無料ブログはココログ

« アロマ検定に向けて46(精油の副作用) | トップページ | 2007アロマ検定に向けて48(精油の作用③) »

2007アロマ検定に向けて47(精油の作用)

精油の作用②

皮膚への作用として特に重要なのは3つです。

 収れん作用:皮膚を引き締める作用(アストリンゼント作用)。

 保湿作用:皮膚に潤いを与え、感想を防ぐ作用(モイスチャー作用)。

 エモリエント作用:皮膚をやわらくする作用。

女性の方は、化粧品などで保湿作用・モイスチャー作用の言葉は聞いたことがありますよね?

(玲)

« アロマ検定に向けて46(精油の副作用) | トップページ | 2007アロマ検定に向けて48(精油の作用③) »

アロマテラピー検定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/16596056

この記事へのトラックバック一覧です: 2007アロマ検定に向けて47(精油の作用):

« アロマ検定に向けて46(精油の副作用) | トップページ | 2007アロマ検定に向けて48(精油の作用③) »