無料ブログはココログ

« 2008年2月24日 - 2008年3月1日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »

2008年3月2日 - 2008年3月8日の4件の記事

【高崎】メンタルⅡ種勉強会

高崎でメンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種の試験対策勉強会を実施いたします。

日時:平成20年7月5日(土)、19日(土)10:00~16:00
8月2日(土) 団体特別試験(検定試験)

場所:高崎市総合福祉センター
(http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/shakaifukushi/s-f-center/index.htm)
参加費:15000円(団体試験料込み、公式テキスト代別)

定員:20名
(10名未満の場合は、団体試験の実施ができませんので、開催を見送らせていただきます)

お申込みは、こちらからお願いいたします。

みなさんにお会いできるのを楽しみにしております(*^_^*)

(おなけん)

目標…

目標を持つことはあまり重要ではないな~、と感じます。
組織では「目標、目標」と言われ、社員の意思統一のために必要かもしれませんが、個人レベルではあまり必要ではないな、と思います。
自分自身を振り返って、自分自身に目標を持っていたときは辛かったです。それを実現するためにがんばらなくてはいけない、途中でやめてはいけない。最後にはストレスにしかなりませんでした。
個人は方向性を持てば良いのではないかと思います。例えば、人と接して楽しい気持ちになるとか、いろんなことを考えて充実感・納得感を得るとか、人が喜ぶ顔が見たいとか。そうすると色々な方向から様々なアプローチができることがわかります。
「カウンセラー」になるとしてしまうと、カウンセリングする場がないとか、知識や経験がないとか、マイナス面ばかりに目が行きます。しかし。
「カウンセラー」になりたい背景に「人の喜ぶ顔が見たいし、それを支援したい」という想いがあるのなら、別にカウンセリングだけがその手段ではありません。家族や地域の人、あるいは同僚などのいろんな人の話を聞いてあげるだけでも十分です。そして、そこから多くのことを学んでいけます。別にカウンセリングと格式ばる必要はありません。自分が望むことを実現するためにできることをしていけば良いと思います。そして、そのために努力をすれば良いでしょう。すると努力は「苦」ではなくなり、「楽」になります。

私自身は「人とふれあい、みんなで支えあい、楽しく生きたい」という想いがあります。ですから、共感してくれる人をつくるために勉強会をしたり、そうなるためにはどうしたら良いかについて考えたり、本を読んだり、話を聞いたりしています。だから傍目には大変そうに見えますが、結構楽しんでやっています。
人前で話すのだけはまだ苦手意識が抜けませんが(*^_^*)

(おなけん)

出張でして・・・

代理として書いています、読んでいる方すみません。

書籍を読んでの感想のような、お勉強的な内容が続いているようで、ここいらで少し日常をのことを書かせていただきます。今日は雛祭り。

桃の節句です。女の子のおうちでは、お雛様を飾っている家もあるでしょう。うちは男の子2人なので、関係ないのですが、それでも!

ちらし寿司を作った方がいいのかなぁ、とか。子供たちが、貝の味噌汁が好きなので、うしお汁ぐらい作ろうかなぁ、などと。毎年、スーパーに行くと考えてしまうんですよ。「明かりをつけましょ~」なんて、曲までかかっていると何かしなくてはいけないような気がして(^^;)。

つい、この前も「お母さんは、いつからお雛様しなくなったの?」と子どもに聞かれ、考えてしまった。一応、「結婚してからかな」と答えはしたものの、中学生くらいから(?)お祝いしていないような・・・。お雛祭りって、子供のイベントって気がするんですよね。

母親になると、何か季節のお料理を作らなきゃいけないのかなー? て気もして、やらないといけないような、でも男の子だし・・・。近所で女の子はいるんですけど、お呼ばれしたりとかそういうことはないし、ねぇ。

もちろん、地域にもよるし、人によってはお雛様を見にどうぞ、というおうちもありますよね。流し雛をするところだってあるし。ひな祭りの日に人形供養をするところもある。だから、そういうお祭りが身近にあると子供も大人も楽しめるんですけどね。

あんまり今は、お雛様を見においで、なんて声をかけるには、うちのお雛様そんなに立派じゃないし・・・。家も狭いし・・・とか気を使ってしまって、友達同士で気軽に楽しむには、新興住宅地のイベントとしては、不向きなのかな、て気がします。

それでもこの時期、何かしなくてはいけないのか。女の子のお祭りだけど、何か作るべきか、無視するべきか。スーパーで悩む主婦は、きっと私だけではないはず、と思いつつ、普段と変わらない献立の家も多いんじゃないかと思うのだけど、どうだろう?

とりあえず、我が家では桃の花を飾ってみました。

(おなまり)

イメージ

イメージは大切です。「自分はどうせ大したことはできない」「価値がない」などマイナスのイメージが強いとやはりその程度にしかなりません。

自分におごることなく、謙虚な気持ちで、しかし積極的・前向きなイメージをもつことは非常に大切です。私自身がそれによってずいぶん変わることができました。

リンカーンは次のような言葉を残しています。「人間は自分が幸福になりうると思う程度しか幸福になれない。幸福とは心が決めることである」

ナポレオンは「人は自分がなせると思う程度以上のことはなしえない」と言っています。

自分のマイナスイメージは確立せずに、プラスイメージに塗り替えみてくださいね。

(おなけん)

« 2008年2月24日 - 2008年3月1日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック