無料ブログはココログ

« 心照古教 | トップページ | 信念と哲学の違い »

報道について

先日の新潟の中越沖地震のニュースを見て、地震の恐さを再認識させられました。自宅では、水等の食料の備蓄や家具のストッパーなどをして対策はしていますが、実際に地震がきたらどうなるのか…

それと、阪神淡路をはじめとした大地震のときに、自分のできることのなさを痛感します。また、その場に直面したときに、精神的に安定していられるかということも感じます。疲労し、過去のこと、先のことをいろいろ考えたりして…

テレビの報道にも毎度腹立たしいものがあります。全局が被災地に行き、倒壊した建物等の取材映像を流しています。こういうときには、1局の映像だけで十分だし、余計なアナウンサーの説明などいらないという気がします。心のない声で、現地の様子を語られると、なんとも言えない怒りがわいてきます。それよりも現地で必要としているものや人・技能等、それを提供するための手段等を放送してもらった方がよほど役に立つと思います。テレビに期待すること自体が駄目なのかもしれませんが、野次馬的な報道はやめて、今何が情報として必要かということを見極め放送して欲しいと思いました。

(おなけん)

« 心照古教 | トップページ | 信念と哲学の違い »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/15796139

この記事へのトラックバック一覧です: 報道について:

« 心照古教 | トップページ | 信念と哲学の違い »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック