無料ブログはココログ

« 2007アロマ検定39(精油の定義) | トップページ | 2007アロマ検定に向けて41(精油製造法1) »

2007アロマ検定に向けて40(植物にとっての精油)

植物にとっての精油

一般に精油は、植物全体にまんべんなく含まれているわけではなく、特殊な分泌線と呼ばれるところで合成され、その近くの油胞の中に蓄えられており、それは、葉の表面の近くだったり、果皮の近くだったりといろいろです。もちろん、植物は何らかの目的をもって分泌しているのです。

(玲)

« 2007アロマ検定39(精油の定義) | トップページ | 2007アロマ検定に向けて41(精油製造法1) »

アロマテラピー検定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2007アロマ検定に向けて40(植物にとっての精油):

« 2007アロマ検定39(精油の定義) | トップページ | 2007アロマ検定に向けて41(精油製造法1) »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック