無料ブログはココログ

« 2007アロマ検定に向けて48(精油の作用③) | トップページ | 2007アロマ検定に向けて50(植物油) »

2007アロマ検定に向けて49(アロマテラピーの歴史)

アロマテラピーの歴史 

アロマテラピーという言葉や概念が確立したのは、フランスの化学者ルネ・モーリス・ガットフォセに造語されて使用されたのが最初だそうです。1930年代のことです。でも、ハーブや芳香植物、精油を用いることはそれ以前から行われており、16世紀から17世紀の科学革命以前では、医学や薬学は、アロマテラピーやハーブ医学そのものだったようです。

(玲)

« 2007アロマ検定に向けて48(精油の作用③) | トップページ | 2007アロマ検定に向けて50(植物油) »

アロマテラピー検定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/16633101

この記事へのトラックバック一覧です: 2007アロマ検定に向けて49(アロマテラピーの歴史):

« 2007アロマ検定に向けて48(精油の作用③) | トップページ | 2007アロマ検定に向けて50(植物油) »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック