無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の26件の記事

キャリコン試験が終わった

今日は、キャリコンの実技試験でしたね。
昨日、今日、昨日だけの方、お疲れさまでした。

実は私も受験生でした。
試験の出来はともかく会場でたくさんの人に声をかけていただきました。
ありがとうございます。

今まで自分の参加した講習やお手伝いした勉強会でたくさんの人が私の顔を知っていただいた
んだと思うと嬉しいです。
中には私のほうがどうしてもお名前お思い出せない方までいました。

もっとも産業カウンセラー、キャリコン勉強会の講師は私じゃないのでこの人気(?)は
講師のおかげなんですが。

できなかったと思う人へ。。。

みんなそんなものです。あなただけができなかったわけじゃないから、可能性は同じです。
力を出し切ったのだからあとは結果を待ちましょう。

自信ある人へ。。。

お疲れさまでした。今日はゆっくり休みましょう。
また次の目標を何か持ちましょう、試験だけでなく、仕事でも趣味でも、独身の人は恋愛でも、スポーツでも。。。
常に自己研鑽ですよ!!

ちょっと燃え尽きそうな人は講師、スタッフまで一言。。。

そして、産業カウンセラー養成講座が中盤の人へ。

養成講座、ちょっと今が苦しいところです。みんなで助け合ってこの9月を
乗り切りましょう。実技免除の審査にも入る事と思いますが、今まで前半の
ことをしっかり認識すれば大丈夫。


☆キャリコン受験生のすべての方へ。

お願いがあります。
昨日、今日の試験の問題と回答を覚えているものだけでいいのでメールを下さい。
1問だけでも、回答か問題だけでもokです。

また、私たちのサークルの勉強会に参加された方、資料だけみた方、勉強会の感想と
資料の感想をお寄せ下さい。
当たった、全然当たらない、勉強会意味なかった、参考になった、声が小さいなど、厳しい意見も
また激励もお待ちしております。
より素直な意見をお願いいたします。

よろしくお願いいたします。
(誠)

なにかしたくなる季節になってまいりました。

今日はキャリコンの試験です。
私はこの資格はまだ持っていませんが、講座の
手伝いをしたときに拝見した受講生の方々の
真剣な姿に、
「自分もうかうかしてられないなあ」
と感じることができました。
ありがとうございました。
きっと受験される方はとても不安で、また
緊張されているとお察しいたします。
ただ。
一生懸命に、試験に臨もうと
努力されている
その姿勢や懸命さは、僭越ながら客観的に
拝見させていただいた私、ひいては講師が
一番に感じていると自負しております。
第三者が感じることってかなり信憑性があり
ますよ!!
私も来年には挑戦しようと思います。
きっとその時はすんごく緊張していると
思われますので、受験の先輩である皆様。
是非ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い
致します!
受験生としての後輩予備軍として、心より
応援しております。
貴重な時間を費やして努力したことって
自信になりますよね。それを忘れないで
試験に自信を持って臨んでください。

さて。

もう夏もそろそろ終わりかな、と思わせる
気候になってまいりました。なにか学びたい
意欲も高まってきたりする、そんな時期です
よね。
先日、サークルのスタッフと話をしており
ました。流れで、自分の治したい性質や性格
、そんなことを話していると、
「なんでそうなったか」「なんでそう思うように
なったか」「なにがきっかけだったのか

会話の中でですが、そんな風に考えさせられる
ことで、自分の今までの経験のなかに、それらの
理由となる事柄と結びつくことがたくさんあること
に驚きました。

そうです。何気ない会話が知らない間にカウンセ
リングになっていたようです。
こんなこと、このサークルのメンバーとの会話の
中ではよくあることです。
きっと意識しなくても相手の話を聴くという姿勢、
いわゆる「傾聴」の姿勢ができているんだなあと
改めて実感。

「傾聴」というと、ひとつの技法として捉えてしまい、
「特別な術」となってしまってはいないでしょうか。
カウンセリングの時に出来ていればいい。そんな風
に思ってしまったりしていないでしょうか。
日常の生活で、傾聴がきちんとできるということは
それだけで少なからず人の役に立つんですよね。
「カウンセリング」と銘打たなくても、何気ない会話
が知らない間に相手に気づきを与え、問題解決に
促すことができるわけですから。
そんなことを改めて会話の中で感じたわけです。
ただ、体得するにはやはり日頃からの自己研鑽が
欠かせないと思います。そのためには、日常の生活
で意識していくだけでなく、定期的に傾聴を学ぶ場
を持つことも大切だと感じます。

9月から、産業カウンセラー実技試験対策も兼ねて
傾聴の講座が始まります。
実技免除に向けて・・・という方や、実技試験に
備えて・・という方はもちろん、傾聴についてもっと
学びたいという方。もしよろしければ是非
「自己研鑽の場」にしていただきたいと思って
おります。内容は、試験に向けての対策・・・と
いうことにおもむきを置きますが、傾聴についての
再認識や自己研鑽にも役に立つようにしていきたい
と考えております。
お会いできることを楽しみにしております!
(iwase)

いよいよ明日

明日、いよいよキャリア・コンサルタントの試験ですね。
直前になって、必死に勉強されている方、「あれがわからない、これがわからない」とかで慌てている方や、あきらめモードに突入している人、様々だと思います。いくら勉強しても知り尽くすことはできないので、今の状態で「よし」として、復習を心がけてくださいね。
みんな焦っています。不安です。だから、今のみなさんの気持ちは正常なんです。あとは「これで良いんだ」と
開き直るしかないと思います。大丈夫です(^^)勉強したんですから。あとは、しっかり眠って試験に挑んでください。絶対試験場には行ってくださいね
そして、試験場では諦めることなく、3つの試験を全部受けてくださいね。「失敗した」と思って、途中帰りたくなるかもしれません。でも、往々にして他の人も一緒です。諦めないで!(^^)!

「ダイバーシティ」なんかは臭そうですね。

ともかく、後は①復習、②早めに寝る、③会場に行く、④最後まで試験を受ける、⑤家に無事に帰る、ことを心がけてください。

応援しております。


(おなけん)

お知らせいろいろ

★産業カウンセラー学科試験対策勉強会を1クラス追加いたしました。日程は、10月26日(日)~とキャンセル待ちとなっています勉強会の日程と同一です。勉強する順番は異なりますが、担当する講師は基本的に同一です。

【東京2】10月26日(日)~産業カウンセラー学科試験対策勉強会(全3回)

産業カウンセラー試験対策テキスト完成-販売中-

9月7日(日)10:00~16:00 傾聴勉強会(産業カウンセラー試験対策)
養成講座に通われている方は実技免除試験の対策のために、実務経験等で試験を受けられる方は、事前の準備のために、ぜひ当勉強会を活用していただければと思います。10月5日にも同一の勉強会を開催いたします。

エリクソン催眠勉強会(基礎)【限定10名】
気軽に催眠を学んでいただくための勉強会です。「催眠」=「イメージ」の力を実感していただけることでしょう。有意義な勉強会になると思います。
催眠勉強会(基礎)の次回開催は来年の2月頃を予定しておりますので、今回都合が悪くてご参加できなかった方は、ぜひご参加ください(*^_^*)

その他、10月以降、選択理論や交流分析等の勉強会も開催いたしますので、産業カウンセラーの資格取得の勉強会のみならず、取得後の方たちにもご参加いただける勉強会をしていく予定です。当サークルからのお知らせとして、メルマガに登録していただくと幸いです。


(ライフサポート・サークル)

心理査定について

今週から、産業カウンセラーが知っておくべき

心理テストについて一緒に勉強していきたいと

思います。あくまで試験対策用ですので、

興味があるテストについてはご自分でより深く

勉強してくださいね。

今日は、キャリコンの試験でも重要な

職業適性検査についてです。

勉強をされている方はすぐに

「○○○○」と思い浮かびましたか?

アメリカ労働省によって開発された

テストでしたよね。

日本では、「厚生労働省編一般職業適性検査」

と呼ばれています。

適用年齢は中学2年生から40代まで。

所要時間は紙筆検査が約50分、器具検査が約20分です。

検査の内容は15種あり、9種類の適正能力が測定されます。

来週は職業興味検査です。

職業興味検査といえば「○○○」ですね。

※職業適性検査・・・GATB

(玲)

チャンプルーな話 心と栄養

この1週間で関東はすっかり気温が下がり、8月とは思えない日もあり、日曜は冷たい雨。夏の疲れが出る頃ですし、体調を崩さないように、気をつけましょうね。美味しい季節の野菜と良質なたんぱく質を十分いただきましょう!最近はグリーンカーテンとしてゴーヤが家庭でもたくさん作られるようになりましたね。そんなこともあってゴーヤチャンプルーが家庭料理に登場する機会は高いのでは?我が家は土日レンチャンです。というのも、ゴーヤが実家からわんさか送られてくるのです。ありがたいことです。ところで、チャンプルーといえば、麩チャンプルーも美味しいですよ!麩も良質な蛋白ですから利用価値は大きいです。どちらのチャンプルーも豚肉、モヤシやニラ、その他冷蔵庫の残り野菜を入れて。以前紹介した島コショウ「フィファーチ」を入れて風味付けしたら、ほら、スタミナバッチリのメインディッシュ!…これって何人分?ってほどの量を作ってしまうのが私の欠点ではありますが。。。

ところで、食べ物の話になるとつい止まらなくなる私ですが、最近は心の働きと栄養の関係について考えさせられることが多く、その方面の情報を仕入れることが多くなってきました。心-脳の働きと栄養状態の関係は、他の脳の研究と同じように、まだまだ解明されていないことも多い領域のようです。しかし心の問題の顕在化、そしてこれまでの薬の効果と副作用についても賛否論じられるようになっている中、栄養面でのアプローチは注目を集めています。脳は神経細胞の集まり、それは栄養状態と無関係ではありえません。脳の健康のために食べるという日常会話は定着しにくいにしても、心も体も元気に過ごせるように栄養バランスを考え、そして「美味しく」いただくことが大切ですよね。

では本日は…ローザンヌのオリンピック博物館前にあるブロンズ像を載せてみました。昨日の日曜日で北京オリンピックは閉幕しましたね。目標に向かって歩むアスリートの皆さんの美しさを再認識する日々でした。(Yokkori)

Photo

ネットカフェ難民

ついに厚労省がネットカフェ難民に救済の手を出すそうです。
公共職業訓練の受講を条件に月に15万。
雇用能力開発機構の技能者育成資金を活用するらしい。いわいる日本版デュアルシステムという
方式で行う。
対象は30代までの住居喪失不安定就労者、という人を想定するらしい。

今日の時点での情報はここまで。また詳細は発表されることでしょう。

しかし、世の中には40代以上でも、ネットカフェ以外での住居喪失の人はいるはずなんですが、
その人たちへの対策はないんでしょうかね?

ネットカフェ、とか30代とかという区切りが私には不思議です。
また想定される人数は5400人くらいだそうですが、どんな数字なんでしょうね。

まあ初めから理想的な制度は難しいと思いますが、年齢、性別、場所などに差をつける事なく
努力する人への救済であって欲しいものです。

今日はキャリアコンサルタント試験対策の講習でした。
今日も雨の中、満席状態。ありがとうございます。
来週はいよいよ試験です。
そして、私たちの講座は、産業カウンセラー試験、メンタルマネジメント検定の対策と進んでいきます。

関東ではちょっとだけ気温が下がって勉強しやすい1週間になりそうです。
みなさん、自信を持って最終確認と行きましょう。

(誠)

平成20年度試験版・産業カウンセラー試験対策オリジナルテキスト完成

ようやく完成いたしました

産業カウンセラー協会のテキストの改定に対応した「平成20年度版・産業カウンセラー試験対策オリジナル・テキスト」です。
A5版の3部作(本丸編、二の丸編、三の丸編)の合本(1冊)です
(総ページ約200頁・製本)。

内容は、産業カウンセラー養成講座のテキストをベースにして、各単元ごとに要点整理(参考文献、他参考)し、1問1答の確認テスト(平成10年から16年の過去問参考)を設けました。重要度に応じて「本丸編」「二の丸編」「三の丸編」の構成になっております。

価格は2500円(送料込み)です。商品到着後ご覧になって思ったのと違った場合は、1週間以内であれば返品を受け付けます。

◇以前に当テキストを購入された方からの声◇
「テキスト、すばらしいですね。きちんと勉強頑張りたいと思います。ありがとうございました」
「非常に素晴らしい内容で満足させて頂いております」
「産業カウンセラーの奥の深さを感じながらページを捲らせてもらっています。大事に読ませていただきます」
「テキスト到着し、拝見させていただきました。このまま使わせていただきたいと思います」
「対策テキスト、大変ありがたく使わせていただいております」
「ポイントをコンパクトに上手くまとめてあると思いました。復習に活用させていただきます」
「早速中身をパラパラと拝見致しましたが、思っていた以上に内容が充実してるのを感じ、とても嬉しく思っています」
「とても分かり易く解説やまとめがされていて、強い味方になってくれそうです」
「中身ぱらぱらと見せていただきましたが、すごく安心して勉強に望めそうです」
「とても見やすく、気に入りました」

申し込みは、こちらまでメールでお願いいたします。
メールの際は、件名に「産業カウンセラー・オリジナルテキスト希望」とご記入の上、「お名前、メールアドレス」をお知らせください。
折り返しメールいたしますので、その際お届け先等をお知らせください。

よろしくお願いいたします。

(ライフサポート・サークル)

ありがとう、上野選手。

お盆あたりから昨日にかけて、客足が今まで
にないくらい止まってしまいました。
過去、こんなことはなかったくらいに
ばったりと止まってしまい、かなり気分は
ブルー。毎朝、もう殆ど「出社拒否」状態で、
気分がどろっどろのまま自転車をこいで
おりました(笑)。

いきなりシビアなお話で申し訳ございません。
でもこんな時、自分が選択したときの固い意思が
ぐらつくのです。弱いものです・・・。
そして同時に、
「このままこの調子だったらどうしよう。これから
先このままの状態だったら店ができなくなる。」
という不安も無限に広がり、さらに落ち込むという
悪循環で。いやいや、さらにシビアな内容で、
さらに申し訳ないです・・・。

そんな昨日。
家に帰ると、まさにタイムリーに、女子ソフト
ボールの金メダルの表彰式が放送されていました。
オリンピックは正直あまり観戦していなかったのです
が、男子サッカーと女子ソフトボールはなぜか応援
していました。
ソフトボールに関しては公式種目として今年が
最後、ということもあって、メダル、というよりは、
楽しんで思い出をつくってくてくれたらいいなあと
いう思いでした。それが「金」!
上野選手のコメントの、
「どんな状況に立たされるか考えて悩むより、
何かが起きたときにどう対応できるかを大切にして
いる」
という一節に、はっとしました。

この言葉は、あれだけのすごく大変な思いをした人
のものなので、私には正直「共感」のできるもの
ではありませんでした。究極のプレッシャーを感じ、
そしてそれを跳ね返す努力をしたことのない私には
まだまだ感じ得ない思いです。
ただ、これから先、このように考えて、行動していく
ことが与えられた課題なのかな、という意味で
はっとしたのです。
今の状況を不安に思って悩むよりとにかく前に
進む。そして具体的な問題に遭遇した時に、すぐに
改善できる方法を常に考えておくこと。
これが今後、私のとるべき行動かもしれません。
いつか、上野選手の言葉に「共感」できるように、
私も頑張ろうと思います。

そんなこともあり、今日はいつもより2品多く
お菓子を作りました。結構単純です。(笑)
すると先ほど電話がなり、
「今日はお菓子、なにがありますか?」
というお問い合わせが。うれしい。
率直な気持です(笑)。

前向きにこれからやっていこう。でも人間だから
また落ち込むだろうし、転んで怪我もする。
その時にどうしたらいいか。それを常に考えながら
行動することがこれからの課題となりました。
(iwase)

図書館での出来事

先日図書館で勉強していたときの話です。

1人の小さな子(2,3歳?)がビデオを借りるのにどちらかを選ばなくてはいけなかったようです。でも1つに決められずどちらも借りたいと泣き叫んでました。

母:「どうするの、どちらか1本よ」

子:「やだー やだー(泣)」

母:「そんな聞き分けのない子は車の中においてくるよ」

子:「やだー ヤダー (大泣)」

延々とこんな会話が続いていて、、(もちろん声をひそめるでもなく普通の声の大きさでしゃべっているので、館内に響いてました。)

その日は結構勉強している学生も多くてみんなその様子にびっくり。私も ちょっと勉強しているこちらのみになってよと。。。心の中でつぶやいてました。ふつうならもっと小さい声で子どもをさとすとか・・・いったん外に出てはなしをするとかするでしょ、と思うのですけどそんなこともまったくするでもなく。(はー)

でも誰も注意しにいかないのですよね。一昔まえならすぐに館員さんがとんでいって、静かにするようにいっていたものですが、最近はそういうことはしなくなったみたいで。時代はかわったなーとつくづく思ってしまいました。(私は、一瞬注意しにいきたくなりましたが、それはできませんでした(恥))(hoso)

試験に向けて

日曜日以降、なんとなく「もう秋かな」

と感じさせる気候ですね。

皆さんも体調管理には十分気をつけて

くださいね。

そろそろキャリアコンサルタント試験

が近くなり、受検される方は焦ったり

弱気になったりしている方も多いのでは

ないでしょうか?

本番直前になると、失敗を恐れて

「ちょっと風邪気味だからなぁ」とか

「仕事が忙しくて勉強できないからなぁ」

なんて口走りたくなりませんか?

失敗したときの言い訳として、

自己弁護しちゃうんですよね。

でも、マイナスをイメージするのではなく、

「自分はこれだけやったんだから

大丈夫。この資格をとったら、

●●に活かすんだ」と口に出して

みてください。

自分が達成したいことをイメージして

口に出して言えば言うほど、それが

達成される確率が高くなるという

「強化の法則」ってあるんです。

勉強会に参加したり、自学自習したり、

試験に向けて自分なりに挑戦してきた

のなら、「自分は合格して、●●に活かす!」

と強くイメージしましょう。

あとは、体調管理に気をつけて

がんばってくださいね。

(玲)

宇野千代さん

皆様お変わりありませんか?日曜日の東京はとても涼しい日でした。雨も降り、体感は天気予報よりずっと低く感じました。我が家の愛犬も丸まって寝ていました・・・。季節は確実に移り変わるのですね。

突然ですが、宇野千代さん、きっとご存知ですよね。私は彼女の本(主にエッセイですが)をたまに読み続けます。何冊も続けて読むのです。同じ内容が違う本に書かれていても気になりません。「うん、そうそう・・・」って、まるでお友達のおしゃべりのように読んでしまいます。宇野千代さんとの出会い(?)は、十数年前かと思うのですが、何となくボーっと見ていたテレビで、たまたまお話されているところを見た時、その張りのある声が耳に残り続けました。その後、彼女の本を目にして購入し、読み、また読み返しては何度となく元気をいただきました。宇野千代さんの本を読むときは、必ず彼女自身の声で聞いているように頭の中に彼女の声が響きます。

先日、たまたま本屋さんで手にした本は「傾聴」をテーマに、哲学という視点から論じられた本。(『「聴く」ことの力』鷲田清一 著)そこに、宇野千代さんの新聞紙上で連載された「生きて行く私」が紹介されていたのです。読者の相談(質問)に宇野さんが応じ答えるという形のものです。そこで、宇野千代さんが必ず「・・・なのですね」と質問者の言葉を反復しているのだと紹介され、その反復することの大切さが語られていました。

我々が習った傾聴の基礎が、まさに貫かれていたのですね。本を読んでいても頭に宇野千代さんの声で読まれているように聞こえるのは、単に耳に残っているからだけではなくて、その語りが私の気持ちに優しく寄り添ってくれているような気になるからなのかもしれません。

さて本日は・・・カフェでのお楽しみ。クリームの蓋には一つ一つ違った絵柄が印刷されています。これは有名なモントルー/ジャズフェスティバルにちなんだものです。ちょっと素敵ですよね。(Yokkori)

Jazz_2

真っ最中。

オリンピックも高校野球も夏休みも真っ最中ですね。
もちろんみなさんの勉強も仕事の人は仕事も。

今日もキャリコン講座を行いました。
参加された方、いかがでしたか?

もう2週間足らずです。
今後のご自身のキャリアのため、そして、カウンセラーを必要とする人のために
もうちょっとの期間、がんばりましょう。

(誠)

あれから4年…

私が本格的に心理学・カウンセリングの勉強に取り組み始めたのが4年前です。アテネオリンピックが開催されていて、がんばっている姿が今のように放送されていました。
以前は、「他の人がスポーツしているのを見て、何が楽しいの?」という感じを持っていたのですが、そのときは自分もがんばろうと励まされました。
今はどうかというと…。実はオリンピックは全然見てませんし、興味もありません。ニュースなどでがんばっている姿を見ると、「よし!自分も」という気にはなりますが、積極的に見るという気分ではないです。
それよりも、自分のすべきことがあるので、それに取り組むことの方が楽しいし、やりがいがあります。そして、同じ方向に向いている仲間を応援する方が、とても楽しいです。偉そうですが、オリンピックの応援も良いですが、自分の身近な人の応援をしてあげてください(していない人は^_^;)。そして、金だろうが、銀だろうが、結果としてメダルが取れなくたって良いんです。がんばっていることに意義があるんです。結果ばかりを求めるのは、今の成果主義と一緒です。がんばっているプロセスを重視し、そして応援してください。誉めてください。他人だけではなく、自分にもです。
ただ注意して欲しいのは、人ががんばっているから自分も、と無理しないでくださいね。人は人、自分は自分です。自分の好きなときにがんばり、休憩し、亀でも良いので着実に自分の夢に向かうことが大切だと思います。
僕にとって、オリンピックは自分の初心を思い出す、ひとつの切っ掛けになっていると思います。僕も自分の範囲で、一生懸命がんばりたいと思います(^^)v

(おなけん)

ちょっとうれしかったお話。

毎日暑いですね!どこか遊びに行きたい
けど外は暑いし・・・。
そんな方。ぜひこのサークルの勉強会に
参加してはいかがでしょうか??
知識の構築は出来るし、なおかつ涼しい
です(笑)。
いやいや、冗談はさておき。
もうすでにいっぱいの講座もありますが
まだまだ受講可能な講座もたくさん
ありますのでこの暑い時期こそ勉学に
勤しみましょう。
これ、半分以上自分に言っております(笑)。

お盆真っ盛りの昨日と今日。
昨日なんかオリンピックの水泳のせいも
あってか、外なんか人も車も通ってません(泣)。
しかしそんな時にもうれしいことがありました。
沖縄に旅行されていた常連さんがご来店くださり、
とてもステキな沖縄の「八重山上布」という
織物のしおりをくださいました。
お互い本好きで、いつも本の話で盛り上がって
いるので、そのことを思い出してくださったの
でしょうか。私にはとってもうれしいお土産
でした。また私が大好きな青。
沖縄の海の色のような美しい色合いです。

本のしおりって買おう買おうと思いつつ、
つい買いそびれてしまいませんか?
でもないと不便で、私なんかいつもレシート
とか挟んでいたのです。
沖縄で私のことを思い出してくださった、
そんなうれしい気持のこもったこのしおり、
大切に使いたいと思います。
そして偶然にも昨日は私の誕生日。
お盆真っ盛り、しかも夏休みに生まれてしまった
私には幼い頃からプレゼントをもらった記憶が
あまりないのです。
それだけにうれしさもひとしお。単純です(笑)。

お店はのんびりムードですがいいお盆です。
以上、ちょっと心も温まるお話でした。
(iwase)

エリクソン催眠勉強会(基礎)【10名限定】

【日時】9月14日(日)10:00~16:00
【内容】
エリクソン催眠の誘導技術の習得を目的とした勉強会です。
本当の自分への気づきや、なりたい自分への方向づけなどに、この講座は良いと思います(講師の体験)。座学と実技がほぼ半分半分といった内容となります。
実技では、未来催眠とハイアーセルフ(高次の自分)セッションを学びます。
事前の知識は一切不要です。気軽に、楽しく習得できると思います(*^_^*)

1.古典催眠誘導の基礎
2.α誘導の技術習得(5分で催眠に入れる方法)
3.催眠誘導と暗示の実習
4.未来催眠
5.ハイアーセルフセッション

※参考
上級勉強会では、インナーチャイルドセッションと退行催眠が主となります。
(上級は9月21日開催いたします。それ以降も引き続き開催を予定しております)

【催眠について】
「催眠」というと、講師である私自身も抵抗があり、参加をためらっていました。
そもそもこのような世界には絶対に踏み込まないと思っていたのですが…。
ゲシュタルト療法や論理療法など、いくつかの療法のなかで「イメージ」が使われます。
これは暗示であり、催眠だということがわかりました。
どうしても「催眠術ショー」という悪いイメージを想起しますが、これは間違いでした。
〈催眠≒イメージ≒創造〉と考えていただければと思います。

【場所】文京区区民センター
【講師】 おなけん
【参加費】7000円
※今回は、少人数・低価格で実施させていただきますので、過去に当サークルの勉強会に参加していただいた方のみの参加とさせていただきます。
【お申込み】メールにて件名に「エリクソン催眠勉強会(基礎)」とご記入のうえ、「お名前、メールアドレス」をお知らせください。

みなさんにお会いできるのを楽しみにしております(*^_^*)

(おなけん)

燃え尽き症候群

一つの職務に没頭していた人が、

慢性的で絶え間ないストレスが持続すると

意欲をなくし、社会的に機能しなくなってしまう

症状で、極度のストレスのかかる職種や

一定の期間に過度の緊張とストレスの下に

置かれた場合に発生すると言われている

「燃え尽き症候群」。

キャリアコンサルタントの試験や

産業カウンセラーの試験でも

問われやすいところです。

再確認しておきましょう☆

実は、講師2人は「プチ燃え尽き症候群」です(笑)。

この2ヶ月間、

キャリアコンサルタントの講座を実施するにあたり、

文献のチェックや問題演習用の材料探し、

講演内容のまとめ、などなどを

通常業務終了後に、作成してまいりました。

苦労の甲斐あって、無事講座を実施でき、

安堵しております。

もちろん、あと2回講座があるので

気を緩めているわけではありません。

でも、「安堵感」があるのも事実です。

受検者の皆様、あと2週間ですが、

学んだ内容をしっかり復習し、

「これだけ準備したんだから(大丈夫)」

と、自信をもって本番を迎えられるよう、

お祈り申し上げます。

最後は、「自分」を信じてあげましょう!

(玲)

キャリコン試験勉強会東京


今日は私たちの勉強会でキャリコン試験対策東京2日目でした。
参加された方、講師の方、ともにおつかれさまでした。

世の中、夏休みというのにたくさんの参加で嬉しい限りです。
試験は月末、もう受験票も届いていますね、もう少しですので、がんばりましょう。

また今後の開催の参加者の方、期待して下さい。この勉強会の内容が試験に「当たる」かどうかは
ともかく、聞いて損はない、それなりの内容です。
今日は講座の最後に受講生からたくさんの拍手をいただきました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

この瞬間、講師は涙が止まらなかったそうです。
まるで、売れない歌手が初めてコンサートを満席にした時の感動のようだそうです。
これで、今後の3月までの勉強会の予定も乗り切れる元気をいただきました。

たぶん、今日の2人の講師はそう思っています。
(すいません、実は聞いてません、この上の3行、私が作りました)。
拍手が起きたのは本当なんですよ。

そんなわけで、とにかくありがとうございました。

私たちのサークルの目的は決して試験対策のみではありません。悩む人を救い、世の中を
よくすることです。

これからも限られた人材と資源の中で少しでもお役にたてればと思います。

よろしくお願いいたします。

(誠)

カウンセラーの職場

渡辺美恵子『新版 カウンセリング心理学』(ナカニシヤ出版)を久しぶりに読み返してみました。

カウンセラーの職場と働き方の節のところで、D.E.スーパーの言葉が紹介されています。

「人間のいるところはどこでもカウンセラーの職場となる」

そして、渡辺先生は、「日本においても、治療者ではなく、自立を援助するものとしてのカウンセラーは社会のいろいろな場面で必要とされると考えられる」と続けられています。

さらに、環境に働きかけることがカウンセラーにとって重要であることが指摘されています。私もこの点が今のカウンセラーに最も必要だと感じています。

アメリカでは、「カウンセラーは相談室から出て、自分から積極的に社会に働きかける人」と言われて久しい。カウンセラーは「変化を作りだす人、改革の発端をつくる人」とさえいわれている。

この本は、カウンセラーとしての基本的・基礎的な心構えなどが記されていて、テクニックとかではなく、カウンセラーの本質がわかる良書だと思います。改めて読んで気づかされた点は多かったです。

(おなけん)

時が経つということ。

暑い日が続きます。夜も暑くて、そのせいか
どうかわかりませんが、夢に「世界のナベアツ」
がでてきました。意味不明です。

そんなことはさておき。

年を重ねることをあまり喜ばれない人が多い
気がするのは私だけでしょうか。
特に女性はいやがる傾向にある気がします。
「また年とっちゃった・・・」
「もう〇〇歳なんですよね」
とおっしゃるお客様が結構いらっしゃいます。
私は・・・と言われると、体力的なこと
を考えると若い方がいいですが、それだけ
のことです。これは今も昔も、です。
今は正直、少しだけですが誕生日が楽しみ
かも知れません。
歳をとるということは当然年月も経っている訳で、
イコール私の金融公庫の借金も減っている訳
で(笑)。あと2歳、早く歳をとりたいです。
そうすると借金もなくなっているので。

こんな理由のほかにも、歳をとるごとに
なにか身についてきているはずなので、それも
待ち遠しいわけです。
店を始めて、毎日試行錯誤で未だに精神的に
不安定ながらも、何か自分の中で少しずつです
が「確立」されているものがある気がしています。
何かはわかんないのです、残念ながら。
だから早く「何か」を知りたいので、時が過ぎて
いくことがうれしいというか。
先日、フラワーコーディネートのお仕事をされている
方とお話したところ、共感していただけました。
その方曰く、
「時間が過ぎていくということは自分のキャリアも
 切磋琢磨されていっているということだから。」
とおっしゃっておりました。

好きなことに一生懸命になれる人はきっとそうなの
かもしれないなあと思いました。
そして。
好きなことを仕事に出来ている自分にも改めて
気づくことができました。
私の歳が増えるたびに店も成長できていく。
そう思うと一層誕生日が待ち遠しい今日この頃
です。     (iwase)

いいなぁとおもったら・・・

自分の素直な感情を表現することができますか?人と接していたときにいいなぁ~と思ったことがあったらぜひそのことを相手に伝えてみてください。(悪いことはあえて言わないで下さいね。よいことだけです。)「その洋服すてきね」「いつも元気に挨拶してるよね」「いつもさりがなく気配りしているよね」などなど・・・・自分が思ったことを相手に伝えることによって、相手をハッピーにすることができます。そんな相手を見て自分も嬉しくなります。相乗効果があるのです。ほんの些細なことですが、日常生活にちょっとした潤いができます。  でも中にはせっかく言ったことを受け入れてくれなかったり、否定的なことをいう人も中にはいますよね。そんなときには Iメッセージで言ってみてください。「その洋服すてきね、わたし好きだわ」「いつも私思っていたのでだけど、○○さんていつも元気に挨拶してくれるよね」「さりげなく気配りをしてくれていて、私いつも感謝しているんだ」私が思っていることなので相手には負担ではないですよね。 明日から一週間試しに自分の心をよくみてよいなと思ったら、口にしてみてください。何か変化があったり、嬉しいことがあったらぜひ教えてくださいね。(hoso)

いつもの話

今日は、ずっと避けていた飲み会に参加しました(-_-;) 建設的な話ができる飲み会なら楽しいのですが、だらだらと昔話や愚痴などを言う飲み会です。会社の上司や関係会社の人たちがいるので、つまらないとも言えず…。最後には「非生産的で、時間の無駄である」と言ってしまいましたが(-_-;)

話の中に必ず出てくるのが、「最近の若い人は…」という話です。携帯などで孤立化しているとか、夢を持っていないとか、怒るとすぐ切れるとか…。

まず、そんなことを言っても何の解決にもならないこと。

そして、言っていることが事実だとしても、そのような次世代を作ったのは、言っている本人であるということ。

突然にして若者が変わったのではなく、徐々にその土台が形成されていて、今があるということを理解していないこと。

昔は、田んぼなどで自然の中で遊んでいたがと言うが、今それができない環境を作ったのは誰なのか?

聞いていて腹立たしくなりました。

批判は誰にでもできるんです。おかしいと思ったことを、少しでも変える取り組みが必要です。だから、だらだらと酒を飲むなら、若い人の見本となる社会人を示すべきでしょう。小さなことでも良いので、取り組むことが大事です。

というようなことを言ったら、みんな引いてしまいました(-_-;) が、こういう奴と、みんな理解しているので、すぐ元に戻りました^^;

今、温暖化などの環境問題がクローズアップされていますが、同じくらい人間関係の希薄化、生きることの意味の喪失という、人間の問題は大きくなっているのではないでしょうか。

ちょっとしたことで良いのではじめませんか。明日の朝、会った人に「おはようございます」と元気に言うだけでも違うと思います。

今日は、批判・批評する前に、少しでも自分で行動することを、改めて誓いました。

(おなけん)

労働経済白書

久々に(というか1年ぶり)に労働経済白書を

読みました。毎年7月下旬から8月上旬に

発表になる厚生労働省作成の資料です。

全部を読むとかなりの量です。

資料ですからグラフとか数字が多いわけですが、

項目ごとに分析も記載されています。

例えば「仕事の満足度の推移」のグラフをみると

コメントとして、「近年は景気回復のもとで、

雇用の安定に対する満足感は改善したが、

収入の増加や仕事のやりがいに対する満足感の

改善は小さく、休暇の取りやすさに対する満足感

は、むしろ悪化」なんて書いてあります。

私も働く人の1人として、この資料を読むと

「そう、そのとおり!」と思うことが多いです。

中間管理職の立場としては、

非正規雇用者が半数近く私の会社にいますから

「正規雇用にするべきでは」なんていう会議を

したりしているのですが、経営サイドの言い分も

わかるし・・・とこれも白書に掲載されている実態に

似ています。

つくづく「働く」ということが当たり前の簡単なことの

ように思いがちですが、なかなか難しいなぁと感じる

ことも多いです。

そして、カウンセラーとしてどうこうの社会に貢献

していくべきなのか、も考えさせられますね。

(玲)

jobカード6

8月に入りましたね。
ついに真夏、です。
養成講座の人も、キャリコン講座の人、その他みんな、暑い夏、この夏の後は実りの秋が
待っています。がんばりましょう。

今日はjobカードの6回目です。

キャリアコンサルタントにとってジョブカードを作るメリットはどこにあるんでしょう。
わざわざそんなことしなくても今まで通りで給料はもらえますね。もちろんジ自営の人も
顧客との契約は変わらないでしょう。

そう、制度なんて、作っただけでは普及しないんです。そこで登場するのが普及促進のための試作。
そう、それ、補助なんですねえ。

特に補助と言っても補助金となるとやりたくなる人もいるでしょう。
ほかの業界では残念ながら補助金を目当てにめちゃくちゃやる業界も存在します。

では、この制度の補助金はどうやって受けるのでしょうか?
以前にも教育費用等の補助のことは書いてます。

キャリアコンサルタント自身へのお手当はどうなっているのでしょうか?

では一例。。。

あなたは企業の人事部で社内でパートタイマーを正社員にする役を担いました。
しかし、あなた自身はその人のことをよく知りません。
そこで、パートタイマーにはジョブカードを作成してもらうことにしました。

ジョブカードをもとにあなたはその人の評価をします。もちろん訓練計画策定も必要です。
そして、めでたくパートタイマーは「有期雇用契約の更改」または「正社員採用」がされ
有期実習型訓練と評価が行われました。

この事実を報告することで助成金支給の申請となります。
実際の支給までにはさまざまな手続きと確認が必要です。申請は雇用能力開発機構です。
このときの助成金額は前回記述のように決められています。

ここでやっと助成がされることになります。

今回はいわいる「パート登用型」と言われるものを例にしてみました。

いかがでしたか??
ジョブカードの簡単解説シリーズ。
このシリーズはとりあえずここまで。次回からはまた新しい話になります。

ちなみに私の主観ですが、制度も助成金もどうでもいいんです。
問題はキャリアコンサルタントがその名に相応しい活躍がクライアントのためにできるかどうかが
重要です。
くれぐれも業者主導のキャリコンにならないように。。。

(誠)

産業カウンセラーの資格取得後

産業カウンセラーの資格の活かし方に途惑われている人が多いようです。この資格で、法的な業務があるわけでもなく、臨床心理士のような位置づけでもありません。資格をとっても、そのままと言う人が多いのが現状かと思います。

では、どう活かすのか? 中には、産業カウンセラーとして活躍されている方たちもいらっしゃいますが、賃金を得る職業としてのパイは小さいのが現状です。

私見ですが、この資格は、自分の家庭や職場での円滑な人間関係などのために発揮されるスキルだと思います。この資格の保有者は、周囲の人間関係を良好にし、その影響を受けた人が、また他の人に影響を与えるというような、好循環を身近に作っていくことが第1の使命かと思います。そして、自分自身のことを理解し、自分のことが好きであり、他の人も好きであるというのが前提だと感じています。このことを抜きに、スキルの向上を図ってたり、カウンセリングを行っても、周囲に誤解と不信感を与えるような気がします。

資格の活かし方=お金儲け、という考え方では、なかなか産業カウンセラーという資格が活きないのではないかと感じています。そして、そのような考え方の人がいる限り、真のカウンセリング・マインドは、世の中に浸透しない気がします。

「自分が幸せ、そして他の人も幸せ」という相互扶助的な精神が21世紀の社会経済には求められていると痛感しています。

カウンセリングは身近なところで、すぐ活かせます。それを実行できるかどうか。つまり、セルフカウンセリングができているかどうかといえます。自分がカウンセリングの効果を体現することが一番の活かし方だと思います。


(おなけん)

役に立ちました。

この一週間、何年かぶりのばたばたでした。
自宅の引越しです。疲れました・・・。

で。
今回、「カウンセリングの勉強をしていて
よかった・・・」と思えることがありました。
今まで借りていた賃貸のお部屋を解約し、
引越し後の敷金清算のお話です。
空になった部屋を不動産屋さんが点検し、
直さないといけない場所などをチェック
していました。
いっしょに付き添ってくれた知り合いが、
「iwaseさんがキレるのを初めて見た」と
驚くぐらい不動産屋さんの態度が悪い。
そして細かい(笑)。
直す必要がないところまでチェックされ、
敷金から清算するというわけです。

前もってこういう場合に備えていろいろ
下調べをしていったため、「文句」として
ではなく、「自分の意見」として相手と話あう
ことができました。そしてその時、
「アサーション」の技術がすごく役に立ち
ました。

とにかく相手は、
「そういう規則になっている」だの
「そういうものだ」だのこっちの言い分を
シャットアウト。
そこで文句で対応したところで水掛け論
になるのは目に見えています。
なので私はひたすら「Iトーク。」
「私は・・・」という出だしですべて応酬
しました。

「私はこれについてはこのようになると
調べました。なのでこうではなく、このように
思うのですがいかがですか」
ほとんどこのような感じ。
自分の意見も言って、相手の意見もきちんと
聴こうとする姿勢を保つと、おのずとむこう
の理不尽さが浮き彫りになってくるのです。
「規則だから・・・」という返し文句も
通じなくなるのです。そして自分も意見を
求められるため、面倒になるのでしょうか。
「ぢゃ、もういいです。」
半分キレながらのようでしたが。

実は私はこのような交渉がすごく苦手なので、
弁の立つ知り合いについていってもらったのです
が、その知り合いはほとんど口を出すことなく
なんとか終了しました。
なんだか自分の苦手分野を「アサーション」の
おかげで克服できた気がしました(笑)。

そして同時に思いました。
「知らないことは罪だなあ」と。
もし私が不動産の原状回復義務の知識をもって
臨んでいなければおそらく多額の原状回復費を
請求されていたと思います。
自分の身を守るために、アサーションの技術、
そして面倒くさがらず、前もって知識を頭にいれて
おくことがこのような交渉やディスカッションでは
必要だと痛感できた出来事でした。
(iwase)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック