無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の22件の記事

芳香拡散器を使用上の注意

芳香拡散器を使用する際には、必ず以下の点に注意しましょう。
①芳香拡散器のまわりには燃えやすいものは置かず、熱に弱い樹脂加工のテーブルやオーディオ機器の上は避け、風のない安定した場所に置く。
②子供やペットの手の届かないところで使用する。
③火の扱いには十分に気をつけ、使用中はそばを離れない。
④機具に適したキャンドルを使用し、空焚きに注意する。
⑤付属の取り扱い説明書を必ず読む。
⑥就寝時は必ず火を消す。

(ROSE)

アロマポット

お部屋の中では「アロマポット」(芳香拡散器の一種)を利用する方法が簡単でしょうか?
部屋の広さに応じて精油の量を調節(1~5滴程度)し、水をはった上皿に落として香りを楽しみます。

(ROSE)

芳香浴法

芳香浴法とは、精油を拡散して香りを楽しむことにより心と身体のバランスを整える方法です。
精油を香らせる方法はたくさんありますが、大切なことは、自分がやりやすい方法で行うことです。
私は、ティッシュに精油を1~2滴落とし、これをハンカチにはさんで持ち歩き、香りを楽しんでします。

(ROSE)

アロマテラピー

アロマテラピーでは、精油を利用して芳香浴法、沐浴法(全身浴法・半身浴法)、吸入法、非医療行為としてのマッサージ(いわゆるトリートメント)などを行います。
2級では芳香浴法、沐浴法、吸入法を学びます。みなさんは、この3種類について説明できますか?

(ROSE)

明日はカフェリタで勉強会

北柏にあるカフェリタで、明日勉強会をします。まだ、空きがありますで、ぜひ時間が突然できてしまった方など、当日受付いたしますので、気軽に参加してください。

直前の今日も、期待と不安でドキドキです。だんだんこの気持ちが心地よくなってきている自分がいます。こんな自分がいるとは、一年前には想像もできませんでした。

それと、今日も試験の結果報告のメールをいくつかいただきました。最近、とてもハッピーで、その反動があるのではないかと、ちょっと心配してしまうくらいです。

人嫌いだった私が、ここまで変われるとは…。自分が変わることの大切さを身にしみて感じています。変わりたいと思ったら、まず一歩を踏み出すこと、これがすべてだとつくづく感じています。

明日も、楽しんで、がんばって来たいと思います!(^^)!

(おなけん)

精神的に健康な人の特徴~シュルツ~

「精神的に健康な人は自分の生活を意識のレベルで統制でき、自分を客観的に見、自らの運命を引き受け、仕事に熱心に取り組み、目標や使命をもち、創造的で自ら内的緊張をつくりだそうとする人である」

みんな大好き(*^_^*)

今日もみなさんから合否の連絡をたくさんいただいています。

メールをいただけるということが、とてもうれしいです(ToT)

「やって良かった」と実感しています。

今の気持ちは、「みんな大好き」という感じです。

ほんとうに、ありがとうございました。

なお、まだ連絡くれていない方もいますので、待ってますよ(^^♪

(おなけん)

試験結果

産業カウンセラー試験の結果が届きはじめたようです。うれしいお知らせをいただいています。我々のことを思い出して、メールいただけて、とてもうれしいです。

合格された方も、そうでなかった方も、試験のために勉強した知識と経験を活かして、次の自分の目標を目指していただきたいと思います。試験の結果は、あくまでも自分の目標のためのひとつの手段に過ぎません。偉そうになってしまいますが、試験結果より今後の活かし方・生き方の方がとても大切だと感じています。

今後とも、何かありましたら気軽にメールしてくださいね。みなさんをサポートさせていただけることが、私たちの喜びでもあります。そして、一緒に活動していただければとも思っています。

(おなけん)

メンタルヘルス・マネジメント検定試験を振り返って

昨日の、メンタルヘルス・マネジメント検定試験のⅡ種とⅢ種は、前回よりかなり難易度が上がっていました。合格率は、30~40%くらいではないかと思います。

細かいところを問う問題や、テキストに傾倒しすぎた問題(一般的とはいえないもので、テキストに書かれているから、「そうでしょ」というもの)が多かったように感じました。前回試験の問題は、これは知っていないといけないよね、というものが問題になっていたので、良い問題だと思ったのですが、今回はちょっと「?」です。

ただ、そうは言っても多くの人に知っていただきたいことだと思いますので、試験を受ける受けないにかかわらず、ぜひテキストを一読していただければと思います。きっと有益だと思います。

(おなけん)

第二回メンタルヘルス・マネジメント検定・Ⅱ種の解答(?)

第二回メンタルヘルス・マネジメント検定・Ⅱ種の解答(?)を記します。確認の取れていないものもありますので、訂正等ありましたら是非お教えください。

第1問(1)2 (2)3 (3)3 (4)2(5)4(6)4(7)2(8)3

第2問(1)3(2)1(3)4(4)4

第3問(1)3(2)4(3)3(4)1(5)2

第4問(1)2(2)3(3)3(4)3(5)2(6)3(7)2(8)3(9)4(10)3

第5問(1)4(2)4(3)1(4)2(5)3(6)3(7)2(8)1(9)3

第6問(1)1(2)1(3)2(4)1(5)1(6)4(7)4(8)2(9)4

第7問(1)3(2)4(3)3(4)1(5)3

(3月18日時点)

(ライフサポート・サークル)

第二回メンタルヘルス・マネジメント検定・Ⅲ種の解答(?)

第二回メンタルヘルス・マネジメント検定・Ⅲ種の解答(?)を記します。確認の取れていないものもありますので、訂正等ありましたら是非お教えください。

第1問(1)1 (2)3 (3)2 (4)3(5)4

第2問(1)1(2)4(3)2(4)2(5)3(6)3(7)4

第3問(1)1(2)3(3)1(4)4(5)4(6)2

第4問(1)4(2)3(3)1(4)2(5)3(6)4(7)4(8)2(9)4(10)2

第5問(1)3(2)4(3)2(4)3(5)3(6)4(7)2(8)2(9)3(10)4

第6問(1)1(2)3(3)1(4)4(5)1

第7問(1)2(2)1(3)3(4)2(5)3(6)3(7)1

(3月18日時点)

(ライフサポート・サークル)

明日は、メンタルヘルス・マネジメント検定試験

明日は、メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種、Ⅲ種の試験です。
私は、
Ⅲ種試験を受ける予定です。
他のメンバーはⅡ種を受けます。
試験当日に、模範解答(?)を作る予定ですので、明日はハードな一日になりそうです。
これから一夜漬けです。

(おなけん)

セクシュアルハラスメントの影響

セクシュアルハラスメントの一番の問題は、被害者がセクシュアルハラスメントを受けたことにより、会社にいづらくなり退職せざるを得なくなる、再就職が困難になる、対人恐怖症になるなど、心理的後遺症が残り、長期間にわたり回復しない事態が起こりうることです。
これは、お金で解決する問題ではありません。「相手の一生を左右する問題とな
りうる」ことを、強く認識してください。

●被害者への不利益な結果・悪影響の発生
・個人の尊厳、名誉、プライバシー、性的自己決定権(*)を不当に侵害する
・能力の有効な発揮を妨げる
・労働条件に不利益な結果や影響を生じさせる
・精神、健康、身体等に悪影響を及ぼす
※問題解決後も深刻な後遺症を残すことがある(PTSD


*性的自己決定権
性に関することがらについての決定権を持つのは自己のみであり、自分以外の誰からも「望まない性」は強要されてはならないとする内心の自由、身体の自由のこと。

(ライフサポート・サークル)

セクシュアルハラスメント防止対策における視点

産業カウンセラーは、セクシュアルハラスメントについての知識も必要です。そこで、東京都産業労働局発行の『セクシュアルハラスメント防止ハンドブック』をベースに少しずつ勉強していきたいと思います。
最初は「防止対策における視点」を記します(
以下、ハンドブックより)。

職場におけるセクシュアルハラスメントは、個人的な問題ではありません。
女性の能力発揮を妨げるばかりでなく、企業の社会的評価を著しく低下させることにもなりかねない労働上の問題です。
このため、職場におけるセクシュアルハラスメントを防止するには、以下の視点を持って取り組んでいく必要があります。
これらの視点を踏まえたセクシュアルハラスメント防止対策を実施してください。

1.セクシュアルハラスメントは労働者の個人としての名誉や尊厳を傷つける問題であり、人権の問題である。人権尊重の視点から啓発や対策を行う。

2.セクシュアルハラスメントは個人の問題にとどまらない。職場環境の問題であり、雇用上の差別ともなりうる人事・労務管理上の問題としてとらえる。

3.男女の心理や意識の違いから生ずるコミュニケーション・ギャップが問題の理解を困難にしているため、正しい理解と認識を得るための普及啓発を進める。

4.男女がともに個人として尊重し合い、快適に働いていくための職場環境整備の一環として取り組む。

(ライフサポート・サークル)

「天命」と「宿命」

中村天風は「天命」と「宿命」ということを以下のように定義しています。

天命:絶対的なもので、これは人力ではどうにもしようがないもの(例.男が男に生まれ、女が女に生まれること)。

宿命:人間の力で打ち拓いていくことができるもので、絶対的でない、相対的なもの。

そして、次のように続けています。

「今の人は、打ち拓くことのできる宿命にぶつかったときでも、それを天命と言う。自分の努力が足らないことは棚に上げて、どうにも仕様がないと言うのである」

自分から少しでも働きかけること、一歩でも前に進むこと。偶然を待っていては変わりません。今に満足していない方は、ぜひ何かを主体的にはじめてみてはいかがでしょうか。口をあけていても何も入りません。自分から食べ物を取りに行かないと…

人が何かしてくれないと不満に感じるのではなく、ぜひ自分で行動してみてください。そうすればきっと良いことがあると思います。

(おなけん)

徳島での勉強会

2泊3日で徳島に行ってきました。勉強会もさせていただき、とても楽しかったです。みんな向学心があって、とても良い雰囲気でした。

徳島での活動にあたっては、全面的に協力していただける方がいて、快適な徳島ライフでした。そして、今後、この方と一緒に徳島でも勉強会をしていきたいと思います。

勉強会の予定としましては、「傾聴」「カウンセリング」「ソーシャルスキル・トレーニング」「産業カウンセラー試験対策」「論理療法」などを検討しております。会場は、徳島市内を予定しています。

関心・興味がございましたら、こちらにメールをお願いします(件名に「勉強会 in 徳島」と明記の上、本文にメールアドレスをご記入ください)。勉強会の日時が決まり次第逐次お知らせさせていただきます。

皆様からのご連絡お待ちしております。

(おなけん)

会議

最近、役所での会議に出席するのですが、何度やっても、なかなか思うように進まないという現状に直面しています。
参加者は、会社をリタイアされた方が大半です。課題を整理すると、下記のようになものが挙げられます。

①自分の話ばかりして、人の話を聴かない
②話す時間が長く、まとまりがなく、周りの人が疲れきっていることに気づかない
③議題がすぐに我田引水になる
④自分の意見が通らないと、不服を言ったり、非難をする
⑤困った人に誰も意見することができない

私も参画する前から、このような状態だろうと思っていて、「変えてやろう」と思っていたのですが、まだまだです。
昨日は「一人あたり3分の発言時間としましょう」という提案だけはしました。この結果はいかに^_^;

(おなけん)

共同体意識

昨日、一昨日と、いくつかの町の事業者の方からお話をお伺いしました。いろいろと課題があるようですが、共通していたのは、「共同体意識」の欠如でした。

商店街の各店主であったり、生協・農協等の組合員であったり、隣近所であったり、そういう人たちの間でのコミュニケーションがなかったり、同じ地域・同じ組織ということにも無関心になっているということでした。

例えば、商店街でなにかしようとするときには、賛同する人がほとんどいなかったりするようです。自分の店さえ良ければ良い、他の店と付き合うのは面倒くさい、というのが背景にあるようです。

地域・コミュニティはそこに住む人たちによって、活性化したり、あるいは衰退したりするものだと思います。自分たちのコミュニティに関心がないということはどういうことなのか…
勝ち組・負け組、格差、所得の多い少ない、競争、効率的、などの浸透から、このようなことが起こっているのではないかと推察してしまいます。他人はどうでも良い、まずは自分…

自分を大切にすることも大切ですが、相手も大切にすることも大切です。

当たり前ですが、このことを少しだけでも実践すれば、少しは世の中変わるのではないでしょうか。個人のことだけでなく、自分も含む共同体として、どのように活動すべきかを各自が考える時期にきていると思います。

(おなけん)

やっぱり楽しい

昨日の勉強会で、新しい人と出会うことができて、楽しかったです。そして、以前、他の勉強会に参加していただいた方にも来ていただくことができて、とてもうれしかったです。

たぶん、はじめて当サークルの勉強会に参加するのは、なかなか勇気のいることだと思います。その勇気に見合うものを、私たちはお伝えしたいと思っているのですが、いつもそれができているのか、どこかで心配しています。ですが、勉強会終了後、お礼のメールをいただいたり、他の勉強会にも参加していただけるので、きっと良かったんだ、と思うようにしています。100%の満足はきっと難しいと思いますが、いつもそれに近づけたいと思っています。

勉強会に参加していただいた方、今後ともよろしくお願いします。また、勉強会に参加しようかどうか迷われている方、ぜひ一度勇気をだしてみてください。きっとご満足いただけると思います。

また、みなさんとお会いできるのを楽しみにして、勉強会を企画していきます(^^♪

(おなけん)

勉強会を終えて

今日は久々にカウンセラーのお仕事でした。
皆さんの前で講義をするのは約2ヶ月ぶり。
しかも、テーマは産業カウンセラー試験とは異なり
「メンタルヘルスマネジメント検定」という新たな内容で、
時間内にどれだけの内容が話せるのか、
予習などの準備段階から、ちょっとドキドキでした。

聴講生の方の感想はいかがだったでしょうか?
ちょっと不安が残ります・・。

予習の段階では、あれを話そうとかこれを話そうとか
いろいろ考えるんですけど、いざ話を始めると
毎度毎度、なかなか難しいですね。

やはり講義もコミュニケーションが大切なのかな、って思いました。
言葉で伝えられる内容は35%・・残りはジェスチャーとか印象に残る
ノンバーバルな伝え方も考えなければ(笑)

まだまだ勉強が足らないROSEでした!
(いやぁ~ほんと、今日は疲れましたヨ・・)

(ROSE)

久しぶりの勉強会

明日は、久しぶりに自分が講師をする勉強会です。毎度毎度のことながら、緊張します。いくら準備しても緊張はなくならないものです。

でも、この緊張がなくなったら、講師はやめないといけない気もしています。常に参加していただくことのことを考え、より上手に伝えたい、満足してもらいたい、という気持ちが、緊張のあらわれだと思うからです。

以前、何人かの講師業をされている方に、お話をお聞きしたときしたとき、講師に向くのは、あがり症の人、あるいは緊張する人、と言うことでした。そのときは、極度のあがり症だった私は、「うそ」と思いましたが、今は少し、そういうところもあるのかな、と感じています。でも、あがらない人の方が、上手な人が多い気はしますが…

いずれにせよ、明日、久々の緊張です(^_^.)

(おなけん)

勉強会の会場

5月の勉強会をするために、会場を申し込もうといくつかの施設照会したところ、すでに一杯、あるいはわけのわからない団体には貸せないということで、場所を確保することができませんでした。
我々の活動は、100%ボランティアという状況ではありませんが、正直、7~8割はそういう状態です。が、公的施設からみると、使用許可できないようです。今後の勉強会をどうしようか、悩みの種です。
一般の会議室を借りると、高額ですし、どうしたらよいか…
何か良い情報・アドバイスがございましたら、いただけると助かります。
よろしくお願いします。

(おなけん)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック