無料ブログはココログ

« 家族の11の定義を振り返る | トップページ | グラッサーの選択理論をベースとした勉強会の開催 »

心理テスト 6

今日は心理テストの6回目、質問紙法の4つめ「GHQ」のご紹介です。このテストの正式名称は「The General Health Questionnaire」。イギリスのゴールドバーグによって開発された神経症や心身症を中心とする非器質性、非精神病性の疾患の症状を把握することを狙いとした質問紙です。日本では1985年に因子分析の結果をもとに「日本版GHQ精神健康調査票」として公刊されています。検査の質問項目は、精神的健康度の指標として、①身体症状、②不安と不眠、③社会的活動障害、④うつ状態、に関する因子から構成されていて、所要時間は10分程度です。適用年齢は12歳以上で実施が簡便で採点も容易であり適用範囲が広いことから、企業・学校・医療機関などで利用されています。

「GHQ=ゴールドバーグ」

人名も覚えておきましょうね。

(玲)

« 家族の11の定義を振り返る | トップページ | グラッサーの選択理論をベースとした勉強会の開催 »

心理テスト 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/42640241

この記事へのトラックバック一覧です: 心理テスト 6:

« 家族の11の定義を振り返る | トップページ | グラッサーの選択理論をベースとした勉強会の開催 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック