無料ブログはココログ

« 自己と外界との混乱 | トップページ | イントロジェクション(取り入れ)② »

イントロジェクション(取り入れ)①

人は、

外界が提供するところのものを受け入れたり、拒絶する。
吸収する際には、完全に消化し、十分に同化して初めて成長することができる。
外界から吸収できるもののみが、自分のものとなり満足のいくものとなる。
それを保持しておくこともできるし、もしくは精製して、新しい形で外界へ返してやることもできる。
しかし、丸ごと飲み込んだもの、すなわち飲み込んだまま消化しないものは、身体のなかでは異物である。
我々人間の身体に宿る寄生虫のようなものである。
それは我々の身体の一部のようにみえるけれども実際にはそうではない。
今まで通り外界の一部分なのである。


« 自己と外界との混乱 | トップページ | イントロジェクション(取り入れ)② »

ゲシュタルト療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/16870604

この記事へのトラックバック一覧です: イントロジェクション(取り入れ)①:

« 自己と外界との混乱 | トップページ | イントロジェクション(取り入れ)② »