無料ブログはココログ

« 2007年9月2日 - 2007年9月8日 | トップページ | 2007年9月16日 - 2007年9月22日 »

2007年9月9日 - 2007年9月15日の8件の記事

2007アロマ検定に向けて36(レモン2)

     産地はアメリカ、イタリア、スペイン、南アフリカ、イスラエル、ブラジル、ギニア

     科名はミカン科

     抽出部位は果皮

     抽出方法は圧搾法

     成分の一例としてはリモネン、シトラール、オクタナール、リナロール

     フレッシュな香り

     気分転換や理解力、集中力アップに効果がある

     精神疲労からくる頭痛や身体の不調を癒す効果がある

     消毒殺菌効果に優れており、室内浄化や感染症の予防にも効果がある

     光毒性があるので、使用後に肌を強い紫外線にさらさないようにすること

(オレンジスイートと同じ)

(玲)

2007アロマ検定に向けて35(レモン)

レモンの香りは、気分転換や気持ちの切り替えを通じて、心に明快さと理解力、集中力を与えてくれ、精神疲労からくる頭痛や身体の不調を癒してくれます(私も週末は、この香りに助けられています)。芳香拡散器を使って室内にレモンの精油の香りを拡散させたり、ハンカチなどにつけて香りを吸入すると、良いですよ。

(玲)

玲さんを週末に助けるレモン、レモンの香り素敵です。

(誠)

2007アロマ検定に向けて34(ラベンダーのポイント)

ラベンダーのポイント

     産地はフランス、イギリス、イタリア、ブルガリア、日本、オーストラリア

     科名はシソ科

     抽出部位は葉と花

     抽出方法は水蒸気蒸留法

     成分の一例としては酢酸リナリル、リナロール、ラバンジュロール

     心身に対する鎮静作用がある。自律神経のバランスをとったり、身体全体の免疫力をあげる効果があるといわれている

     精神的なリラックス効果

     皮膚の炎症やかゆみ、火傷の痛みを取り去り、皮膚の修復を助ける効果

     消毒殺菌、抗ウイルス作用もあり、スキンケア、ヘアケアなどにも用いられる

     筋肉痛や各種感染症にも有効

     不快なにおいを抑える作用もある

(玲)

・秋の夜長のリラックスにはラベンダー

次は「レモン」

(誠)

2007アロマ検定に向けて33(ラベンダー)

ラベンダーの原産はヨーロッパのアルプス地方にある高原地帯で、イギリス人によって、イギリス国内やオーストラリアにも植えられました。日本では、北海道で香料をとることを目的に昭和初期から栽培が始まったようです。優れた鎮静作用があり、心の面では精神的なリラックス作用があり、眠れない夜に使用したり、身体の面では皮膚の炎症やかゆみなどに効果があります。消毒殺菌、抗ウイルス作用などもあり、スキンケアやヘアケアなどにもよく用いられます。また、自律神経のバランスをとったり、身体全体の免疫力をあげる効果があるといわれています。寝つきが悪い夜に、ラベンダーの精油をハンカチなどにつけて枕元に置いて、私は寝ています。

(玲)

・睡眠導入剤を飲む前にぜひお試しを・・・

(誠)

共同体感覚

昨日、スキマスイッチの「グレイテスト・ヒッツ」のCDを子供たちが借りてきていました。「ボクノート」という「映画ドラえもん のび太の恐竜 2006」の主題歌を聴きたかったからのようです。
この映画は子供たちと一緒に見ましたが、ご存知のようにドラえもん・のび太を中心に、しずかちゃん、ジャイヤン、スネ夫たちが活躍する内容です。
他の仲間のために、自分のできることを一生懸命する。そして支えあう。当たり前のことなのですが、感動します。それは、現実の社会では、みんなのために、みんな一緒に、という想い・欲求がある反面、それができていないから感動するのでしょう。
私の好きなマンガに「ワンピース」があります。これも仲間とともに困難を乗り越え、それぞれの夢をかなえるために冒険するというものです。自分ひとりではなく、みんなと一緒にという想いを、多くの人がもってくれたら良いな、と思います。

僕は、のび太の恐竜のキャッチコピーは大好きです。

「君がいるから、かんばれる」


(おなけん)

自殺予防週間、始まる

自殺予防週間、がはじまりました。

1年で約3万人もの人が悩んで自らの命を終わらせる世の中です。

自殺しようとする人には前兆があることが多いです。心のサインに気づきましょう。

あなたのまわりの人に耳を傾けて!

本音を聴いてあげて、全てを受け止めてあげて。

きっと話した人は救われます。

メンタルヘルス対策の資格試験も始まってます。

現代社会では、誰もが心の健康を損なう可能性があることを踏まえ、国民一人ひとりが自殺対策の主役となるよう、共に支えあう共生社会を形成していくという視点を持って。

と内閣府も言っています。

私たちはこれからも、悩む人を助ける活動を続けます。まずはできることから。

あなたにもできることが必ずあります。この秋、メンタルヘルス対策の小さな一歩、始めてみませんか?

(誠)

2007アロマ検定に向けて32(ユーカリのポイント)

ユーカリのポイント

     産地はオーストラリア、スペイン、中国、南アフリカ、ポルトガル、マダガスカル、フランス

     科名はフトモモ科

     抽出部位は葉

     抽出方法は水蒸気蒸留法

     成分の一例としては1.8-シネオール、α-ピネン

     さわやかですっきりした香り

     殺菌作用が強い

     意識を明晰にし、集中力を促す効果がある

     抗ウイルス作用、殺菌作用、消炎作用、鎮痛作用に優れている

ps.これがコアラの主食だって事は試験には出ません>_<(誠)

(玲)

2007アロマ検定に向けて31(ユーカリ)

ユーカリは、成長力が旺盛で生命力も豊かな植物です。アロマテラピーの精油としてよく用いられるのは数種ですが、じつはたくさんの種類があります。ユーカリはティートリーと共通の特性をもっています。集中力をアップする作用や、抗ウイルス作用、殺菌作用、消炎作用、鎮痛作用に優れており、花粉症や風邪による鼻水、痰、せき症状の軽減やのどの痛み、各種の感染症に有効だといわれています。芳香拡散器を使って、室内にユーカリの精油の香りを拡散させると風邪の予防に役立ちますよ。また、運動後の筋肉痛、あるいは打撲の痛みを和らげ治癒効果を早める効果もあります。

ps.みなさん、ユーカリで集中力を高めて試験勉強を・・・(誠)

(玲)

« 2007年9月2日 - 2007年9月8日 | トップページ | 2007年9月16日 - 2007年9月22日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック