無料ブログはココログ

« 2007年6月24日 - 2007年6月30日 | トップページ | 2007年7月8日 - 2007年7月14日 »

2007年7月1日 - 2007年7月7日の6件の記事

昨日のブログ…

昨日のブログは、今の自分のいろいろな想いが入っていて、文章になっていないな、という感じです。お恥ずかしい^^;

これはよく言っていることですが、「まず自分が変わること」。嫌なこと、変えたいこと等があるときは、文句を言ったり、相手を変えるのではなく、自分が変わるということを強く伝えています。

次に、最近感じるのは、自分で考えるということです。自分で考えず、本に書いてあったから、テレビで偉い先生が行っていたから、○○はこうなのだ。また「○○するためにはどうしたらよいですか」という質問を受けます。場当たり的・マニュアルを要求される人がとても多いです。自分で考え、判断することを今後は伝えたいと思います。何かの本で「本を読むのではなく、本に読まれる読み方をしている」という記述がありました。私もそのとおりだと思いました。本に書いてあることを正しいと思い、それを自分にそのまま取り入れていく。そんな読み方では、学校の試験には合格できるかもしれないが、自身の思考・深みには役に立ちません。本の記述の内容を吟味し、自分の思考のベースを作ることが大切だといえます。

ただ、最近、思考を深めるための本があまりにも少ないのが気になります。本屋に行くと、軽薄なタイトルとマニュアル的な内容にうんざりします。そして、ほとんどのことは読者にはあてはなりません。資産運用のところには今も「何億円稼げる」というようなタイトルのものが並んでいます。億万長者は何人誕生したのでしょうか… 「心が軽くなる」「これでトップセールス」「人前であがらない」などなど、魅力的なタイトルがおどりますが、実現した人を見たことがありません。

自分で考えて、自分のものにし、思考・行動することを心がけて欲しいと思います。

(おなけん)

七夕の日

今日は七夕でしたが、残念ながら関東は曇り時々雨と言う日でした。

皆さんの街では天の川を渡る「ひこぼし」と「おりひめ」は見れてますか?

また旧暦で七夕を祝う地域、まだたくさんあるそうですね。そんな地域の方は

来月を楽しみに・・・。

私は特に何かをするというわけではありませんでしたが、七夕の短冊には書きたい願いがたくさんあります。

1.ライフサポート・サークルに過去に参加していただた方が健康で、ご活躍できますように。

2.今年もサークルが皆様のために活躍、発展しますように。

3.私の悩みが解決しますように。

ってそんな感じです。

皆さんは天に何をお願いしましたか?

(まこと)

壱岐

2泊3日で、壱岐に行ってきました。天候に恵まれ、傘を使うことなく滞在することができました。

山や田畑の緑、海と波音は心を和やかにしてくれました。空気と水はおいしく、島の時間と人々にふれ、優しい気持ちになれました。

東京にいると、知らず知らずのうちに、せかせかとし、心静かに落ち着くこともなかなかできません。壱岐に限らず、日本には心を休ませてくれるところが、まだたくさんあります。

しかし、最近は勝ち組・負け組、自由競争、効率化、拝金主義などの非人間化の傾向が、地方にも波及しはじめているのを実感します。地域・コミュニティ全体で発展するのではなく、自分さえ良ければよいという人々の活動が目に付きます。財政面、経済面でゆとりがなくなってきているのはわかるのですが、こういうときこそ支えあうことが重要だと思います。ともかく非効率なものは切り捨てるという考え方は、安らぎをもとめて地方に行く我々にとっても不幸です。そういう場が、なくなるということですから…

わき道にそれますが、いろいろな産業の分野で、韓国や中国、あるいは他の国に追随されているという記事をよく目にします。そして、このままでは日本は他国に世界でのシェアや技術などを追い抜かれてしまう。何とかしなくては…、ということが追記されています。これを読んだ人の多くは、日本が抜かれてしまうのか、それは良くないと判断し、もっとがんばらなくてはと思うのではないでしょうか。

なんてことはない、抜かれれば良いのです。実力以上に実力を出そうとするから苦しいのです。各自が楽しく、人間らしい生活ができればいいのです。産業界の競争に負けても、急にご飯が食べれなくなるということはありません。そして、食べ物が心配になれば、もっと農林水産業に国力を傾注すれば良いでしょう。

東京のおかしな価値観を地方に要求することは間違いであり、地方の穏やかに暮らす人々の文化・価値観を東京に注入すべきである。もうこれ以上住みにくい東京にならないでほしい。そして、心安らぐ地方とその人々の生活が現状のまま継続することを望みたい。

地方は、都会人のセーフティーネットでもあるし、産業では農林水産業がそれにあたるでしょう。それを今は壊そうとしているように感じられます。大事なものを失いつつないか、失っていないか、一度見渡してみることが大切ではないかと思います。

(おなけん)

2007年後半スタート

今年も半分終わってしまいましたね。みなさんの今年前半のトップニュースはなんでしたか?

「産業カウンセラー試験」?それとも恋愛?、でもなければ・・・。

悲しいこと、楽しいことたくさんあった事と思います。

そんな事言う私の今年前半で最大の出来事は、「転居」だったかも知れません。3月にお引越して(って同じ街の中でですが)久々の2部屋の賃貸住宅。ワンルーム脱出は念願の達成でした(笑)。

ライフサポート・サークルの活動は、まず7/14の交流分析の入門講座、そして7/28のメンタルヘルスマネジメント検定の勉強会、7/29の傾聴の勉強会、で始まる後半戦です。

(と、書いておきながら、実は頭の中では「年度単位」で生活しているのでまだ上期だったりする)

そして、秋から冬には産業カウンセラー試験対策の講座へと向います。

みなさんも後半戦スタート、とりあえず夏の予定はなんですか?

お仕事?家族サービス?、私と同じ独身の方はやはり恋愛?

ぜひ教えて下さい。

ちなみに私のこの夏の目標は「一人でも多くの悩む人を救う」努力かな・・・。

(まだカウンセラーじゃないけど)

(まこと)

7月14日(土):交流分析入門講座

7月14日(土)10:00~16:00に開催します「交流分析入門講座」ですが、まだ若干空きがございますので、ぜひお申込みください。
テキストの準備の関係もありますので、できましたらお早目のお申込みが助かります。
ちょっとでも興味のある方はぜひ参加してみてください。
また、産業カウンセラーの勉強をされている方も、試験対策にもなりますし、今後の自分にあった療法の発見の一助にもなると思います。
みなさんからのお申込み、お待ちしております。


サイコロネット

今日は午前中、月に1、2度参加させていただいているサイコロネットの代表の方から、いろいろとカウンセリングについてのアドバイス等をいただきました。

自分自身では気づいていない点を知ることができて、とても勉強になりました。私自身もカウンセリングをしたり、仕方を伝えたりしていますが、だから完璧ということはカウンセリングの世界ではないといえます。ですから、常に研鑽する必要がありますし、そのための師をもつことも大切です。

サイコロネットには平日の夜間の部に、私は参加していますので、興味がある方は一度参加されてみてはいかがでしょうか。土日は当サークルで傾聴/カウンセリングのための勉強会をしていますので、ご参加いただければと思います。

継続は力なり。それが自分自身の進歩・成長につながります。そして、それが楽しみになると思います。ぜひ立ち止まっている方は、一歩、関心のあることに踏み出してみてください。

(おなけん)

« 2007年6月24日 - 2007年6月30日 | トップページ | 2007年7月8日 - 2007年7月14日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック