無料ブログはココログ

« 大事な本。 | トップページ | やってみたい? »

産業カウンセラー対策テキスト改定中

今年改定された産業カウンセラー養成講座テキストを読んでいます。改定前のテキストも他の本で補足しないと内容がわからなかったのですが、今回は輪をかけてひどくなっています。本の値段も厚さも1.5倍(-_-;) なのに内容わかりづらい…

いろいろ引っかかるところはありますが…

労働法規関係は、成立の背景や論争まで載っていて、「社労士?」みたいな内容です。憲法との絡みもあって、実務的には不要なものが盛りだくさんです。このようなテキストを作るときは、なぜその知識が必要なのかをしっかり明記すべきですが、それもなく、さらにざっくりと書かれた内容なので、中途半端な知識の習得になり、危険です。

MBTIの心理テストの記述もすごかったです。「世界で一番使われているテスト」って…。どのテストを何人受けているかという統計もないのにすごい記述です。それにおそらく知能テストのほうがよく利用されているので、明らかに間違った記述だと思います。

パーソンズが特性因子理論の提唱者ともなっていて、前回のテストまでは、「土台を提供した人で、提唱者ではない」となっていたのに、今回の試験ではどっちで覚えれば良いのか(>_<)

いや~、読めば読むほどはらわたが煮えくり返るのは私だけでしょうか? 改定するなら、筋を一本通したものにして欲しかったです。

そろそろ、産業カウンセラー自身で別のカウンセリング団体をつくる必要性を痛感しています。産業カウンセラー協会へのお布施制度に対して、感想などがありましたら、ぜひお寄せください。

(おなけん)

« 大事な本。 | トップページ | やってみたい? »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/41228377

この記事へのトラックバック一覧です: 産業カウンセラー対策テキスト改定中:

« 大事な本。 | トップページ | やってみたい? »