無料ブログはココログ

« 2007アロマ検定に向けて40(植物にとっての精油) | トップページ | 救急依頼時のトリアージ »

2007アロマ検定に向けて41(精油製造法1)

精油製造法①

水蒸気蒸留法とは、水蒸気で蒸して芳香成分を得る方法です。この方法は比較的装置が簡単で安価なこともあり、多くの精油がこの方法で抽出されます。しかし、植物によっては熱と水にさらされることで本来の香りや成分が失われるため、この方法に適さないものもあります。抽出の際にできる水の中には、水溶性(水に溶けやすい性質)の芳香成分が溶け込んでいます。この水を「フローラルウオーター(芳香蒸留水)」といい、ローズウオーター、オレンジフラワーウオーター、ラベンダーウオーターなどとして利用されます。

(玲)

« 2007アロマ検定に向けて40(植物にとっての精油) | トップページ | 救急依頼時のトリアージ »

アロマテラピー検定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/16512933

この記事へのトラックバック一覧です: 2007アロマ検定に向けて41(精油製造法1):

« 2007アロマ検定に向けて40(植物にとっての精油) | トップページ | 救急依頼時のトリアージ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック