無料ブログはココログ

« 2007アロマ検定に向けて35(レモン) | トップページ | 2007アロマ検定に向けて37(ローズマリー) »

2007アロマ検定に向けて36(レモン2)

     産地はアメリカ、イタリア、スペイン、南アフリカ、イスラエル、ブラジル、ギニア

     科名はミカン科

     抽出部位は果皮

     抽出方法は圧搾法

     成分の一例としてはリモネン、シトラール、オクタナール、リナロール

     フレッシュな香り

     気分転換や理解力、集中力アップに効果がある

     精神疲労からくる頭痛や身体の不調を癒す効果がある

     消毒殺菌効果に優れており、室内浄化や感染症の予防にも効果がある

     光毒性があるので、使用後に肌を強い紫外線にさらさないようにすること

(オレンジスイートと同じ)

(玲)

« 2007アロマ検定に向けて35(レモン) | トップページ | 2007アロマ検定に向けて37(ローズマリー) »

アロマテラピー検定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/16468331

この記事へのトラックバック一覧です: 2007アロマ検定に向けて36(レモン2):

« 2007アロマ検定に向けて35(レモン) | トップページ | 2007アロマ検定に向けて37(ローズマリー) »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック