無料ブログはココログ

« 安全衛生管理体制の強化 | トップページ | 事例検討の留意点 »

事例検討の種類

①担当するケースに対応するために行うもの
-初回面接あるいはきわめて初期の面接段階で、とくに見立てについて検討を行うもの(インテーク・カンファレンス)
-ケースの途中で、その後のケースヘの対応のために行うもの
→主としてクライエントによりよいサービスを提供するためのもの

②担当したケースの終了後に、そのケースを振り返って検討するもの
※①・②においては、プライバシー保護に注意

③公開事例検討
-公刊された事例について、公開の場で検討するもの
※②・③においては、カウンセラーの資質向上・切磋琢磨のために行うもの

・事例検討を仲間グループだけで行うことは問題
→通常、スーパーバイザーのもとに、
個人スーパービジョンあるいはグループ・スーパービジョン


人気blogランキングへ<(_ _)>

(おなけん)

« 安全衛生管理体制の強化 | トップページ | 事例検討の留意点 »

産業カウンセリング概論 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/13402642

この記事へのトラックバック一覧です: 事例検討の種類:

« 安全衛生管理体制の強化 | トップページ | 事例検討の留意点 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック