無料ブログはココログ

« 新しい手帳 | トップページ | 焦りは禁物 »

届くか?社会保障の手

毎日のように雇用環境の悪化がニュースで取り上げられています。
派遣社員の契約打ち切り等、大問題ですね。

そもそも、製造業などへの派遣は、派遣業界のかなりの圧力で法改正が実現されたもののはずです。
業界は自分たちの利益をあげるために、派遣社員が働ける場所を拡大しました。
受入側は柔軟な雇用が可能として受入をしてきました。

そしてそれが実現してからの初めての不況です。

経営側はこの柔軟な雇用を現実的に動作させようとしています。
派遣社員側は、職場の安定確保を求めています。

さて、派遣元はどうするのでしょうか?
派遣元の会社もぜひ責任ある対応をお願いしたいところです。

この中で、政府も社会保障を拡大しようとしてはいます。

問題は、その保障が本当に必要な人に届く事ができるか、です。

実際には、本当に必要な人が、その制度、手続きなどを知らなかったり、
情報を得る事ができなかったりして適応するべき人が適応されていない
ことが多々あります。これは障害者でも例外ではありません。

経済的なことは、もちろんカウンセリングそのものでは解決ができません。

しかしカウンセラーとして、経済的問題、雇用問題の相談をされた時に社会保障の
受け方はきちんとお話できるようにしておきたいと思っています。

(誠)

« 新しい手帳 | トップページ | 焦りは禁物 »

障害と精神保健福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/43486127

この記事へのトラックバック一覧です: 届くか?社会保障の手:

« 新しい手帳 | トップページ | 焦りは禁物 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック