無料ブログはココログ

« 2007アロマ検定に向けて33(ラベンダー) | トップページ | 2007アロマ検定に向けて35(レモン) »

2007アロマ検定に向けて34(ラベンダーのポイント)

ラベンダーのポイント

     産地はフランス、イギリス、イタリア、ブルガリア、日本、オーストラリア

     科名はシソ科

     抽出部位は葉と花

     抽出方法は水蒸気蒸留法

     成分の一例としては酢酸リナリル、リナロール、ラバンジュロール

     心身に対する鎮静作用がある。自律神経のバランスをとったり、身体全体の免疫力をあげる効果があるといわれている

     精神的なリラックス効果

     皮膚の炎症やかゆみ、火傷の痛みを取り去り、皮膚の修復を助ける効果

     消毒殺菌、抗ウイルス作用もあり、スキンケア、ヘアケアなどにも用いられる

     筋肉痛や各種感染症にも有効

     不快なにおいを抑える作用もある

(玲)

・秋の夜長のリラックスにはラベンダー

次は「レモン」

(誠)

« 2007アロマ検定に向けて33(ラベンダー) | トップページ | 2007アロマ検定に向けて35(レモン) »

アロマテラピー検定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/16415862

この記事へのトラックバック一覧です: 2007アロマ検定に向けて34(ラベンダーのポイント):

« 2007アロマ検定に向けて33(ラベンダー) | トップページ | 2007アロマ検定に向けて35(レモン) »