無料ブログはココログ

« 覚えられない | トップページ | 睡眠について »

実技免除の知らせ

産業カウンセラー協会の養成講座受講生の手元には、実技試験免除の結果が届いたころではないでしょうか。

この制度の評価システムは不明確ですので、合格された方はそれでOKですし、駄目だった人もそれで自信を失う必要もありません。

実技試験免除の仕組みは、学生時代の内申書に近いものがあり、講座中、静かに聞いている、良い子が比較的合格しやすいようです。ですから、私たちも、パッと見で、大体の合否がわかります。反抗的な人や目立つ人は結構落ちています。

大体、養成講座に通って、実技免除にならないということは、指導者にも問題があるといえます。ロジャーズ流に言えば、その人本来の成長力を導き出せなかった指導者(ファシリテーター)に課題ありです。

今回の実技免除の感想を是非お聞かせいただければと思います。

(おなけん)

« 覚えられない | トップページ | 睡眠について »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
「去年の講座受講生」のお言葉にあるように、「免除されなかったことはショックだと思いますがそこから何かを学ぶ事ができればきっとあなたにとってプラスになると思います」は事実だと思います。
決して慰めではなく、昨年も当サークルで実技免除にならなかった方のお手伝いをさせていただきましたが、多くの方が本試験で両方をクリアされました。確かに学科一本に絞れないという思いがあるかもしれませんが、自分だけがその状態ではないのも事実ですし、それで多くの方が合格しているのも事実です。
自分の糧に必ずなります。あせらず、くさらず、一歩一歩行きましょう。「合格」という目標は決まっているのですから、前に進みましょう。

私は昨年講座を受講していて、実技免除されなかった者です。
私の受講した教室は2つのグループに分かれていて一方は6割が免除となり、
もう一方は6割が免除になりませんでした。
当時は免除されなかった事にひどく落ち込みましたが、
その後実技試験対策の講座を受け、わたしはそこで指導された事で講座の中では学びきれなかったことを学ぶ事ができ、
また同じく実技免除にならなかった方々同士で支え合いながら
無事実技の試験も合格する事ができました。
結果論ですが私は実技免除にならなかったことが試験への意識を高める事につながり、
最終的に試験合格につながったのだと思いました。
免除されなかったことはショックだと思いますがそこから何かを学ぶ事ができればきっとあなたにとってプラスになると思います。
あなたのできる範囲であなたにとってのベストを目指してください。

はじめまして
私は、実技試験免除にならなかった者です
私の通った教室では、3分の2の方が免除になりました
10月に「実技免除試験」なるものがあり、外部の人2名と、いつもの指導員2名の前で、ロールプレイ8分+振返り1分x2(交代)をやりました
私の主観ですが、「講座中、静かで、良い子」というより、積極的に感想や意見を述べていて、指導員のお褒めの言葉が多い方が合格しているように思いました 私は静かなほうで、ダメ出しばかり、くらいました(私の通った養成講座は、東関東支部です)
運が悪かった、と思うしかないのか、実力がないのか 実技試験免除の結果を境に今後の対策が変わってしまうのです 私の場合、学科試験と実技試験の対策をしなければなりません

syanekoさん、コメントありがとうございます。
そして、実技免除おめでとうございます。

コメントを拝見して、昨年とは少し評価の仕方が変わったのかもしれませんね。情報、ありがとうございます。

syanekoさんが書かれているように、「免除されなくても、カウンセリングの実力がないというわけではないでしょう。(運が悪いだけ)」というのは的を得ていると思います。

評価者によってもかなり差が出るようです。

振返っても何も進みません、次に何をしたら良いかを決めて、取り組みましょう(^^)v

こんにちは
コメントは、はじめて書かせていただきます。
ちなみに、私は実技免除OKでした。

私は、この秋に、実技免除対策の勉強会に参加しました。
そのときに、初めて知ったのは・・・
私以外のみなさんは養成講座時間内に「実技免除試験」というのを受けて、総合評価で免除が判定されるらしいこと。

私の養成講座は北関東支部です。
実は、「実技免除試験」というものはなく、実習時間内に評価委員(?)の方が、どんな実習をやっているのか、のぞきに来るだけ。
1人1人をみることはありませんでした。
どうやら、うちの支部の方針みたいですけど。

そして私は決して「講座中、静かに聞いている、良い子」ではありませんでした。
グループの中では変に「目立つ人」だったと思います。
カウンセリングも、基本に忠実というより、自己流が抜けませんでしたしね。
(ここの勉強会で実感しました)

実技免除に関しては、関西のほうがさらに厳しいとも聞きます。
免除はラッキーですが、たとえ免除されなくても、カウンセリングの実力がないというわけではないでしょう。(運が悪いだけ)
養成講座を終了してたら、実技試験は、コツをつかめさえすれば、受かると思います。(と、私のグループの指導者は言ってました)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/17148676

この記事へのトラックバック一覧です: 実技免除の知らせ:

« 覚えられない | トップページ | 睡眠について »