無料ブログはココログ

« 2007年8月26日 - 2007年9月1日 | トップページ | 2007年9月9日 - 2007年9月15日 »

2007年9月2日 - 2007年9月8日の7件の記事

2007アロマ検定に向けて30(ペパーミントのポイント)

ペパーミントのポイント

     産地はアメリカ、イギリス、オーストラリア、イタリア、フランス、インド、中国、スペイン、ブラジル

     科名はシソ科

     抽出部位は葉

     抽出方法は水蒸気蒸留法

     成分の一例としては、l-メントール、l-メントン、1.8-シネオール、イソメントン

     清涼感のある香り

     胃腸系の不調にも効果がある

     精神疲労や眠気を拭い去る効果がある

次は「ユーカリ」

(玲)

2007アロマ検定に向けて29(ペパーミント)

ペパーミントは精神疲労や眠気を拭い去る効果があり、さらに吐き気や乗り物酔いや時差ぼけ、頭痛、花粉症や鼻づまりにも効果があります。ハンカチなどにペパーミントの精油をつけて香りを吸入すると、乗り物酔いや時差ぼけによるボーっとした頭をすっきりさせます。ペパーミントの精油は刺激が強いので、むせないよう注意が必要です。

次回はペパーミントのポイント、です。

(玲)

2007アロマ検定に向けて28(ティートリー2)

ティートリーのポイント

     産地はオーストラリア、ジンバブエ

     科名はフトモモ科

     抽出部位は葉

     抽出方法は水蒸気蒸留法

     成分の一例としては、テルピネン-4-オール、γ-テルピネン、1.8-シネオール

     強い殺菌力を持つ

     まれに皮膚刺激を引き起こすことがあるため、使用にあたっては1%を上限とする

     皮膚の消毒や化膿止めとしても使用

     免疫力を高め、感染症などの初期症状にもよい

     リフレッシュ効果もある

次回はペパーミントについてです。

(玲)

2007アロマ検定に向けて27(ティートリー)

ティートリーは、オーストラリアの先住民が古くから傷薬として使用していた植物で、強い殺菌力をもち、皮膚の消毒や化膿止めとしても用いられています。また、免疫力を高めるとも考えられており、感染症の初期症状や予防にもよいといわれています。風邪気味のときやのどが痛いときには、ティートリーの精油を入れていつもより少し熱めのお風呂に入り、湯気とともに香りを吸入したり、ハンカチなどにティートリーの精油をつけて、香りを吸入するとよいでしょう。

(玲)

2007アロマ検定に向けて26(ゼラニウム2)

ゼラニウムのポイント

     産地はハンガフランス、仏領レユニオン島、スペイン、モロッコ、エジプト、イタリア、南アフリカ、アルジェリア、マダガスカル

     科名はフウロソウ科

     抽出部位は葉

     抽出方法は水蒸気蒸留法

     成分の一例としては、シトロネロール、ゲラニオール、リナロール、メントン

     甘くやさしい香り

     不安とうつを鎮め、精神を明るく高揚させる傾向がある

     心身の緊張による精神不安定を癒し、ストレスを和らげる

     特に内分分泌系(ホルモン分泌)調整作用に優れている

     月経前の不快な症状や、更年期障害を和らげる効果がある

     むくみを改善する働きがあり、スキンケアにも用いられる

(玲)

ドラえもんの誕生日

今日、9月3日はドラえもんの誕生日らしいです。

西暦2112年9月3日、ドラえもんが誕生(完成?)したそうだ。

1970年発売の雑誌等に記載がある。

私も昔、出版されたコミックをかなり読み込んでいました。当時はまさかこのドラえもんが

テレビアニメ化され、大ヒットするとは思っていなかった。今や、毎年映画が上映されるほどのものになるとは・・・。

そして時代はSFアニメブームへと進む。戦艦が宇宙を飛んで、絶対に顔を見せない車掌の乗るSLで宇宙旅行をするかと思ったら、ロボット戦士が赤い敵と宇宙で格闘技。

そんなわけで、私がその頃、憧れた人はメーテルになってしまいました。

そんな私はどちらかと言えば、のび太君に近い、何をやってもうまくいかない幼少時代でした。(今も・・・)

ところで、ドラえもんは2112年9月3日誕生だけど、彼の四次元ポケットの中の道具たちはいつ出来たんだろう??

今でも、四次元ポケットの中のものとか宇宙の果てまで行く機関車は実現不可能なものが多いですが、あんなものの「発想」を思いつく人が求められていると思います。

奇抜なアイデアには余裕が必要です。

くれぐれも「働きすぎの秋」にならないように。。。

(誠)

2007アロマ検定に向けて25(ゼラニウム)

ゼラニウムは甘くやさしい香りの精油です。精神と肉体のリズムのバランスを整え、不安とうつを鎮め、精神を明るく高揚させる傾向があるといわれています。心身の緊張による精神不安定を癒し、ストレスを和らげ、特に、内分泌系(ホルモン分泌)調整作用に優れているので、月経前の不調や緊張感のあるときに、ぬるま湯のお風呂にゼラニウムの精油を入れて入るとよいでしょう。足浴法でも効果はあります。

(玲)

« 2007年8月26日 - 2007年9月1日 | トップページ | 2007年9月9日 - 2007年9月15日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック