセラー試験の結果が受験者に通知されました。

たくさんの方からご連絡をいただいています。

喜びの声、そして残念ながらいい結果にならなかった方も。

勉強会では、講習の前と後にちょっとだけ雑なおしゃべりをさせていただいた私、

実は受験生だった。私も合格通知を手にすることができた。

・合格された方、おめでとうございます。

これがゴールではありません、スタートラインに一歩近づいたに過ぎません。これからですよ、これから!!。

早くスタートラインにたてるように私も頑張ります。

・残念ながら不合格の方へ。

試験は必ず100人受験すれば約30人は落ちるんです。今回は運悪くこのラインに乗らなかっただけです。特に素直な性格だと落ちやすい気もするし・・・。

また試験は来年受けましょうよ。

いろいろ忙しい生活の中で勉強することも大変だったと思います。良く頑張ったと思います。

今回の結果は、あなたのカウンセラーとしての素質とかあなたのカウンセリングマインドを否定されたものではありません。あなたが受容、共感、自己一致を忘れていない事は私たちが知っています。ちょっとミョーな出題にひっかかっただけです。

そしてもうひとつ、あなたの周りにはこの春、たくさんの「産業カウンセラー」が誕生したはずです。その仲間たちに協力してもらいましょう。

来年は大丈夫です。

2008年度もライフサポート・サークルを

よろしくお願いいたします。

(誠)

« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »