無料ブログはココログ

« 「要塞町」(NHKスペシャル) | トップページ | カラーのお話 »

試験に向けて。

いよいよ12月。クリスマス・年末年始、そして
試験と(笑)イベントが続きます。
さて、試験勉強の方法について今日は書きたいと
思います。

・サークルのテキストに目を通し、各章の
 終わりの「確認テスト」や過去問、サークルの
 講座にご参加いただいた方は、その時にお配り
 した練習問題やレジュメをとにかく解く。
・間違った問題の確認も兼ねて、サークルのテキ
 ストや協会のテキストに目を通す。

テキストを「暗記」する前に、目を通して
なんとなく流れが理解できたらすぐに問題を
解くのです。
結果的にどの問題も答えられるようになれば
自信がつきませんか?
これはあくまで私には「あう」という勉強法
ですので、もしよろしければご参考ください。

私はこう見えてもへんなところが真面目と
いいますか。
とにかく最初から、そしてきちんと「暗記」
しなければいけないという考え方でした。
でも暗記は大の苦手で、受験では世界史
や日本史とともに選択科目に「数学」が
ある学校しか受験できませんでした(泣)。
しかし。
産業カウンセラーなどの資格試験などに
チャレンジするうちに、
「暗記ぢゃなくて『理解』すればいいのかも」
となんとなく思うようになりました。
テキストを最初から「覚えよう」とすると、
暗記大好き!という方を除いて、途中で
いやになってきてしまうと思うのですね。

しかし。
問題を解いて、間違ったところって
「何で間違ったんだろう??」
と興味深く取り組めるので、自然と頭に
入るのです。
また、
「こんなふうに問題化するんだ」
という出題パターンもなんとなくわかってきます。
そして、
「次は間違えない!!」」と
へんな反骨精神(笑)が芽生えるのか、ゲーム
感覚で取り組めます。
結果、過去問などをひととおりやってから
テキストを見ると。
不思議とすっと頭に入る気がします。
「あ、ここ、何回も間違ったところだ」
とか、
「あ、ここってあの問題を解いたときに探して
いた箇所だ!こんなところに説明書きがあった
んだ」とか。
記憶が結びついてくるんですね。そして。
そういうイメージで覚えると意外と忘れにくいんです。

そんな感じで試験前日まで勉強した気がします。
そして最後の日は、過去問などをとにかく解いて、
「これだけ正解率たかいんだからだいじょうぶ」
と繰り返し唱えて試験に臨みます。
あとは神のみぞ知る?でしょうか。

勉強方法は人それぞれです。
「あ、こんなのもあるんだなあ」と選択肢の一部に
いれていただければと思い、書いてみました。
試験まであと2ヶ月弱。今からでも十分に間に
あいます。
体調管理と気持ちの管理(セリエのいう、
『疲はい期』に試験日があたらないように(笑))
も気を配って、試験日まで過ごしてくださいね!
(iwase)

« 「要塞町」(NHKスペシャル) | トップページ | カラーのお話 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/43326308

この記事へのトラックバック一覧です: 試験に向けて。:

« 「要塞町」(NHKスペシャル) | トップページ | カラーのお話 »