無料ブログはココログ

« しごと情報ネット | トップページ | 2007アロマ検定に向けて12(注意事項) »

解雇権濫用法理

「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」との考え方。
判例を通して確立をみたが、現在は労働基準法に明文の定め(18条の2)が置かれている。解雇がこのようにして無効とされた場合、裁判所は雇用関係の存在を確認するとともに、解雇期間中の賃金の支払いを使用者に命ずることになる。 しかし、いったん解雇された労働者が現実に復職することは難しく、解雇紛争の金銭的解決が目下の検討課題となっている。

(『イナダス』より)

« しごと情報ネット | トップページ | 2007アロマ検定に向けて12(注意事項) »

キャリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/16056324

この記事へのトラックバック一覧です: 解雇権濫用法理:

« しごと情報ネット | トップページ | 2007アロマ検定に向けて12(注意事項) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック