無料ブログはココログ

« ボケの入り口 | トップページ | 11月の最後の日 »

「青」再生計画。

もしかしてすでに書いたことがあるかも
知れません。2度目の方、申し訳
ございません(笑)。

昨日、眠る前に久しぶりに宮本輝さんの
「青が散る」を読みました。
この本と出会って20数年。事あるごとに
読み返している、「バイブル」でもあり
ます(笑)。
学生時代の多感な時期から今まで、読み返す
たびに泣く所や、考えさせられる場面が
違います。そのたびに自分が変化している
ことに気づかされます。

昨日感じたことは。
すごく青臭いことなので割愛します(笑)。

この小説は主人公の大学4年間の様々な
人間模様です。「青が散る」の「青」
は青春といういう意味だと勝手に思っており
ます。青春は散るから(終わりがある)から
こそ「青春」たる所以なんだ、という
感じでしょうか。
その意味からすると、私は1度散らして
おります。社会という大人の世界で、
「そんなあおいことばかりやってらんない」
と、模索してまいりました。
ただ。
もう一度、散ったはずの「青」を再生して
みたいと思うのです。
次の青は、前の青よりもっと鮮やかな青
になればなあ・・・と。
何言ってるかわかんないですよね。
妄想癖が最近復活してまいりました。

ともかく。
「青」いわゆる「青春」は1回とは限らない。
そう思ったのです。
1回目のようなわけにはいかないと思いますが、
2回目の「青」に向かって今、わくわくしている

わけです。
「勉強」もその一つです。無心に知りたいことに
向かっていきたいと思います。
身体がついていく限り(泣)、2度目の青春を
楽しみたいと思う今日この頃です。
(iwase)

« ボケの入り口 | トップページ | 11月の最後の日 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/43253114

この記事へのトラックバック一覧です: 「青」再生計画。:

« ボケの入り口 | トップページ | 11月の最後の日 »