無料ブログはココログ

« 4つの心理的過程の整理① | トップページ | 4つの心理的過程 »

4つの心理的過程の整理②

イントロジェクションの場合は、実質上は「彼ら」であるにもかかわらず「私」という代名詞が使われるところに特徴がある。
プロジエクションの場合は、実質上は「私」であるにもかかわらず「それ(it)とか「彼ら」という代名詞が使われる。
コンフルーエンスの場合は、実質上はどちらか分からないにもかかわらず「我々」という代名詞が使われるところ特徴がある。
リトロフレクションの場合は、「私自身(myself)という再帰代名詞が使われるのが特徴である。



« 4つの心理的過程の整理① | トップページ | 4つの心理的過程 »

ゲシュタルト療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/17069287

この記事へのトラックバック一覧です: 4つの心理的過程の整理②:

« 4つの心理的過程の整理① | トップページ | 4つの心理的過程 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック