無料ブログはココログ

« 非日常的空間。 | トップページ | 色と心その1 »

入園式

先日は下の子の入園式に入ってきました。はじめて親元を離れるという経験をする子供たちがほとんどで、式をする幼稚園のホールは泣き声であふれていました。うちの子もしっかり泣いていました。先生に抱えられしばらく号泣(ToT)。それを見ている親も心痛みました。子離れ親離れの最初の試練のようです。

そんな中でまたまた目に付いたのは、親の良識のなさでした。まずは、幼稚園の周りの路上駐車にあ然としました。幼稚園を取り囲み、さらにはそこから四方八方に路駐。車で来たらどうなるか、考えられないんですかね…

さらには式でのビデオとカメラの競い合い。子供たちが入ってくる入り口をふさいだり、式の最中に子供の名前を呼んで振り向かせたり、他の人をまったく気にしない振る舞いにはあきれました。つくづく親のモラルの低下を感じます。

これについては、最低限のルールを守れば、他人を無視して何をしても良いということを子供たちに植え付けるのではないかと心配です。このような人たちは反省することもなく、自分の態度が間違っていないと理解したまま子育てをすると思うとゾッとします。このような人たちをどうすれば良いのか…

親の中には今度からああすれば良いのか、と学習してしまう人もいるのではないかと心配です。長男の経験から運動会、発表会へと進むと酷さはさらにエスカレートしていきます。何でも自分の思い通りにしたものが「得」というようでは問題ある社会といえます。

カウンセリングなどを学ぶ人は他者への配慮はできるのですが、このような人にどう対処すれば良いのか…。このような人たちがいる限り、他者を本当に思いやることの大切さは広がっていかないでしょう。人を思いやる人も増えていると思う一方、厚顔無恥も増加中と感じます。自分の姿に気づいてくれると良いのですが… 良い方法があったらぜひお教えください。

子供の健全な成長にあたって、親の教育の必要性を痛感している今日この頃です(ーー;)

(おなけん)


« 非日常的空間。 | トップページ | 色と心その1 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/40848609

この記事へのトラックバック一覧です: 入園式:

« 非日常的空間。 | トップページ | 色と心その1 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック