無料ブログはココログ

« 今の自分。 | トップページ | atarimaeプロジェクト »

期待と批判

最近は、解散総選挙を筆頭に政治関係のニュースを見ることが多くなった気がします。

ワイドショーやニュースのコメンテーター・街頭インタビューでは、今の何々党は「あれがだめ、これがだめ」とか、欠点探しと批判ばかりのような気がします。子育てでは子どもの良いところを認めて、ほめてあげることが大事ですし、人との良好な関係づくりには、その人の良いとこ探しからはじめるのが基本です。もう少し政治家にも期待してあげて、良いところを探して、伝えてあげても良いのではないかな、と思いました。

それと、もし期待できるような人がいないのなら、いっそ裁判員制度のように、議員もランダムに国民・市民から抽出して、任命してはどうかとも思いました。期待できないのなら、何らかの改革をする必要性があるのではないでしょうか。他人に期待したことが実現できない、あるいはできそうもないことに対して不平不満を言うなら、可能な限り自分で行動するということを、個人的には意識しています。

期待と改革・変革(他人に期待できることは期待して、期待できないときは自分で行動を起こすこと)、この2つの点から自分の行動指針を見つけていきたいと感じました。これからも不満があることで、自分ができることから少しずつ自分の行動を変えていきたいと思います。

(おなけん)

« 今の自分。 | トップページ | atarimaeプロジェクト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 期待と批判:

« 今の自分。 | トップページ | atarimaeプロジェクト »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック