無料ブログはココログ

« 自殺、他殺?それとも・・・ | トップページ | 今年最後の挨拶 »

心理テスト 18

さぁ、今日でいよいよ心理テストについても終わりです。年末年始で勉強をしようと思っている方も多いと思います。あれこれ手を出さず、今、手元にあるものをしっかりとマスターするようにしましょうね。

さて、今日はバウムテストとPFスタディ、そしておまけでTATも確認しておきましょう。

●バウムテスト

スイスのコッホによって公刊された、画用紙に樹木を描かせるパーソナリティ検査。検査の実施方法が比較的簡単であることから、低年齢にも実用的であり、病院や児童相談所などでも利用されています。ただし、解釈にはそれなりの理論的知識と訓練が必要です。

所要時間は5~30分程度で、適用年齢は3歳以上です。

●PFスタディ

これはローゼンツヴァイクによって開発された、9つの反応型に分類してパーソナリティを把握する検査です。24の日常で起こる欲求不満の場面を描いた絵を見て、受検者がそれに回答する形で言葉を書き込み、この応答の反応から欲求不満に対する反応の3種類の型と方向との組み合わせによる9つの反応型に分類して、人格の傾向を明らかにするものです。使用するには実施法、評点法、整理法および診断解釈法に習熟していなければなりません。

所要時間は15~20分程度で、適用年齢は15歳以上(成人用)です。

●TAT

アメリカのモーガンとマレーによって開発された、ある場面・情景を描いた29枚の絵と1枚の白紙図版から構成され、それらに対してつくられる空想的な物語の内容から人格の特徴を明らかにしようとするテストです。絵画・主題統覚検査と呼ばれることもあります。

所要時間は1枚につき5~10分程度。全体として1~2時間。適用年齢は15~16歳以上です。

今年も1年お付き合いいただきありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。(玲)

« 自殺、他殺?それとも・・・ | トップページ | 今年最後の挨拶 »

心理テスト 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/43575189

この記事へのトラックバック一覧です: 心理テスト 18:

« 自殺、他殺?それとも・・・ | トップページ | 今年最後の挨拶 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック