無料ブログはココログ

« 信頼を得るために | トップページ | 心の洗濯 »

万象具徳

今、二宮尊徳の本を読んでいます。「報徳」について書かれていて、非常に共感できる内容です。特に自助と互助については心惹かれました。

尊徳について、報徳博物館の佐々井典比古理事長は次のような詩で記されています。

どんなものにも よさがある
どんなひとにも よさがある
よさがそれぞれ みなちがう
よさがいっぱい かくれてる
どこかとりえが あるものだ
もののとりえを ひきだそう
ひとのとりえを そだてよう
じぶんのとりえを ささげよう
とりえとりえが むすばれて
このよはたのしい ふえせかい

「ふえせかい」は無限に広がるというニュアンスの解釈で良いと思います。

僕の手帳には、この詩を書いてあります(*^_^*)

(おなけん)

« 信頼を得るために | トップページ | 心の洗濯 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/40031498

この記事へのトラックバック一覧です: 万象具徳:

« 信頼を得るために | トップページ | 心の洗濯 »