無料ブログはココログ

« 自律性を達成する・・・ | トップページ | 現代の心理学の父 »

食は「愛」です。

「食は愛」。いいことばですね(笑)。

わたしは店で、月に1週間、毎月
「お食事週間」なるものをやっております。
以前は毎日サンドウィッチなどの軽い食事
をお出ししていたのですが、座席が少なく
なったこといもあって今は月に1週間のみ。
それでも楽しみにしてくださるお客様が
いらっしゃいます。

月に一週間という限られた期間になって
から、心境に変化が出てきました。
以前はわりと保守的でした。
「お客様に『損した』と思われないように。
なおかつ原価と相談しながら、できるだけ手軽
に準備できるものを」
こんな感じだったと思います。
それが今では、お客様の顔や言葉を思い出しな
がら、どんな風にしたら喜んでもらえるか。
そのことばかり考えてメニュー作成をしている
次第です。

毎月、楽しみにしてくださり、足を運んで下さって
、いつも感謝の言葉を惜しみなくかけてくださる、
そのようなことのひとつひとつに対して、
「絶対に喜んでいただきたい」という気持で毎月

臨んでいます。私は調理師免許を持っているわけで
もないし、修行をしたわけでもありません。
足りない技術はとにかく、「手間をかける」
これで補っている次第です。
なるべく体にいいものを、調味料でごまかすことなく
下ごしらえに時間をかけて丁寧に作ることを
基本に、
「こんなものが入ってたら喜んでくださるだろうな」
などと考えながら工夫しています。
正直、通常業務が終わってから試作したりするので
体力的には少し大変なのです。いっそのこと、
食事週間なんて辞めようとも思ったりしました。
でも辞めずにやれるのはひとえに、「愛」かも
しれません。頂いている「愛情」を返したいし、
それを止めてしまうと自分の成長はないと感じる
からなのです。

「自分のこと」から「お客様のこと」。考える視点を
変えてからは、この一週間が私に与えてくれるもの
の大きさを痛感しています。そして一番の収穫は、
「料理は愛がないとできない」ということなのです。

出来合いのお惣菜でもいいのです。
そこにちょこっと「ねぎが添えてある」とか
「手作りのお味噌汁がある」とか。
そんな「ちょこっとしたこと」。それを当たり前と
とらえず、そこに「愛」を感じることが出来るように
なると家庭円満間違いなし・・・・・・・だと思います、
多分(笑)。    (iwase)

« 自律性を達成する・・・ | トップページ | 現代の心理学の父 »

食について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/41293090

この記事へのトラックバック一覧です: 食は「愛」です。:

« 自律性を達成する・・・ | トップページ | 現代の心理学の父 »