無料ブログはココログ

« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »

2007年9月16日 - 2007年9月22日の8件の記事

アロマ検定に向けて43(精油製造法③)

油脂吸着法とは油脂に芳香成分を吸わせる方法ですが、現在はほとんど商業的には使用されていません。歴史的にとても大切な方法で、冷浸法と温浸法があり、ジャスミンやオレンジフラワーなどの微妙な花の香りを得るのにとても優れた方法ですが、現在はほとんど行われていません。

(玲)

アロマ検定に向けて42(精油製造法②)

精油製造法②

 

圧搾法は圧搾して芳香成分を搾り取る方法ですが、この方法は、ほとんどが柑橘系の果皮から精油を得るときに使用されています。昔は手で果皮を圧搾して、スポンジに吸わせ、回収していました。現在では、ローラーや遠心法による機械で圧搾し、低温で精油を得ています。この方法で、精油は熱による変質を受けないので自然のままの香気を保ちます。この方法で得られた精油は、少し不純物が入ったり、変質しやすい成分も多いので、他の精油に比べ、品質の劣化が早いので注意が必要です。

(玲)

救急依頼時のトリアージ

久々に産業カウンセラーねた・・・。

救急車の搬送依頼が増加するとともに不正な依頼が多いとテレビでの報道がされてます。

そろそろ消防署も限界なんで、地域によっては依頼時の症状を聞いて搬送に応じるかどうかを決めることにするそうだ。いわいる「トリアージ」。

ある地域では救急依頼の搬送があったときにコンピュータに表示された、決められた質問を依頼者に行い、結果判定をして出動かどうかの参考にするそうだ。

すごい、まさしくデジタルなトリアージ・・・。

みえないところをコンピュータで数値化、定量化することは意志決定支援システムなんかや医療検査でもたまに使われて有効であることがある。

しかし救急依頼に応じることをあまりにもシステム化することはいかがなものか?

あいまいなところに潜む危険とそれを読むアナログ的な考え、忘れないで欲しい。

もちろん不正利用が減少すれば一番いい。

システム化も意思決定の参考ではあって欲しいし支援ではあって欲しいがあまりにも頼り過ぎないようにして欲しいものです。

人間の感性は必要よ~。

例えば・・・・(続く)

(誠)

2007アロマ検定に向けて41(精油製造法1)

精油製造法①

水蒸気蒸留法とは、水蒸気で蒸して芳香成分を得る方法です。この方法は比較的装置が簡単で安価なこともあり、多くの精油がこの方法で抽出されます。しかし、植物によっては熱と水にさらされることで本来の香りや成分が失われるため、この方法に適さないものもあります。抽出の際にできる水の中には、水溶性(水に溶けやすい性質)の芳香成分が溶け込んでいます。この水を「フローラルウオーター(芳香蒸留水)」といい、ローズウオーター、オレンジフラワーウオーター、ラベンダーウオーターなどとして利用されます。

(玲)

2007アロマ検定に向けて40(植物にとっての精油)

植物にとっての精油

一般に精油は、植物全体にまんべんなく含まれているわけではなく、特殊な分泌線と呼ばれるところで合成され、その近くの油胞の中に蓄えられており、それは、葉の表面の近くだったり、果皮の近くだったりといろいろです。もちろん、植物は何らかの目的をもって分泌しているのです。

(玲)

2007アロマ検定39(精油の定義)

日本アロマテラピー協会の「精油」の定義

精油は植物の花、葉、果皮、樹皮、根、主旨、樹脂などから抽出した天然の素材。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質で、各植物によって特有の香りと機能を持ち、アロマテラピーの基本となるものです。

(玲)

2007アロマ検定に向けて38(ローズマリー2)

     産地はフランス、チュニジア、スペイン、ポルトガル、イタリア、モロッコ、アメリカ

     科名はシソ科

     抽出部位は葉

     抽出方法は水蒸気蒸留法

     成分の一例としては1.8-シネオール、カンファー、ボルネオール、酢酸ボルニル、β-カリオフィレン

     刺激作用や頭脳明晰化作用がある

     精神的な過労や無気力、記憶力減退の改善に役立つといわれている

     血液の循環を促し、発汗作用、利尿作用があり、老廃物を除去する

     筋肉痛、痛風、リウマチ痛などを緩和するといわれている

     スキンケア用としても有益で収れん作用があり、肌をひきしめ、脂性肌に効果がある

(玲)

2007アロマ検定に向けて37(ローズマリー)

ローズマリーは、学名の“Rosmarinus”とは「海のしずく」という意味で、「マリア様のバラ」というニックネームもあります。心身の感覚を目覚めさせ、刺激作用や頭脳明晰化作用があり、精神的な過労や無気力、記憶力減退の改善にも役立ちます。また、血液の循環を促し、発汗作用、利尿作用があるので、老廃物を除去します、血行を良くしたい時には、ローズマリーの精油を入れてお風呂に入ると効果があります。手や足が冷えているときはローズマリーの精油を使った手浴法や足浴法も効果があります。

(玲)

« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »