無料ブログはココログ

« jobカード6 | トップページ | いつもの話 »

労働経済白書

久々に(というか1年ぶり)に労働経済白書を

読みました。毎年7月下旬から8月上旬に

発表になる厚生労働省作成の資料です。

全部を読むとかなりの量です。

資料ですからグラフとか数字が多いわけですが、

項目ごとに分析も記載されています。

例えば「仕事の満足度の推移」のグラフをみると

コメントとして、「近年は景気回復のもとで、

雇用の安定に対する満足感は改善したが、

収入の増加や仕事のやりがいに対する満足感の

改善は小さく、休暇の取りやすさに対する満足感

は、むしろ悪化」なんて書いてあります。

私も働く人の1人として、この資料を読むと

「そう、そのとおり!」と思うことが多いです。

中間管理職の立場としては、

非正規雇用者が半数近く私の会社にいますから

「正規雇用にするべきでは」なんていう会議を

したりしているのですが、経営サイドの言い分も

わかるし・・・とこれも白書に掲載されている実態に

似ています。

つくづく「働く」ということが当たり前の簡単なことの

ように思いがちですが、なかなか難しいなぁと感じる

ことも多いです。

そして、カウンセラーとしてどうこうの社会に貢献

していくべきなのか、も考えさせられますね。

(玲)

« jobカード6 | トップページ | いつもの話 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/42068589

この記事へのトラックバック一覧です: 労働経済白書:

« jobカード6 | トップページ | いつもの話 »