無料ブログはココログ

« 青年期の特徴 | トップページ | ハーブ好き ~ミント~ »

色と心理3

色のお話、今日は青。

青は冷静、落ち着きを導き洞察力を高めるといわれています。

この結果として集中力を得る効果があります。

昔、プロ野球のキャッチャーが投手の集中力を高めるのにキャッチャーミットをそれまでの茶色から青にしました、その結果投手のコントロールが良くなったといわれています。

また青はダイエットの色でも使われます。

青は食べものを冷たく、堅く見せるため食欲を抑制するとされ、食空間で青を使うと食事量が減りダイエットになるという考えです。これからダイエットしたい方、食器類をブルー系にしてみてはどうでしょう。

とりあえず色と心理のお話はここまで。

次回は違うお話です。

(誠)

« 青年期の特徴 | トップページ | ハーブ好き ~ミント~ »

心理学基礎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/41081044

この記事へのトラックバック一覧です: 色と心理3:

« 青年期の特徴 | トップページ | ハーブ好き ~ミント~ »