無料ブログはココログ

« 2007年3月4日 - 2007年3月10日 | トップページ | 2007年3月18日 - 2007年3月24日 »

2007年3月11日 - 2007年3月17日の5件の記事

明日は、メンタルヘルス・マネジメント検定試験

明日は、メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種、Ⅲ種の試験です。
私は、
Ⅲ種試験を受ける予定です。
他のメンバーはⅡ種を受けます。
試験当日に、模範解答(?)を作る予定ですので、明日はハードな一日になりそうです。
これから一夜漬けです。

(おなけん)

セクシュアルハラスメントの影響

セクシュアルハラスメントの一番の問題は、被害者がセクシュアルハラスメントを受けたことにより、会社にいづらくなり退職せざるを得なくなる、再就職が困難になる、対人恐怖症になるなど、心理的後遺症が残り、長期間にわたり回復しない事態が起こりうることです。
これは、お金で解決する問題ではありません。「相手の一生を左右する問題とな
りうる」ことを、強く認識してください。

●被害者への不利益な結果・悪影響の発生
・個人の尊厳、名誉、プライバシー、性的自己決定権(*)を不当に侵害する
・能力の有効な発揮を妨げる
・労働条件に不利益な結果や影響を生じさせる
・精神、健康、身体等に悪影響を及ぼす
※問題解決後も深刻な後遺症を残すことがある(PTSD


*性的自己決定権
性に関することがらについての決定権を持つのは自己のみであり、自分以外の誰からも「望まない性」は強要されてはならないとする内心の自由、身体の自由のこと。

(ライフサポート・サークル)

セクシュアルハラスメント防止対策における視点

産業カウンセラーは、セクシュアルハラスメントについての知識も必要です。そこで、東京都産業労働局発行の『セクシュアルハラスメント防止ハンドブック』をベースに少しずつ勉強していきたいと思います。
最初は「防止対策における視点」を記します(
以下、ハンドブックより)。

職場におけるセクシュアルハラスメントは、個人的な問題ではありません。
女性の能力発揮を妨げるばかりでなく、企業の社会的評価を著しく低下させることにもなりかねない労働上の問題です。
このため、職場におけるセクシュアルハラスメントを防止するには、以下の視点を持って取り組んでいく必要があります。
これらの視点を踏まえたセクシュアルハラスメント防止対策を実施してください。

1.セクシュアルハラスメントは労働者の個人としての名誉や尊厳を傷つける問題であり、人権の問題である。人権尊重の視点から啓発や対策を行う。

2.セクシュアルハラスメントは個人の問題にとどまらない。職場環境の問題であり、雇用上の差別ともなりうる人事・労務管理上の問題としてとらえる。

3.男女の心理や意識の違いから生ずるコミュニケーション・ギャップが問題の理解を困難にしているため、正しい理解と認識を得るための普及啓発を進める。

4.男女がともに個人として尊重し合い、快適に働いていくための職場環境整備の一環として取り組む。

(ライフサポート・サークル)

「天命」と「宿命」

中村天風は「天命」と「宿命」ということを以下のように定義しています。

天命:絶対的なもので、これは人力ではどうにもしようがないもの(例.男が男に生まれ、女が女に生まれること)。

宿命:人間の力で打ち拓いていくことができるもので、絶対的でない、相対的なもの。

そして、次のように続けています。

「今の人は、打ち拓くことのできる宿命にぶつかったときでも、それを天命と言う。自分の努力が足らないことは棚に上げて、どうにも仕様がないと言うのである」

自分から少しでも働きかけること、一歩でも前に進むこと。偶然を待っていては変わりません。今に満足していない方は、ぜひ何かを主体的にはじめてみてはいかがでしょうか。口をあけていても何も入りません。自分から食べ物を取りに行かないと…

人が何かしてくれないと不満に感じるのではなく、ぜひ自分で行動してみてください。そうすればきっと良いことがあると思います。

(おなけん)

徳島での勉強会

2泊3日で徳島に行ってきました。勉強会もさせていただき、とても楽しかったです。みんな向学心があって、とても良い雰囲気でした。

徳島での活動にあたっては、全面的に協力していただける方がいて、快適な徳島ライフでした。そして、今後、この方と一緒に徳島でも勉強会をしていきたいと思います。

勉強会の予定としましては、「傾聴」「カウンセリング」「ソーシャルスキル・トレーニング」「産業カウンセラー試験対策」「論理療法」などを検討しております。会場は、徳島市内を予定しています。

関心・興味がございましたら、こちらにメールをお願いします(件名に「勉強会 in 徳島」と明記の上、本文にメールアドレスをご記入ください)。勉強会の日時が決まり次第逐次お知らせさせていただきます。

皆様からのご連絡お待ちしております。

(おなけん)

« 2007年3月4日 - 2007年3月10日 | トップページ | 2007年3月18日 - 2007年3月24日 »